FC2ブログ

幸楽苑  ~鶏白湯らーめん~





コレは23日の新聞折込チラシ。
DSCN2611210224.jpg
こんなのを見たら逝かずばなるまい 






そんなわけでホンジツは「幸楽苑見附店」にて朝食でぇ・・・アリマス。
DSCN2620210224.jpg
さすがに朝8時過ぎにくるモノ好きは居らんようデスな 
DSCN2627210224b.jpg
店員2人、おいらのほかは誰ぁ~れも居ない店内。



その後から車3台ほどお客が入ってきたようですけんど、

3密どころか朝営業・・・大丈夫なのかしらん?



  



そんなことをネタにメモってまするとホイ。
DSCN2635210224.jpg
「鶏白湯らーめん大盛り」590円が出来上がって参りましたデス。

『大盛りで この値段・・・何で?』



ジツは期間限定ですがオープンから10:45分までの

朝メニューに限り大盛り無料なんですよ 
DSCN2671210224.jpg
やっぱり、来客の少ない朝のテコ入れ企画なんでしょうかねぇ。

それにチラシに付いていた100円引きの割り引き券、〆て590円なのでアリンス 






ソレでは戴きますかな 
DSCN2640201224.jpg
白湯・・・と言うには いささか赤みがかったスープをゴクリと。
DSCN2657210224.jpg
トロリとろとろ、レンゲでスープを掬ったりする分には

それほど粘性が無さそうなスープラけど、いざ飲んで見ますとカタマリ 



実際に固形物なわけは無いですが、喉を通過する時に

コクリと塊のような流感?を感じるくらいポッタリしてますデス。



白湯のお味は鶏を冠するだけにモチロン鶏ベースの出汁。

化学調味料的なピリ甘がありぃの後口から豚のカホリのような残り香も

わずかにシュウような気がしまする。



そして塩っぺ・スープの濃ゆさはいかが?っちゅうと、

コレがまた良く出来てますな。
DSCN2673210224.jpg
ホレこのとおり、あと僅かってトコロまで飲み進めちまいましたけんど、

あんまし水を飲むことも無かった位っす。



しかし・・・悪くない、飲みやすいスープなんだけど

後々までピリピリとしたモンが続くのはナントカならんモンですかねぇ 






トッピングは正価640円では かなり頑張ったほうじゃ中廊下。
DSCN26342021224.jpg
味の塩梅イイ煮玉子は、半切りにして1個分、

青菜は小松菜でしょう、さっぱり感を演出デス。



真ん中にはたっぷりの長ネギに、これは岩海苔?
DSCN2649 210224
いんや普通の海苔を細かく砕いたモノらな www



だろもこの刻み海苔の磯の香りと鶏白湯。

ミスマッチのようで、意外とそうでも無くてオイラは割と・・・好き 





そして具材の中の主役、ラーメン全体であっても主役クラスであるチャーシュー。

今回はスープに合わせての鶏チャーシューなんでしょうね。
DSCN2631210224.jpg
このようにブ厚くて、食い出も宜しいのですが
DSCN2663210224.jpg
味わいがイマイチ宜しくない 



今まで経験してきた鶏チャーシューって、食べると

ジュワリ味付けが滲み出てきますが、茹でただけ?と見紛うほどのモノが多くて。



幸楽苑のは表面が燻されているのかな、安っすい焼豚ハムのような

フニャっとした歯触りと、燻製からくる?あんまし好みじゃない風味。



スープまでスポイルしているようで少々いただけませぬ 






大盛りにして貰った麺は さすがにボリューミーで、ほら。
DSCN2653210224.jpg
トッピングの隙間からモッコリと麺がコンニチワしとりますがな 



ただ その啜り心地というと、ちょっと今2・イマ3かな。

多加水麺なのに茹で過ぎ・・・でしょうね、ダルダルの軟らかさ。



もうちょっと硬めに仕上げて頂きたい、そう想ふ今日この頃のペコであります。



多加水麺ちゅうのは確か水分量の多い麺と聞きましたが、

ならば消化も良くてすぐに小腹が減りそうなイメージを持ってましたけんどね。



ところが結構長持ちするんですな、胃もたれとかじゃなく

適度な満腹感が長く持続する・・・

この軟麺、こと腹持ちに関しては存外ヨロシイのかも知れませぬ。










総括って事でも無ぇんですが。



ちょっと張り切り過ぎたのかな、もうすこし科調感が抑えられれば

食いやすい・飲み易い良いスープかと思います。



麺は腹持ち以外は論外、チャーシューも。

せっかく素材は良さそうなので、もうひと化けお願いしとうゴザイヤス 



などと、ナマイキな事を口走ってしまいましたデス 












ご馳走様。















スポンサーサイト



金子屋大島店  ~日替わりメニュー~





名残りと言うには えげつなく降った雪も収まり、前の日の春一番が残る日曜日。




がっつりメシを食いたくて
DSCN1840210221.jpg
長岡市大島に在る「金子屋大島店」にやって来ました。






久しぶりに来た店内は、あ~ら様変わり 
DSCN1847210221.jpg
コロナ対策でカウンターは無くなり、4人掛けのテーブルor座卓だけになっとりました。



メニューも変わって、だぁ~いぶシンプルに
DSCN1850210221.jpg
DSCN1855210221.jpg
ご飯の量もシンプル、少なくなったようですな。 

前回来たときゃ普通で180g・中盛250gでしたろも、今は150gと200gナンで

実質の値下げか、残すショが多かったか・・・




それでも「日替わり」は健在で
DSCN1862210221.jpg
コレまたアブラーには魅惑のコンビです 



ホンジツはコレを戴いてみましょか 
DSCN1869210221.jpg
日曜の日替わり定食 「ヒレカツ(味噌ダレ)と塩唐揚げ定食」850円でございマス。






とは言え、珍しくまずは味噌汁からゴショーカイ 
DSCN1878210221.jpg
中身の具がチョイと変わってましてね、ワカメと絹ごし豆腐に溶き卵の取り合わせなんです。

卵の所為か?味噌汁だけど、ナゼか中華のティストも有ったりするんですよ。



面白い味なんでアリますが、ソレがまた良くてちょっぴり量が少ないのも重なってか

『もっと飲んでみてぇな』 そう思わせるニクい存在でも有りました 






味噌汁で箸と口を潤した後はいよいよ 
DSCN1883210221.jpg
ガブリと唐揚げにかぶり付きまする。



揚げたて熱々の唐揚げはカリッと軽いフリッター的な衣と、
DSCN1904cut210220.jpg
中のムネ肉はさっぱり淡泊、

でもしっかり旨みが口に広がる わんぱくフリッパー 淡泊フリッター。



味付けは塩と、上に掛かっているのはパセリかな、

薄味らけれど 何も足さない何も引かんでヨロシイお味です。
DSCN1889210221.jpg
レモンさえも要らないアッサリと、でもジンワリと全体に塩っペが回って

メシにもビールのアテにもな 味わいを醸し出しとりましたよ。






片やコチラも淡泊ヒデヨシさ では負けていない
DSCN1893210221.jpg
サックリと心地よい食感に揚がったヒレカツの、お味はここ等じゃ珍しい味噌ダレ付き。



味噌ダレなんだけんど、味噌とは思えん面白っしぇ味でしてね。
DSCN1911210221.jpg
んー、例えが難しいンだけど熟成したデミグラス?

フルーツたっぷりのデミグラスと豚カツソースを混ぜ合わせた・・・
DSCN1906210221.jpg
貧弱な舌の記憶で嘆かわしいデス 






このツープラトンアタックには、さしものドンブリ飯のボリュームも
DSCN1903210221.jpg
かなりの劣勢を強いられ、最後に残るはヒレカツ1枚。



かなりの腹っぺらしで挑んだオイラですが、コレだけ食えば

「もぉ~湯も茶も入らん』状態でお勘定でアリマシタ 










ヒレカツ3つに鶏唐3つ。



これだけ食えば胸焼けも心配になろうかと言うトコロですが、

ソコは老舗の腕の良さです。

軽い揚げ加減で腹はパンパン、でも胃もたれなんぞ全然でした 



しかし、4人掛けに独りは居心地悪いッスなぁ 

開店間もなくだったんで空いてたから未だしも

ピーク時にはちょっと行けそうも有りませぬ。



コロナが終息したらカウンター席を復活して欲しいモノと、心の中で願って

久しぶりの明るい青空の下でMOVEくんを走らせるオイラなのでした。












あー美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

味の店 ゆかり  ~セット メニュー~

 



コレをゴショーカイするのは2回目ではアリマスが、

前回は18年の秋・Yahoo!ブログ時代なのでソロソロ出してもイイですよね? 



「味の店 ゆかり」見附市本町2-7-20が提供している
DSCN1744210220.jpg
冬季限定のうどんを含めて3種類ある「セット メニュー」
DSCN1759210220.jpg
消費税が10%になる前は店内限定でしたろも、書いてないって事は

今は配達もするようになったンですかね? 






取りあえず女将サンに注文を伝えて待つは
DSCN1745210220.jpg
昭和レトロな店内にて




      




調理担当のセガレさん、出前に出てたんかな?今日はチョイ時間掛かって

「半チャン・ラーメン」900円が運ばれて来ましたぞ 
DSCN1765210220.jpg
ホントはカレーのセットにしてみようかと悩んだりしたんですよ。



でもこの店で食ったのが 前回カツカレー だったデスからね、続けて食うのも・・・

おまけに『半チャーハンがバリ旨』って記憶が残ってましたから 






そんな訳で今日は半チャーハンから逝ってみよ~
DSCN1777210220.jpg
八角形の中華皿にチンヤリ盛りつけたチャーハン。

そこには色とりどりの細かい具材がパラッパラに炒り込まれておりますぞ。
DSCN1810210220.jpg
ネギに玉子とチャーシューの王道トライアングルに人参も入っていたかな、
DSCN1806cut210220.jpg
この4種類の具材たちと、米がもたらす見事な炒まり加減・味わいは

“The 焼き飯”と称えた方が相応しそうッス 



ただ今日の味付けは出前帰りで慌てたのか、塩梅濃いめデスタ。
DSCN1815210220.jpg
『水 みずぅ・・・・』までは行かんけど、コーケツアツには注意報発令くらいでしたぞ。



だけんど意外とラーメンスープがその濃さを中和してくれるンですよ。

チャーハンを食べて口の中に刺さる尖った塩を、円やかな塩っぱさのスープが

包み流してくれるっ中華。






じゃあ、今度はその中和ラーメンの方を。
DSCN1771210220.jpg
その風景はドコから見ても押しも押されもせぬトラディショナルな The 中華そば。






飴色に輝く澄んだスープは鶏ベースの出汁でしょね、
DSCN1789210220.jpg
舌にビリ付く科調感も少なく、いつまでもグビグビ逝けまする。

いつも食べてるコッテリなラーメンとは一線を画する、

凜とした出で立ちに身も心も洗われるよう@大げさ



しかし・・・こんなに柚子が香ったかな? チャーシューの端にチョコンと載った橙色。
DSCN1817cut210220.jpg
ここら辺を飲むたんびにフワンと口の中に漂うのデス。






相変わらず柔らかいストレート麺ですが、アッサリとしたスープと良く馴染み

昔、チャーミーグリーンのCMに出てきた老夫婦の様な、当たり前的な間柄ですな。
DSCN1802210220.jpg
当たり前だけどソレだけじゃなく、パラパラ焼き飯の良いおかずにもなったりして。

パラパラしてる分、モッチリ麺の水分が潤いをもたらすとでも言いましょか 






そんな嫋やかな麺とスープに浮かぶチャーシューってのは
DSCN1799210220.jpg
これがまたザブングルの加藤の持ちネタみたいなカッチカチ。



そんな風に書くと美味そうに見えないですけど、

これがサッパリと歯応えが良くてトラディショナルラーメンにはぴったり欠かせませぬ。



でも、チャーシュー麺だと顎が疲れるかも知んねぇデスねぇ 










スープに麺、時折チャーシューに焼き飯が加わったカルテット。

ズビズビずるずるバクバクと食って逝けば、ついつい禁断の・・・・











あー美味しかった、ご馳走様。
DSCN1822210220.jpg














READ MORE

食い処 二代目しぶ家  ~サンマーメン~





今日の昼メシは見附市新町3-5-1の
DSCN1656210218.jpg
「食い処 二代目しぶ家」で、たまにはラーメンを。



『ラーメンなんて何時も喰ってるじゃん』  え? ”じゃん” デスと!?

そう、その じゃん 所縁のラーメン、
DSCN1613210218.jpg
「サンマーメン」750円を食べに来たンですぅ 



サンマーメンと “じゃん” の関係性でつか?

そりゃどちらも横浜発祥のラーメン&方言と云うコトで 
調べてみたら“じゃん”は東海地方から流れてきた言葉で特に横浜発祥でもないそうな






まぁまぁ 細かいコトは気にしない気にしない。 (言ったのはオメーだ
DSCN16182021218.jpg
しかし、ラーメンの上を覆ってる野菜の餡、熱っちゃそうでんなぁ。



ハフハフとヤケドしねぇように戴きまするがソノお味は鶏ガラ、

いわゆる中華スープにゴマ油の風味が芳ばしく溶け込んでる感じでしょうか。
DSCN1638210218.jpg
ゆるめの餡が絡んでる野菜はモヤシをメインにニラと人参、

それにコリコリとした中振りのキクラゲが多めに入っとります。

これはキクラゲ好きのオイラにゃポイント高しでっせ 



おっとコイツもらね豚コマさん。
DSCN1644210218.jpg
肉好きには欠かしちゃイケねぇアイテムでおま。



なお、先ほど熱々注意報発令しましたが警報に変わりましたデス。

最初から最後まで熱々が続きますんで、重々ご注意の程を 






熱々野菜の下のスープは・・・
DSCN1623210218.jpg
普通の醤油ラーメンと同じ、あっさりしたモンじゃねぇかと思うんですろも、

餡が直ぐに溶け出て来ましてね。



科調系鶏ガラ感たっぷりのキツい味に成っちまったんですぅ・・・残念。






そしてコチラも普通の中細麺。
DSCN165220210218.jpg
麺量は普通の食堂よりかチョッと多めの180g。



量はともかく今まで軟いイメージを持ってたんですが、そりゃ思い過ごしでしたぞ。

やや軟らかめらけどモッチリと”180”の啜り応えはボリューム満点デス。



ソコにシャキシャキの野菜が絡んで腹はパンパンぽっかぽか。

・・・こりゃ夏は食えんな、暑すぎて 










生馬麺。 

名前は知ってたろも今までは、そんげに食いたいとは思ってなかったンですが。



愛読させて貰ってるお方のブログ記事で、自作のサンマーメンを

拝見してからモォ~食いたくて 



コレで今年の目標のひとつは達成らな 

次はよしっ!・・・・ナンだったっけな?



さすが鶏アタマwww












美味しかった、ご馳走様。














松のや  ~朝メニュー~





よく論議されとりますが、目玉焼きにかける調味料。



皆の衆はナニを使っておられますかな?
DSCN1563210217.jpg
Gooランキングに依りますと1位は醤油(50.8%)、2位に塩(19%)、

3位・塩コショウ(15.8%)で4位がコショウ(10%)。



2位から4位は同列みてえなモンですか、実質3位がランク5位のウスターソースで

4位はマヨネーズですかね?・・・ってマヨネーズぅ?!



しっかし・・・2~4位まで一括りと考えても、過半数の醤油には届かないっちゅう

醤油の王道ぶりには吃驚ポンでアリマス 





『んじゃあ ペコはドーなんだい?』と聞かれ・・・・え、聞きたくない?

聞いて下さいよぉ  オイラは ”今は” 醤油派で。



今は、ってのは昔々・・・3~40年も前かな、実家暮らししてた時は

ランク7位の中濃ソース。



油を引いて焼くんだから洋食、洋食系にオールマイティに使えるからって

実家の方針(そんな大それたモンじゃないけど)から中濃ソースだったんです 




いつもは1個しか焼かない片眼の目玉焼きなんで、掛けちゃうのは醤油になりますが
DSCN1587cut210217.jpg
今回は両のお目々がパッチリですんでの、超久しぶりに片眼は醤油で、

も1つには懐かしい中濃ソースと豪勢?に両方掛けちゃいましょう。






モチロン朝メニューのおかずはコレだけに有らず。
DSCN1575210217.jpg
朝食には有馴染みの納豆・・・・・・

新鮮過ぎたのか、発酵が足りんでねばーる君が少なかったっす www



それに真ん丸ポテサラが載ったキャベツと
DSCN1577210217.jpg
コレは新鮮、松のやにおける存在も食感も
DSCN1573210217.jpg
漬けモン、と云うよりか お新香 デスかな。

これだけでも松のやの小さい茶碗なら1杯イケそうでアリマス 






それにしても、コレで400円とは・・・・ 

おまけにココ長岡店は、セルフで ご飯・味噌汁の盛り替えですからね、アリガタやぁ。
DSCN1587210217.jpg
それでわ、いっただっきマァ~ス 















以上、
DSCN1602210217.jpg
もぉぉ~吹雪の「松のや長岡店」からでした 














万人家  ~みそらーめん~





醤油味しか無かった「万人家」に
DSCN1317210212.jpg
味噌ラーメンが出来たと聞きましてね、遅まきながら食べて来ましたよ。



「万人家 川崎店」
DSCN1375210212.jpg
柔らかい青空が眩しい長岡市川崎町1278-2。 

まだまだ重いコートは脱げませんけど、よろっと春めいてきたようデスね。






元々は回転寿司だった店内。
DSCN1307210212.jpg
名残の給水口で水を汲んでオネイさんに
DSCN1309210212.jpg
『味噌ラーメンクンナセ』ってお願いしてトイレへ




    




戻ってチョイ待ち程度で
DSCN1328210212.jpg
「みそらーめん」880円が運ばれて参りました。

もちろん、中身は別モンですろも ビジュアル的には醤油ラーメンのと似かよった風景ですな。






タップリ乗った白髪ネギのその下に、
DSCN1340210212.jpg
コレマタたっぷりの炒め煮野菜。
DSCN1353210212.jpg
麺とスープに取り掛かる前に野菜をパクッ・・・熱っつぅぅぅ 



口ん中を軽くヤケドするほどのキャベツにモヤシに玉ネギ。

ニラも挽き肉も入っていますな、シャキシャキと歯ざわりが心地好いトッピングに

ヤケドするのも何のその。



これまた熱いスープに よくショまして(染みさせて)食べちまいまする 






そーだ、その熱っちぇスープだ 
DSCN1344210212.jpg
今は“肌色”って色は無いそうナンですが、

そんな淡い色の味噌スープは やはり優しさを感じさせる柔らかい味。
DSCN1349210212.jpg
ナッツも練り込まれてるンかな? 少しそんな芳ばしい風味も舌に残りますな。



単に優しいだけじゃ無く、少しピリッと来ますんでね
DSCN1368210212.jpg
試しに一味を加えてみましたろも、ウンこれもなかなか乙な味になりますな。


優しいけど厚みの有るスープ、しっかりと 京塚昌子 みたいな安定感が頼もしいッス。






そないな京塚昌子的スープに懐(いだ)かれた中細の麺もコレまた善し。
DSCN1357210212.jpg
熱々の野菜、熱々のスープの下に伏龍の如く啜らンるのを待ってた多加水麺。

プリプリと啜るたんびに口の中で暴れるので有りました






そんな暴龍を鎮めるような4枚の花びらチャーシュー。
DSCN1336210212.jpg
DSCN1337210212.jpg
低温調理の様相ではアリマスが、しっかり醤油が染み込んだ

軟らかいけんど、適度にさっくりした硬さを持ち合わせとりますな。



脂っこさがないのでそのままでも、スープに浸しても

野菜→麺→チャーシュー→スープのローテーションでガンガン戴いちゃいます 










醤油ラーメンとはまた違った、新しい万人家の味。



別乗せのトッピングも豊富なんで財布の中身に糸目を付けンば

まだまだ奥深さを愉しめるっちゅうモノですな。



まぁその前に。
DSCN1369210212.jpg
G麺をちょっくらちょいと食いに来てみましょか。



でもG麺に味噌スープがあったら・・・・

ソレもまた一興、ゼヒ出して貰いたいモノでございマス。












あー美味しかった、ご馳走様。














割烹食堂 福泉  ~生姜焼き定食~





散髪が終わったのがビミョーな時間デシてね。
DSCN0981210207.jpg
サッパリしてから長岡市か三条市の食堂に憩うと思ったンですけんど、

11時開店にはチと間に合わんし・・・



 こー言う時こそココらな 
DSCN1077210207.jpg
三条市一ツ屋敷新田748-1 「割烹福泉」



ココの開店時間が11時半とチョイ遅めで、

ソコまで待ってらんねぇ腹っぺらしは いつも涙を呑んでたんですよ。






ちなみにココんチの料理で有名ってか、ウワサに高いのは生姜焼き。

三条市の先輩ブロガー諸氏の記事を拝見しても凄いんすよぉ 



でもでもアマノジャクを自負してるオイラですから、それはスルーして何にする?
DSCN1005210207.jpg
なんて自己問答も有りましたけんど、やっぱウワサの料理には勝てんかァ・・・








ウィ~~ん (not少年合唱団)

お、意外と ボロっちい 年季が入って手狭ですな。
DSCN0989210207.jpg
福泉のHPだと、もうちっとアカ抜けてたイメージでしたが、この地域の老舗割烹らしい佇まい。

コロナで間引きしたカウンター席からの一枚デス。



店員サンに注文してしばらく       
DSCN1014210207.jpg
「生姜焼き定食」950円の登場でゴザイマス。






DSCN1050210207.jpgお~、これがハナシに聞いてたステーキみてぇな生姜焼きか 




『きゃあステキ♡』って言う しょーも無いボケは控えまして、Look The 断面しょー
DSCN1057210207.jpg
箸で持ち上げれば その存在をドンと感じさせる、敢えて言いますポークソテー。



そのスタイルだけで無く、厚みもリッパですな。
DSCN10592102074.jpg
もちろんタレも生姜が効いた王道の、程良く甘しょっぱい醤油の和風仕立てで

肉との相性もバッチリですぞ。






さて、どっちから逝きましょか?

アマノジャク故に 素直に肉にかぶりつくのは悔しくてね、コッチ!
DSCN1067210207.jpg
写真はボケたろも 味はボケとりませんぞ。



やっぱりコレからにするかな、タレとキャベツの絡み合え。

ドレッシングも混ざって何かね、肉無しのテリヤキバーガーを喰ってるみたいな味ですぜ 







それからコチラに。
DSCN1010210207.jpg
壁にも貼ってある「かぐら南蛮みそ」を ご飯の上にチョコンと乗せてパクッとな。
DSCN1061210207.jpg
ふぅ~ん、あんまし辛くは無いですな、チョイピリくらい。

味噌もそれ程キツく無くて、シシトウっぽい青物の風味が鼻を抜けてきます。








そんじゃ今度はメインでっしゅに取り掛かりまするぞ 
DSCN1054210207.jpg
厚みもさることながら、ガッチリ堅太りの肩ロース。



こんだけ厚みが有っても、ふっくらと焼き上がっているのは

老舗割烹が積み重ねた歴史の技ってコトでしょうか 



最初に肉だけを焼いて後からタレを絡めるんでしょうね、

切り口にタレが浸みこんでいますろも肉自体はサッパリと。



「豚肉」のあっさりとした旨みを持ち合わせて、全体的に見るとシツコサを感じない。



ステーキと見間違われる このボリュームもプルンとした脂身と

サク堅の赤身のバランスが良くてガンガン食が進みまする 










これね、マジご飯が足りねぇパターンですわ。南蛮味噌も残ってるし
DSCN1032210207.jpg
海鮮の風味薫るヒジキ煮も ご飯を大分持っていきますからね。



しかしこれで950円かぁ、参ったな。 他にも美味そげンのがいっペ有るしさ。

また床屋に行って来んばらねっか 












あー美味しかった、ご馳走様。














松屋  ~マッサマン。 今度はプチ贅沢に~





先日記事にした「松屋」の「マッサマンカレー」ですけど、

コメントに返事を書いていましたら ムショーにまた食いたくなりまして 



リピートは あまりしたくない主義ではアリマスが 『コイツァ食って来んばら』 と。
DSCN1202210209.jpg
まいど 再び again の「松屋新潟見附店」でおま 





食べるのはモチロン「マッサマンカレー」730円、それも16日朝まで無料の大盛りを。
DSCN1225210209.jpg
前回はこれに「国産とろろ」でしたろも、これもモチロン再登場ですが、加えてぇの・・・










「国産とろろ半熟玉子セット」190円のタイ・・・いんコリャ発祥国らな、

対マッサマンカレー戦略 最強セットをチョイスしましたよ。
DSCN1241210209.jpg
そしてそして サイドメニューより
DSCN1235cut201209.jpg
「チーズ増量」50円も参戦です 








これらを適材適所に配置してぇ~の・・・








「マッサマンカレー 最強トッピぷろでゅ~すペコ」の完成でぇ アリマス 
DSCN1242210209.jpg〆て970円、牛丼・牛めし屋としてはチッと高くなったかな?

でもまぁ4桁には達してないから・・・と致しましょう。






ソレではとろろ&カレーから。
DSCN1258210209.jpg
単体らと醤油とかナニか味付けが欲しくなる ところですが

ハーブの風味、スパイスの辛さが とろろの旨みを引き出しているので

それ以上の味付け要らずで。



またチーズが絡むと、その塩けが代わりになって また善しデス。





んでそのチーズとカレーの組み合わせになりますろも。
DSCN1253210209.jpg
う~ん・・・ライスもカレーも今回はあんまし熱くありませんでね、

チーズがトロンと融けて来ないのは残念至極 



それでも想像どおりのベストカップルなので 

チーズの旨みがそれ程辛くないカレーをさらにマイルドにしていますぞ。






マイルドっちゃ玉子もそうですわな。
DSCN1255210209b.jpg
てか、この半熟玉子が3つの中で存在感が有りましたね、やはり玉子最強 



コク倍増の卵黄は当然ですが、プルプルの白身が

カレーの辛さによって甘みを引き出され、
DSCN1260210209.jpg
白身はカレーの辛味をオブラートの様に包み込んで

トゥルンと調和のひと味を醸し出しますデス。






そんな個性豊かなトッピングだとライス大盛じゃないとバランスが取れないっスなぁ。
DSCN1228210209.jpg
カレー単体の時もですろも、トッピング等をつけるなら大盛ライスがベストかと 












あー!





DSCN1262210209.jpg
味噌汁飲むのを忘れてたぁ 












あー美味しかった、ご馳走様。














かつや  ~牛カツ×牛焼肉定食~





ついこの間、ココ↓で「ソースかつ丼」を食ったばっかりデスろも。
DSCN1143210208.jpg
「かつや見附店」 見附市上新田町字下野沖404-1



ソースかつ丼の後、あれから間もなく新聞チラシが入りまして。
DSCN0888210208.jpg
すぐでは有りませんが、食べてきましたんで ご報告を 








「牛カツと牛焼肉の合い盛り定食」
DSCN1087210208.jpg
価格は税込み869円のところ、クーポンで100円引きでアリヤス。



かつやとしては“牛カツ”は初めてのアイテムですかね?

まぁそうじゃなくても、牛カツは食った事が無いんで愉しみナンですよ   
DSCN1109210208.jpg
牛カツ&牛焼肉。 


豚よりやっぱりお高いデスからカツは小さめですね。
DSCN1118210208.jpg
とは言っても、合い盛りで出て来るチキンカツと同じ位なので

意外と頑張ってる・・・と思いマス  



肝心のお肉ですろも、ミルフィーユと謳ってるだけに確かに軟っこいですよ、

衣の方がカリッと硬く感じられるくらいッス。
DSCN1123210208.jpg
でも肉自体の味は?っちゅうと・・・イマイチよく判らんかな 



なので とんかつソースを、と思ったら ベッチャリと焼肉のタレが付いてましてね。
DSCN1127210208.jpg
結局タレの味だけがイッチャン判ったみたいな 






そのタレに塗れた焼肉らけど
DSCN1100210208.jpg
硬さは前に食った松屋の焼牛めしと同じくらい。



コニョっと噛み切りニクいのが難点になるかもデスが、肉量は結構ボリューミー。
DSCN1116210208.jpg
シャリッとした食感の玉ねぎと共に、食べ応えが有って 宜しオスエ 



そんで焼肉にもカツにも味付けになってるタレは・・・。

甘めで味わい深い焼肉タレなんだけど、オイラにはチョイ濃ゆい気味かな。
DSCN1112210208.jpg
それでも半生に近い玉ねぎには丁度良く、牛焼肉もタレが少なめならバッチリ 



キャベツと和えれば、また好いドレッシングになりますけど、
DSCN1134210208.jpg
合い盛り丼だと逃げ道が無くて お茶をガブ飲みかも知れませんデス。










かつや初?・・・少なくともオイラはお初デスが。

もう少し薄味なら、リピート必至のメニューと思いまする。



ただ、今月19日から150円引き定食が始まるンですよ。


なんか この牛カツ&牛焼肉のスパンが、えらく短いよーな気がするろも

扱い慣れない牛肉でストックが無いのかな?
DSCN1139210208.jpg
なんで今日を含めて食べらんるのは5日間でしょうかね。



ご興味有るお方はお早めにぃ 












美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

仏滅サイコー\(^o^)/





どーもね、オイラのアマノジャクっぷりって

アラウンド還暦まで溜まったボンノウが そこに凝り固まっているようで。



大安はあんまし良くないんすよ、メシ食いに行きゃオーダー忘れられたり、

お目当ての店が無茶苦茶混んでたり 何気ないトコでバイクをコカしたりでね 






その分、仏滅の方が良いのかな? 或る仏滅の日ナンですが...。



オイラに掛かってきた1本の

『ペコさんですか?ナジラビ スタンプラリーで缶ビール当たりましたよ』
DSCN1300210210.jpg
宅配で送って来るのかと思ったら、どうやら直接届けに来るってコトで
DSCN1298210210.jpg
ソコら辺はボンビー(たぶん)な 地元フリーペーパー。



宅配便の料金もバカにならないんで中廊下 








        








配達に遅れンように戻りましての、正座し・・・ませんで。
  
ヒザにコケた時の古傷が有るんで 寝っ転がって待ってると




 ピンポーン』  『 ワンワンワン』




天や 静かにしておくれ。 缶ビールがナジラビさんを、、、  

逆らな、ナジラビさんが缶ビールを持って来てくんらったガァっけに






はぁーい コレが懸賞で当たった
DSCN1270210210.jpg
サッポロ黒ラベル350ml・24本入りでゴザイマス 



コレでとーぶんは良いモン呑んでらんるな。 ←いつもは第三のビールwww

でも一生分のウン〇、全部使い果たしたかもなぁ・・・・・
(運気でっせ、う〇こじゃ有りませんぜよ 










ま、いっか。 ともあれコイツのアテに
DSCN1279210210.jpg
ウオロクで値引きしてない リッチな弁当を喰うぞぃ 














プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR