FC2ブログ

幸楽苑 見附店  ~しじみラーメン~ 





最近、朝ラーしてぇなぁ・・・よしっ!幸楽苑 @8時開店 で食べてくるか。
DSCN4948210330.jpg
イイ歳こいて、ホンジツは「幸楽苑見附店」にて朝ごはんでゴザイマス。








しじみエキスラーメン? 呑み助のオイラにゃピッタリんのが有るねっか。

ホイじゃ それとコレも付けてと。



『お客様、朝の大盛りサービスをしておりますが?』

そーでした、朝の天使のささやきに『じゃ大盛りにしてクンなせ』






   






さすが、ファストフード的ラーメン店ですな。
DSCN4983210330.jpg
最初にラーメンがパパっと出来上がり、一拍置いて餃子とライスがやって参りましたぞ。

「しじみエキス入り醤油らーめん」400円と「餃子ライスセット」370円でゴザイマス。






まずは「しじみエキス入り醤油らーめん」の大盛りサービスから。
DSCN4958210330.jpg
デフォのラーメンと、さほど違わん風景ですが

ソコから立ち上ってくるニホイが  まったく違うでアリマス。
DSCN4965210330.jpg
そんな強くは無いけど、確かに潮の香り。


濃ゆい飴色スープを飲めばブワっとオルチニン?しじみエキスの味が口の中に広がり、

その後から幸楽苑名物化学調味料の舌にまとわり付くビリビリ感 (笑)




いやいや思っていた以上の貝出汁ですね、もっとチョロっと香るだけかと思っとりました。
DSCN4967210330.jpg
科調はともかく、これだけ風味があれば酒で弱った肝臓にも効きそうらね。 なら酒を控えろよ






麺は・・・・麺も意外と思ってたより シッカリしてるかな。
DSCN4977210330.jpg
お世辞にも風味豊かとは言わんけど、まぁまぁそれなりの味で

大盛りでも嫌気が指さずに腹いっぱいにはなりますデス。



でも、大盛りにしなきゃ良かったと思ったのは内緒にしとこ 






それからチャーシューは。 こりゃ良かったですよマジで 
DSCN4964210330.jpg
キリっと醤油のタレが染み込んで、でも醤っぱ過ぎなく食感もしっかり 

個人の専門店、拘ったチャーシューにも匹敵しそうなレベルでゴザイマした。
DSCN4972210330.jpgこんなチャーシューは、もったいないから1枚残して。。。








今度は餃子。

ココんチの餃子は久しぶりに食べるなぁ、
DSCN4981210330.jpg
初めて食ったときはドコとなくオヤツっぽいイメージを持ったものでしたけど、

リニューアルしたんだっけ?



パリッとし&モチっとした皮と
DSCN4996210330.jpg
野菜多目の餡は薄味ながら下味も良くて量もタップシ。

こんげに出来が良いなら また頼まんばならねぇな 
DSCN4993210330.jpg
5つは普通に醤油ラー油酢のアンサンブルで、そして1つは残しぃ~の。。。










はい、じじみエキス雑炊の完成なり 
DSCN5000210330.jpg
しじみの醤油スープとご飯の相性は言わずもがな。

そこにスープを吸った餃子の軟らかい食感や存在感のあるチャーシュー。



サラサラっと流し込んで 寝惚けた胃ブクロを叩き起こすのでアリマした 












美味しかった、ご馳走様。














スポンサーサイト



いくら石狩鮨





せーてんのヘキレキって言いますか、 ペコの攪乱、魔が差した・・・・
DSCN4689210327.jpg


『駅弁は汽車に乗って食うモンだ』

と、固く信念としていたんですろも、つい買っちまいました。








だってデスね、
DSCN4686210327.jpg
30%引きで売ってたんだも~ん 



それにさ、コイツは駅弁じゃなく
DSCN4689cut210327.jpg
千歳空港で取扱っている”空弁”デスからね、と詭弁を使ったりして。








ホイじゃ開けて逝きましょか、オーポン ざ ふた(フタは英語ぢゃ無ぇのか
DSCN4694210327.jpg
蓋と中身の間にはフィルムで くっ付かんようになっていて

ソコに短い割りばしと醤油が入っとります。



そのフィルムを取って いざ実食。
DSCN4705210327.jpg
上下ドッチでも置き方で替わるけど、上がカニのほぐし身とイクラ、
DSCN4696210327.jpg
仕切りが付いて下が鮭ですね。



蓋に書いてあった原材料名を見ると カニはズワイガニ、茹でた(蒸した?)んじゃなく
DSCN47012103237.jpg
鮭と同じように酢漬けになっている様でアリマス。



それにしても、なぁ~んかイクラの粒がちっちぇんだよなぁ・・・
DSCN4699210327.jpg
鮭と言うよか鱒の子みたいな大きさで粒の食感もプチンとしたのが無ぇし

チョッと面白しょねかったっス 






それにしても、今のこーいったのって・・・あ、これしか食ってねぇけど、

ご飯が軟らかいんデスね。

軟らかいっつても、いやな軟らかさじゃ無くて丁度いい食感。



昔の餅みたいに固まって、最後になると容器にへばり付いて

取れないようなものじゃなく、ひと口大に小分けされた、

とっても食べやすいものデシタ 










もちろんコレに合わせる飲みモンも。
DSCN4716210327.jpg
サケはサケでもこちらはポン酒。



地元「吉乃川酒造」の「越後吟醸」(値段忘れたで端麗辛口、

どんな料理にも合わせられる 好いおサケ 










ではイッタダッキマァ~ス 
DSCN4720210327.jpg















ほし乃  ~ランチメニュー~





見附市今町4-12-55

飲食店が多々あり、エンゲル国道とも呼ばれそうな見附の国道8号界隈。
DSCN4813210329.jpg
そんな店々が連なる中、瀟洒な田舎風の建物で、

あまり目立たず静かに ただずんでいるように見える「そば ほし乃」。








ホンジツはコチラでランチを”撮”ろうと思いまする。
DSCN4839210329.jpg
前回来たのはyahoo!ブログ時代なんで、かなり前になっちまいましたな。

カレーみとんのを食ったと思いますが、鶏アタマゆえ忘れてしまいました 
DSCN4838210329.jpg
カウンター向うではご主人が腕を揮ってるのが見えますろも

それとは別にホール係?出て来た昔のお姉サンに注文しまして、マツコと・・・






  






おぉ意外と早く、平日限定・ランチメニューの「親子丼セット」が運ばれてきましたよ。
DSCN4851210329.jpg
値段は1080円と大台越えの4桁。 ランチとしては少々値が張りますろも、

ミニせいろが付いてコレなら納得?デスよね 



『納得できん!』と仰られるショも居るかもですけど、

とりあえずは食ってみましょう   無視するんかい 






ランチメニュー
DSCN4845210329.jpg
丼の相方である麺類は、そばとうどんが選べます。

だろも、うどんは15分も時間が掛かるって・・・ドンだけ太いンかな? 








まずは親子丼の風景をば。
DSCN4874210329.jpg
昨今のフワトロ親子丼とは一線を画すように、カチッと火の入った玉子とじ。



そのお味は? お!意外と塩っぺぇぞ 


オイラが食ってきた玉子とじって、甘さと出汁が濃ゆいのが多かったんだけど

ココのは今までのとは味の方向性がダァ~いぶ違っておりますな 



出汁も効いてるんだと思うろも、何よりキリっとした醤油が前面に出ていましてね、

麺を食う前に面食らってしまいます。 また親父ギャグにもならんことを・・・・






丼ツユはそれほど多くないのが良かったのかな
DSCN4901210329.jpg
醤っぺ!って戸惑うことも無く、バクバク食い進められますぞ。



それに慣れるとこの味、クセになりそう 
DSCN4885210329.jpg
甘ったるい味付けだと、食べていくうちにクドさが増してくるモンでも有りますが、

これは意外とそれが無い。
DSCN4866210329.jpg
それはいささか小さい丼、「かつや」の梅カツ丼用ドンブリ位の

大きさの所為も有りましょうけどね 



親の味はそんくらいにして子供のほうも。
DSCN4890210329.jpg
使っているのは孝行息子、鶏肉の部位の中でも廉価な胸肉を使っている模様で

その食感はカッチリした歯応えの有るものでゴザイマス。



玉子の合間から青物も見受けられますがこれは長ネギ。

もうちょっと主張しても好いんじゃ中廊下の奥ゆかしさはオイラみてぇ 








ホイじゃ今度はお蕎麦のほうに移りまして
DSCN4859210329.jpg
内寸14cm四方くらいの小振りな蒸篭にむっつら盛られた、

これは更科系に近いのかな?
DSCN4868210329.jpg
手繰ってみますとチョイ短めながら、コリコリッと硬めでツルンとしたすすり心地。



こーゆー本格的な蕎麦はつゆにワサビを、なんて野暮はせず
DSCN4894210329.jpg
麺にワサビを乗っけて戴きませふ    あ、ワサビが足んねぇ



短い麺は啜りきるのも容易で
DSCN4879210329.jpg
おツユを辺りに飛び散らさせず上手に食べることも狙って・・・は無いよね? 



ミニせいろと言っても、量的には一般的な もりそば の2/3くらいは有りましょうか、

ずっしり重い親子丼と合わさって、夕方くらいまで充分腹持ちは好かったっす 










蕎麦を食べ終えたら最後のお楽しみ。 『お待たせしました』
DSCN4903210329.jpg
コレ、なんて名前ですかね蕎麦ポット?


調べてみたら、蕎麦湯入れ・湯筒・出汁いれ・・・・こり、楽天での呼び方。

小学館デジタル大辞泉には湯桶(ゆおけ/ゆとう)と有りましたデス。

 


決まった名前は無いのかな、ともかく蕎麦湯をおツユに注いで
DSCN4905210329.jpg
このツートップでフィニッシュを迎えまする。












残った蕎麦湯も余さず飲み干して腹ん中はタップタプん 
DSCN4912210329.jpg
あー美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

丸竹食堂  ~麻婆丼~





言っちゃぁ悪りぃけんど(なら言うなってのは無しで)、地獄。

まるで満腹地獄を思わせるようないでたち、それが














DSCN4767210328.jpg
ココんチの「麻婆丼」900円なのでゴザイマス。


三条市興野1-6-6 「丸竹食堂」
DSCN4757210328.jpg
県央地区で盛りのよい店として、その名を馳せておるんですよ 






でわ、あらためてその全様をゴショーカイでおます。
DSCN4781210328.jpg
粗切りの千切りキャベツサラダと薄めのラーメンスープを従えて、

お盆の1/3は占めてるデカい皿。
DSCN4768210328.jpg
深さもタップリ、ご飯もタップリ、オイラのお腹はデップリ 






町の食堂らしく辛さは穏やかで、ドロリ硬めな餡は

醤油ベースの鶏ガラダシ・・・かな?
DSCN47822103289.jpg
特別ガツンっ!と来るモノは無いけど、1丁分の絹ごし豆腐と

粒々とした歯に当たる食感が小気味いい挽き肉が

食べ人を麻婆の海へ誘ってくれるのデス。 そーいや長ネギって入って無かったな。

※ 厨房見てたら、ご主人がデカい豆腐・・・450gくらい有るかな? それをそのまま切ってい逝れましたからね。




辛さを構成しているのは最初は唐辛子だと思ひマス。

ピリッと最初に来て、でもその後からは舌がシカシカしてきますからね、

山椒もしっかり効いている様子でアリマス。






辛さレベルは穏やかと申しましたけど、

コレが後々ボディブローを受けたように蓄積されてくるんスよ。
DSCN4785cut210328.jpg
オイラが座った入口から2番目のカウンター席ナンですろも

コロナ対策か、後ろから換気の風が背中に直撃してチョイ寒かったんですね。



ところが食べ終る頃になると、少し汗ばみ加減に・・・・・

ひと口の辛さは大した事は無いんだろうけど、ボリュームが有るので

トータルすると、結構カプサイシンを摂ってるのかも知んねぇっス。










最初のドーンとした迫力に圧倒されて、『食えるか?』と思いましたが

半分ほど食べてくると腹イッペながらも完食の兆しも見え始めまして。
DSCN4788210328.jpg
そこから一気呵成っス 

『スプーンを止めたら試合終了ですよ』と、ばかりに完食するのでアリマシタ。












美味しかったご馳走様。














READ MORE

らーめん飛雄馬 見附店  ~つけ麺~





ぽかぽかと温かくなったと思ったら ピューっと冷たい風が吹く・・・

まだまだ本格的な春は来てない昨今、如何お過ごしでしょーか。



温かくて冷たい・・・ん? Hot&Coldか。






ならば 見附市上新田365-15
DSCN4577210326.jpg
「らーめん飛雄馬見附店」のつけ麺でしょう



そんな無理くりの言い訳で
DSCN4592210326.jpg
「メガつけ麺みそ」900円を戴こうと思いまする。






まずは麺。
DSCN4599210326.jpg
ドーンと構えた400g  



麺の量は200gから600gまで無料で選べまして、
DSCN4616210326.jpg
チョッと多いかな? とは思いましたけど、如何ですろか。
DSCN4637210326.jpg
さすがに600gは食後動けんよーに成りそうなんで






チョイ太めの中太麺はキリっと水道水で締められてますが、

シコシコとは違う、つけ麺らしからぬ食感は・・・茹ですぎ?
DSCN4622210326.jpg
水で締めて無ぇば、デロデロじゃないかって思われまする 



でも麺自体の味が好いんでね、400gと言えど最後まで飽きず・・・

胃ブクロの容量しだいですがバッチリ愉しめまっせ 






そしてスープ。 あ、つけ汁ですな。
DSCN4596210324.jpg

ヒョイと気が付いたんですが、つけ麺で味噌味ってのも珍しくねぇデスか 



何の気なしにボタンを押した(ボーっと生きてんじゃねぇよけど、

今までに食った記憶が この近くの「味噌や」くらいかな?

モウグレ頭なんで忘れてるだけかもですが。




そんな味噌味のつけ汁、塩っぱさは ギリそのままじゃ飲むのは厳しいレベル。


厚さにして1~1.5mmくらいデスかね、キレイな脂が膜を張ってまして
DSCN4596210324b.jpg
そのせいか後口に豚骨がブヒブヒ残りますが、あんまし熱くないのは残念ですなぁ。




汁自体は濃ゆい赤ダシ風の味噌汁みたいな感じでアリマス。


甘さ抑えたソリッドな味噌感に僅かにピリッとくる唐辛子(たぶん)

最初は ほんの少し意外な味に戸惑いましたけど、すぐに慣れてグビグビ・・・



気が付きゃ脂で口の周りをベットベトになっちまいマスタ。






トッピングは1/2煮玉子と水菜に板海苔&メンマ、
DSCN4601210326.jpg
そして割かしデカめののチャーシューが2枚と、まぁ一般的スな。



バラチャーシューは提供前に暖めるのかな、

冷たいラードっぽさの無いさっぱりしたもので、嬉しい意外なモノでした 
DSCN4632210326.jpg
このまま食べても好し、つけ汁に浸けてもまた善し。

麺量が多いので貧弱に見えますろも、普通盛(200g)なら充分見映えするんじゃ中廊下。










う~~~食った食った 

久しぶりに思いっきり食ったナァ、午後から大丈夫か?オイラ。



しかし・・・900円のトッピングにしてはチョイ寂しいモンが有るんで

普通盛だと高く感じらんるかもしれませんね。



ヤッパリこのつけ麺は、タップリ食いたいショのための

メニューとしてお勧めいたしやしょう 












美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

中国料理 上海亭  ~日替り~





たまには”本格”中華料理店でランチを・・・・

いえ、東華飯店や紅竜飯店が”じゃない”と言いませんが

何となくココが一番”らしい”店。
DSCN4461210326.jpg
見附市本町1-5-21 「ラーメンと餃子の店 上海亭」なのでアリマス。






久しぶりになったのは、本格的で敷居が高いとか格式ばってる・・・

とかそんな事は無く、特に理由は見当たらんのですけどね 
DSCN4454210325.jpg
しいて言えば駐車場の敷居が高い?(笑)






そんなこんなでホンジツ戴くのは「日替ランチ」より
DSCN4480210325.jpg
「炒木須肉(豚肉と玉子の醤油炒め)」935円でゴザイマス
DSCN4523210325.jpg
まー日替りといっても、ずっと同じメニューのようですが (2019の食べログも同じだったし)







でわ豚肉と玉子の醤油炒めを戴きまショー 
DSCN4543210325.jpg
まずはがっつりと
DSCN4552210325.jpg
豚と玉子って言ってもホウレンソウに竹の子、玉ねぎなど

結構具沢山なので、食材の変化も楽しめるというもの 



玉子のふわふわとホウレンソウの瑞々しさ、それにコリっとした豚肉・・・

何となく豚は、ホルモンのハツっぽい食感ですな。


それらが食欲推進運動をして、ご飯をバクバク食っちまうのでアリマス。






味は醤油炒めなんだけど鶏ガラのダシ・・・

”上海”の名のとおり、清湯であっさり上品な甘醤油の味付けでして。
DSCN4564cut210325.jpg
野菜などから出たエキスを含んだオツユの塩加減は控えめで、

躊躇無く飲み干せるくらいでアリマシタ。






それにたぶん自家製の漬モン、

どれもコレもハリハリとして飲み屋なら一品のレベルでしょう。
DSCN4529210325.jpg
と、これ・・・豚汁に近いな、
DSCN4531210325.jpg
メインの豚肉とはまた違う部位、赤身の多いバラ肉?が入った

あっさり仕立ての味噌汁で
DSCN4566210325.jpg
お替りOKの ご飯を遠慮がちに軽くもう一杯。



きれいに平らげたトコロで
DSCN4573cut210325.jpg
ホットこーしー(アイスも)でフィニッシュを迎えるのでありました。










短い足が遠のいてた理由。



の段差も然ることながら、店内が暗めなんですね。
DSCN4521210325.jpg
コレ↑は補正が掛かってるんで明るく見えますが、実際はもっと暗くて

写真を撮るにもピンボケ三昧で。

まさかストロボ使うわけに逝かないから二の足踏んでたんダナと納得 



まぁ普通に食いに来てる分にはゼンゼン差し支えないレベルですが

ボロガーの性とでも言いましょうか、単なるワガママ 






だけど味は良いですしね、もちろん他の店も負けず劣らずナンですろもさ。
DSCN4494210325.jpg
DSCN4495210325.jpg
少々お高めな分には目を瞑って、もう少し来てみようかしらん 












美味しかった、ご馳走様。














松屋  ~牛めし~





8時29分。

朝からで ナンですが、こんなオイラでもたまには忙しくて。
DSCN4648210327.jpg
でも朝メシは大事ですからね、一日の活力の源、栄養補給デス。

パパっと食ってササっとシゴトに向かいませふ 






券売機でピッと押してーの
DSCN4653210327.jpg
マツコと1分・・・・・






はい、「牛めし大盛」430円&生玉子70円の登場なりィ
DSCN4655210327.jpg
DSCN4658210327.jpg
でわ いっただっきマァ~ス 










ところで今の牛めし・牛丼って以前よりツユダクになったと思いませんか?

今回の大盛り↓は多くないけど、並盛って下まで かなりビシャビシャだったり。
DSCN4664cut210327.jpg
おかげでヒジョーに食いやすくてイイんですがネ 






さてココでより食べやすく、味変かねて玉子の投入デス。
DSCN4670cut210327.jpg
ワシワシワシワシ・・・・・











アー食った食った
DSCN4678210327.jpg
ごっつぉさん、よぉ~し イッチョやってくるかぁ 












※早食いはとても危険な行為です。良いオトナ・善いオコチャマはマネをしないよーに。



味のふじさわ  ~味噌ラーメン~





なんかアッサリした味噌ラーメンが食いてぇな。

脂がドーン!味噌がガツン!も良いけど、たまには優しくホっとする味噌が。
DSCN4274cut210322.jpg
それで思い出したんが見附市今町5-34-12「味のふじさわ」でゴザイマス。






空いてるのか空いてないのか、カウンター席はほぼ満席ながら小上がりはガラガラ。






ご主人に注文して待つこと     





「ミソチャーシュー」850円がカウンター越しに
DSCN4292210322.jpg
おーオイラが思い描いてフォルム 






さっそくイッタダッキまぁ~す 



まずはドンブリを覆うように並べられたチャーシューから。
DSCN4295210322.jpg
硬く煮締まったオニクはモモ肉でわ中廊下。



さっぱりとアゴが疲れるンじゃねえか?って程しっかり歯応えあるもので、

さすがに年寄りには硬すぎっかな 



これ、細かく刻んでチャーハンに入れたら最高なんじゃネ?と思ひまする。






そしてその下は熱々に煮込まれた野菜の軍団で。
DSCN4324210322.jpg
最初に玉ねぎとキャベツが口の中を襲撃して、

間髪入れずにモヤシと人参にピーマンが追撃を。
DSCN4312210322.jpg
コーンと挽き肉でちょっと落ち着く三段バラ・・・じゃねぇ、口撃なのでアリマス。






そんなジンジンと火照る口ン中をコレまた容赦なく灼いてくのが
DSCN4317210320.jpg
色白中細の麺なのでありまして。

ちびっと軟っこいか?とも思いましたが、意外とシッカリした硬さも 



麺量も意外にタップリ、まぁコレは野菜のボリュームが有るせいかもデスろもね。






そして満面としずかに湛えてる味噌色のスープ。
DSCN4312210322.jpg
『味噌ラーメンなんだから当たり前』



そーナンデスろも、何も足さない何も引かない・・・
DSCN4301210322.jpg
某ウイスキーのCMじゃないですが、あれこれ加えた重い味じゃ無いんだけれど

軽薄さとは無縁のスッと静かにに佇んだ味。



そのままでも最後まで第一印象は変わらず、
DSCN4322210322.jpg
こうやって七味をかければ、その七味というヴェールを纏って、

でも骨子かは変えることの無い嫋やかな味・・・いささかカッコ付けすぎですが 










コーンや挽き肉などが どうしても底に残っちまうコトも有りますが、

このスープはを口から離せませんで。
DSCN4326210322.jpg
ついつい全部飲んじまいマスタ。












あー美味しかった、ご馳走様。














福助食堂  ~焼肉定食~





栃尾の福助食堂分店の記事を書いた時に

『西神田店の焼肉定食もお勧めだよ』とコメントを戴きまして。
DSCN4210210321.jpg
もぉ~口ん中はヨダレだらけ(汚ったねぇなぁ・焼き肉でいっぱい 



そんな口元イヤしいオイラは長岡市西神田町2-9-7

「福助食堂」にフラフラと現れるのでアリマシタ。
DSCN4217210321.jpg
暖かくなったから? 全集中・食堂の呼吸とばかりに店内は

窓も入口も開け放ってましてね 






店にいるのはオイラと先客の二人。

中華そば半チャーハンの先客に続いてジュージューと美味そうな音が止むと
DSCN4251210321.jpg
「焼肉定食」850円の出来上がり。




ホォ~こう言うスタイルなのね、チャーハン用かな? 

中華の平皿に盛られ、何となくその下にコメが敷かれても可笑しくない様相デスなぁ。
DSCN4230210321.jpg
いや、見た目だけじゃなく味付けも。

普通はタレで味付けナンだろも、ココンチはシンプルな塩コショウ。



焼肉ダレじゃない分、すっきりとした塩梅で

普通は甘い焼肉ダレに隠れているニンニクが前面に出てきてるんデス。



ガツン!とダイレクトに効いてるって言いますか、

コレ食った後は人とハナシしゅうのは・・・まぁ控えたいですなぁ 
DSCN4258210321.jpg
塩コショウで味付けされたお肉は肩ロースかな?

ロースほどサッパリじゃなく、バラ肉よりも油っこくないですからね
DSCN4256cut210321.jpg
それでも これだけ油が出てきてますんでの、流石に口の周りはベットリ。

ところがキャベツと和えると意外にペロリと逝けちゃうんだよなぁ 






そんな油ギッシュで、でもサッパリのお肉。

肉だけガッツリ食べても良し、
DSCN4266cut210321.jpg
こんな風に巻いても良し。

縦横無尽・無計画に食っても意外とバランスが宜しゅうゴザイマして。






最後に一枚二枚ニクが余るほどでしたろも
DSCN4246210321.jpg
コメ食いジジイのオイラが、バカスカご飯を頬張った所為かも知れませぬ。



でも、チョイ軟めながらコメの甘さが立ってる このご飯は

ガッツリ頬張って食いたいものなので、ご容赦あ~れ 






そうそう、忘れてた訳じゃ無いんですろも、生野菜の下にはこんなのも
DSCN4268210321.jpg
ジャガイモを全殺しに近い感じに潰したポテトサラダが

トマトの下に潜んでおりましたデス。



常連さんならともかく、オイラみたいな一見ヤロウには

もっと前に出て貰って、ご尊顔を拝しとうお願いスムス 










うん、なるほどコレはお勧めしてイタダクの価値のある焼肉で 



一般的なタレの焼肉だと『あー食ったぁ美味かった』で、

しばらくは『もうイイかな?』と食わなくなるものデスろも、

こちらはサッパリしてる分すぐにまた食べたくなる・・・



どこか朝ラーにも通じる味付け?ってのはラヲタの戯言デショか(笑)






それに拍車、いんやサポートするように、
DSCN4244210321.jpg
中華スープっぽいワカメスープ。



適度な塩っぱさの鶏ガラ醬油味?が洗い流すように、

良い存在で控えているのでアリマシタ。












あー美味しかった、ご馳走様。














プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR