オトナの自由研究  ~冷風扇~

12 -




水蒸気を風で飛ばし、その気化熱で周りの温度(気温ではない)を下げる冷風扇。



強制的に熱交換をするクーラーとは全然構造が違うのを承知しながらも

家に一台しかエアコンが無い状況下、ダメもとでこんなのを買っちまったんだけど
DSCN0326blog.jpg
DSCN0319.jpg
某通信販売会社で絶賛発売中の「ここ〇え」です。

喜び勇んで使ったは良いモノの、予想してたとおり冷えが・・・音が・・・・ 




別に、この商品をディスろうという意図は、サラッサラ無いのではありますが、

実際の使用感を書き留めて、今後のオイラのおバカショッピングの戒めにしようかと 



まずは電源ですが、このクーラーの特筆できるスグレモノが消費電力の小ささでして、

USB電源にて動作できるんですね。 あ、もちろん家庭用100Vも使えますぜ 




これってポータブル電源を用いれば、屋外ドコでも使用できるので

キャンプや緊急避難時でも涼しく?過ごせるってモノ。

ちなみに今回はPCから電源供給をしています 



肝心の性能なんですろも、発売元の某通販に依りますと
DSCここひえ
条件次第じゃマイナス12℃にも下がるそうですが、さてどの位下がるのかな。










それでは実験1  この日は酷んでぇ蒸し暑っちぇくてね、

じっとしててもジワジワ汗が滲み出てくる不快指数100の日。
DSCN0337.jpg
リビングに有った室温・湿度計は28℃の78%で、

クーラーを掛けようか掛けまいか、お悩み中のなかでのスタートです。




約10分ほど過ぎたあたりでチェックしますと
DSCN0339.jpg
27℃の98%で1℃しか下がらない。

気化熱を奪う事によって温度を下げる原理の弱点が如実に出たっちゅうか、

湿度ばかり上がって温度は下がらない。



それでも吹いてくる風は意外と湿気を感じない爽やかな風でしたが、

これじゃどーにもならんと 







ちなみに騒音の方ですろも、コレ↓が使用中。 
DSCN0342cut.jpg
86dBって、かなりうるさいレベルのようですよ 
※日本騒音調査ソーチョー https://www.skklab.com/standard_value



で、使用前に撮り忘れたんで慌ててスイッチを切って量ったのがコレ↓
DSCN0351cut.jpg
ずっとこの数値じゃなく、振れ幅は上下10dBくらい有りますが、

だいたいここ等辺をウロチョロしとりましたよ。



音の質は正直あんまし芳しくないもので、ボックスにこもるモーター音。

安っすいヘアドライヤーの様な、

寝る時に点けると普通は寝られねぇんじゃないでしょーか 










実験2

同じ日なんですが、余りにも蒸し暑くてエアコンの登場 
DSCN0376blog.jpg
作動前の室温・湿度は↑のとおり、27℃の50%。

今度はスマホに使ってるポータブルバッテリ(2.1A)で作動させてみました。



スイッチを入れた途端、いきなり72%位まで湿度は急上昇したものの、

すぐに68%位に落ち着いて、約11分後の実験1と同じくらいの時間での

吹き出し温度・湿度は↓のように成りましたよ。
DSCN0380blog.jpg
湿度は相変わらず大幅アップなんですろも、吹き出し温度は4℃ダウンの23℃。



一応の結果は出たけど、う~~ん。。。

ぶっちゃけ、実験1の時の涼しさとあんまし変わりが無ぇんですわ。










てな事で、実験3。

こんどは高温・低湿度という水が気化するのに最適のシチュエーションで行いましょう。
DSCN0603.jpg
今までの実験室であるリビングだと、天クンが暑さに参ってしますので、

『熱帯夜でもクーラー無しで良く寝ったいや』のオイラの寝室で。



気温が31℃、室温40%でスタートして、それから約14分後。
DSCN0613.jpg
吹き出し温度は28℃、湿度が78%で、下がった温度は実験1や2と変わらないレベルです。




しからばもうチョッと放置してスタートから約30分後がコレ↓
DSCN0616.jpg
トータルで4℃下がっただけで、もうこれ以上は望めそうもないのでココで終了デス。

ちなみにスイッチを切ってから、30分ほど放置した後では

気温は32度、湿度は41%に戻りましたよ。







じゃじゃ謳い文句の最大マイナス12℃ってのは、ど~やったら出来るのか?

説明書をヒモ解きますとね、水を蒸発させるフィルターを濡らして冷凍庫にブっ込み12時間。



冷え冷えのフィルターで作動させると急速に温度が下がる・・・って邪道じゃね?






こんな結果じゃ面白くない・・・・。

邪道ついでに、こんな事をやってみました 
DSCN0624.jpg
ご覧↑のように給水タンクに氷をむっつら入れてやってみようと。
DSCN0626.jpg
DSCN0628.jpg
実験3よりコレまたクソ暑い、気温35℃の猛暑の中でスタートしました。



氷水の冷たさがフィルターに浸透するのに時間が掛かりそうなので

たっぷりとインターバルを経た結果でゴザイマス。



吹き出し温度はマイナス7℃かぁ、意外と下がらんかったなァ・・・・。

ちょっと期待してたんですがね、10℃位は下がるかと。










最後の実験は、やっぱり邪道でしか無かったようで。

あんまし下がらんかった上に毎回毎回、こんげにイッペこと氷を消費してたら

晩酌のウーロン焼酎が飲めなくなるもんね 




吹き出し口に近づきゃ涼しい・・・それでも4℃位らけどさ、その分うるせぇし。

判っていたけど、いささか使い出の悪いアイテムの様な気がします・・・が



もしかするとオイラの使い方が悪いのかも・・・などと、いちおう逃げておこうっと 










以上、オトナの自由研究でした。











ページトップ