FC2ブログ

竹岡式ラーメン  





コロナが蔓延する前から、1年半以上会えなかった

甥っ子家族が帰省してオイラのトコにも土産をいくつか 
DSCN68421125.jpg
その中でも、ラーメン好きなオイラにとアッチでしか売ってない

袋麺とカップ麺をアップしてみようと思いマス 




最初は、この「竹岡式ラーメン」っていうインスタント麺をばコショて(作って)みまする。
DSCN68491125.jpg
パッケージには”千葉県富津市竹岡発祥”と書いてありますの 



Wikipediaによりますと、醤油ダレに麺茹でのお湯や白湯を入れたスープで

醤油ダレの旨味で味の骨格を成しているそうであります。
参考:Wikipedia竹岡式ラーメン



なーるほろ、千葉県のご当地ラーメンかぁ。


醤油も拘って地元産の「ちば醤油(株)」らし、作っているのはサッポロ一番の

「サンヨー食品」らけど、製造所固有記号見ると千葉県になっとりますな 








ホンじゃ作っていきましょー 


まずは材料らろも、パッケージの写真に倣ってタマネギとメンマ、海苔
DSCN68521125.jpg
チャーシューは頑張って自家製で、もう一つ頑張って味玉も 



そんじゃ説明書きどおり・・・って言っても特別な作り方は無いかwww
DSCN68591125.jpg
普通の作り方で出来上がり、ココに用意した具材をトッピングして








はい、竹岡式インスタントラーメン ばいペコさんバージョンでアリマス。
DSCN68741125.jpg
へっへっへ チャーシューをチッと多目。

チャーシュー麺ぽくしてみましたが、ナカナカ美味そげでショ?



しかし、自分で入れててナンなんだろも、

背脂が入らんでもタマネギ入れるラーメンも有るんですねぇ。
DSCN6876cut1125.jpg
おし、タマネギ入りのスープをジュルッと
DSCN68921125.jpg
なーるほど。実店舗の味と違いは有るかも知んねぇけど、意外とマイルド。

インスタントらけど化学調味料っぽいのは少ないな、醤油のキリッと感も少ないものの

出汁の・・・何の出汁らか判らんけど、その旨みがグイグイ引き寄せてくれまする。

(ポークエキスって書いてあったけど豚臭く無く、そうかと言って魚介とも違うし)



そこにシャリシャリとした玉ねぎが上手く絡んで、

この二つだけで(醤油玉ねぎスープとして)立派に成立するスープでありますぞ 






麺はね、伸びやすいんで説明よりか少し早めにあげました。
DSCN68991125.jpg
その作戦が功を奏して、プリッとした食感 

乾麺特有の、このウェーブがスープと良く絡むんですな。



惜しむらくは麺量が少ない・・・こればっかしはインスタントの宿命ってモンですか。

でも、この美味いスープなら この1.5倍あっても良かったかな、

そんな出来の良いインスタントラーメンです 







あとは自画自賛になりますろも即興で作ったチャーシューと味玉。
DSCN68871125.jpg
両方とも麺つゆとその他モロモロで漬け込んだもので、

麺つゆのみの味玉はちょっと塩っぺかったな。

でも、酒とか砂糖で色々やったチャーシューは”久しぶりに”絶妙な味 



まだ両方とも残りが有るので、もう一回作りたいけど

実家で分けてきたんでソレは無理か  



お~い甥っ子、今度帰る時もまた買って来てくれぃ 












美味しかったご馳走様。














スポンサーサイト



かつや  ~ベーコンとチキンカツ合盛定食~





今回は。

前回の”貧相豚汁事件”のトラウマを払拭@大げさするために

突如現れた このメニューに懸けましてやって来ました。
DSCN673811123.jpg
場所は毎度おなじみの「かつや見附店」でゴザイマス。



11時すこし前ですか、料理を待っている客は2~3組。 

それでもチッと待ったかなぁ・・・後客のカツ丼が先に出来てきましたぞ。



『もう少しお待ちを。』

店員が申し訳なさそうに言ってくれたのでイイ子になって、もう少しお待ちしとりました。
DSCN67461123.jpg
ジャア~~ん「どっさりベーコンとチキンカツの合い盛り定食」759円でアリマス。






あ、申し訳無ぇ。 前回のトラウマを振り払うために「とん汁大」に変更したんだった。
DSCN67481123.jpg
ので  改めて。

「どっさりベーコンとチキンカツの合い盛り定食verとん汁大」で、おま。



ちなみに値段は759円に豚汁大変更44円、

それに100円引きクーポン使用したので704円と、結構リーズナブルですな 






まずは、とん汁確認。
DSCN67851123.jpg
よーしよし、具はタップリこんと入っていますな、カシラ肉も健在らし。

大根に人参、コンニャクは・・・すげえ軟らかい、どーやったらこう出来るんだろ 






そいじゃメインの方をば。
DSCN67591122.jpg
チキンカツは切ってあるけど、2つみたいらね。
DSCN67771122.jpg
しかしコストダウンらか? 今までなかったこの部位、どうやらムネ肉みたいですぞ。

まぁさっぱりしているのでオイラとしてはですけどねwww



と思って食べ進めて、もう1つに箸を付けますと、どーも様子が違う 


写真は撮らなかったんだろも、コッチは従来通りのモモ肉の様で、

2つのチキンカツは別々の種類みたいですなぁ。






そしてそして、どちらかと言えばコイツの方が注目株でしょうな
DSCN67661123.jpg
焼いたベーコン。 この所為で時間が掛かった・・・今書いてて気が付きましたデス。



取りあえず、こーやって。
DSCN67871123.jpg
脇に付いてたマヨネーズ、やったことは無いんですろも

コレってベーコン用だと・・・・ですよね?



パクっ! お美味ぇゾ 

初めての組み合わせ(なんと貧相な食生活^^;)なんだろも、

こんげに合うとは目から鱗がボロンボロン状態っす。



それにね 塩っぱく無ぇんです、ベーコンが。

スーパーで売ってるのをタマに買う事も有るんだけど、

何処のも塩っぱいンですよねぇ 



でも。 これはマヨネーズを付けなくても良いお味で食べやすい。

そーいや白メシとの相性も・・・違和感なく食べられたんで良かったのかな?



ベーコンなので燻製の香りも、と言いたいんだけど残念ながらあんまし 

なのですが、味自体はイイ感じでチョッとくんせ・・・クセになりそうです。









店を出る時見掛けて思い出しました。


確か今回は海鮮のドンブリ・定食らったはず。
DSCN6788cut1123.jpg
材料が無くなって急遽作ったのかな?

でも急場凌ぎにしちゃ結構良かったぞ 



次は12/4から1週間の500円シリーズ。1回はまた来てみますかね。












美味しかった、ご馳走様。














ラーメン原宿  ~カレー豚角煮ラーメン~





『朝げのうちなら空いてるべぇ』と行った弥彦の菊まつりの帰り。
DSCN66491122.jpg










さて、この時間・・・10時ちょっと前に開いてるラーメン屋っちゅうとココになりますな。
DSCN66901122.jpg
「ラーメン原宿」 三条市大島下河原4261-1



普段は全くと言っても良いほどカレーラーメンの類は食わんのですが、

黄色い菊を観たせいかな?今日の気分はカレーだね 
DSCN67051122.jpg
っちゅう事で、今回は「カレー豚角煮ラーメン」980円を注文いたしやした 






まずは細っかい背脂(?)が浮いているスープからですろも
DSCN67121122.jpg
普通の醤油や塩と同じ、サラッサラのスープなんですが、味もこれがまた薄め。


でもね、物足りない薄さじゃなくて、

そ~らな・・・味噌ラーメンと味噌汁の関係の様な感じですかね。



力に例えて、フェザー級の味噌汁に対してヘビー級の味噌ラーメンスープ。

味噌汁が薄いって事じゃなく、それぞれが良いお味をしてるみたいな。



そんなんでゴクゴクと飲めるカレーラーメンのスープですろも

それでも後半になると、僅かなピリ辛さが体に浸透してきて口の中はピリピリ、


体はホンワリ温かみを感じるようになる遅効性の美味さでゴザイマス。






DSCN67351122.jpg
麺は特別『これだっ!』というモンは有りませんけど、

茹で上がりやや軟らかめのどんな味にも追従できる万能型。



ボリュームはこれまた普通かな。

食べ終った時は腹イッペでしたろも、2時間ほどで小腹が空いてくる・・・

まぁオイラの三段腹が異常なのかも知れませんけどね 






そして、「原宿」の代名詞、味噌ラーメンと対を成す
DSCN67111122.jpg
豚の角煮の存在を逃しちゃイケませんぜ、皆のシュウ 
DSCN67281112.jpg
キャベツとモヤシ・人参の上に乗っかったトリオ・ザ・角煮。
DSCN67231122.jpg
醤油で煮込まれたバラ肉は良い意味でのスポンジーな食感(他に例えが思いつかん

噛むとジュワリの歯応え、さらに力を加えるとハラハラと崩れていく

軟らかさの二段食感なのでありマス。



カレースープに浸しても良し、そのままをかぶり付くも好しの

オールマイティな使い方が出来るのも基本の味がしっかりしているからでございましょう 










ゴクゴクと飲みやすいスープを2/3も飲み干したあたりで

理性を取り戻して店を出ましたが、カレーのお陰か小春日和とは言え

少し寒さのあった外気温をものともせずにバイクで帰れる有難さ。



早い開店時間(朝9時)も有難いですろも、この優しい美味さも感謝感激 



たしかに 『劇的美味い!』 ことはゴザイマせぬが

ジャンキーな味に疲れた時は、こういうラーメンをまた食べに来たいですなぁ。












美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

ますや食堂  ~みそラーメン定食~





「ますや食堂」 長岡市新町1-4-2
DSCN58911114.jpg
国道352号から少し小路に入った、地元に根付いた昔ながらの食堂です。
DSCN59011114.jpg
以前に「洋風カツ丼」や「焼肉丼セット」を食ったろも、また久々に来てみました 






最初はデスね「オムライス」・・・そう考えてたんですがね、

秋のココロとオイラの空、急にラーメンの定食が食いたくなりましてね。



はい、「みそラーメン定食」850円に路線変更でゴザイマス。
DSCN5914cut1114.jpg
老舗食堂らしい実にオーソドックスな出で立ち・・・・
DSCN59181114.jpg
じゃねぇよ、デカ・・・デカすぎるぅぅ 



一般的なラーメン丼の、ふた回りはデカいんじゃないですかね、
DSCN59201114.jpg
判りにくいけど、七味唐辛子がこんな大きさ?






そんなデカい丼で、まず取り上げますのは麺でゴザイマス。
DSCN59571114.jpg
この多加水の中細縮れ麺がね、ご飯に合うんだな。



ツルンとしてんだけどかなり縮れてるからか、

麺がスープと好きなように絡んでご飯が進むススム君。



それだけじゃなく、麺自体もプリプリで弾力が有るもんだから、“噛む”と言う事が

ちゃんとした固形物=おかずを口にしている気分になり得るンですよ。



ヘンな例えらけど、関西のショは焼きそばでオカズにご飯食べるじゃ無いですか、

あんな感じでイケちゃうんです。



ご飯の伴として別にワンプレートおかずや
DSCN59641114.jpg
ラーメン具材の炒め野菜も有りますろも、
DSCN59491114.jpg
食った割合は汁の載ったこの麺が1番らな 






もちろん麺にたっぷり載ったスープが不味けりゃ元も子も有りませんわな。
DSCN59421114.jpg
赤っぽいけど見た感じよりガツン!じゃ無く、優しい食堂の味わいは、

ん~「サッポロ一番」に近いかな?



優しい味は、頼り無さとは感じさせず中に一本芯が入った味。

骨太で後にピリッとするモノを持つものでアリマス。






それから此方に使っているのか、スープには感じなかったニンニクフレーバ-が

ココからはプンプンと放っている、ご飯のオカズ兼ラーメンの炒め野菜たち。
DSCN59431114.jpg
緑のホウレン草は醤油のラーメンにも使ってんでしょうけど、

こんな形での対面もチョイ珍しいのでわ?



炒め具合は念入り派の様で いささかクタッとしてますろも

その分、赤身のひき肉のプチプチした愉しい歯触りの食感が引き立ちます。



この前食った「天心坊の濃厚タンメン」程はボリュームは無いですが、

それでもまずまずのボリュームの野菜。
DSCN59511114.jpg
入っていたのはモヤシを筆頭に人参とキャベツ、それにほうれん草。

麺に絡めて戴いても良し、ご飯に乗っけて・或いはそのまま食べてもまた好し 






麺でご飯を食べたと言っても、やはりオカズはまた別舌・二枚舌。
DSCN59661114.jpg
作り置きなんでしょね、冷たい炒め野菜炒めは至極ザンネン。


薄い塩コショウの味付けは、みそスープに浸かった野菜とはまた別味で

コレまたなくてはならん存在デスたよ 










最後はレンゲと箸を駆使して底ったまに沈んだ野菜をサルベージ、

飲むのに丁度良い塩っペなんでスープも完飲・・・は、出来ず 



流石に、このボリュームは腹イッペなのと

塩分過多を敬遠して我慢ガマンでフィニッシュです 












あー美味しかった、ご馳走様。














天心坊 見附店  ~濃厚タンメン~





お、なんか美味そげなの ハケ~ン。



プラント5に行きましたらフードコートの所にこんなPOP。
DSCN58181113.jpg
いわゆるフードコートのラーメンも、昔の ”安かろう不味かろう” から進化して

路面店と遜色ない味を出してる店が多くなりまして、チョッと侮れない存在に。



そのひとつがこの「天心坊 見附店」なんですね。

プラントで買い物の際は、いつもチラチラ見てるんですよ 
DSCN58241113.jpg
そんな気になる店のラーメン、ちょい期待をしつつコイツを食べてみましょう 






そうそう、ちなみに先月「辛味噌ラーメン」を食べた「長衛門」は姉妹店ナンですよ。

場所的には近くて、直線距離で約200m位ですか。 セブンイレブンじゃあるまいし
天心坊長衛門1113
こんな近い距離で姉妹店が有るのも珍しいんじゃないかな?






フードコートなので代金は前払い。 “御注文口”で注文して待つこと・・・・・
DSCN58291113.jpg
『50番さーん』 お、出来たようですな。






DSCN58361113.jpg
ほい、お目当ての「濃厚タンメン」860円でアリマス。



運んでるときからラ-ドかな、炒め油の良い香りがプンプン立ちのぼって
DSCN58441113.jpg
『早く食ってくれ』とタンメンが誘ってるみたい。 は、妄想らけど 






ん~と、まずは半切りの味付け煮玉子。

これがまた丁度良い塩っぺでしてね、久々に追加で食べたいくらい。
DSCN58631113.jpg
そのバッカ良かった煮玉子を退けて、山盛り野菜から取り掛かりましょか。
DSCN58561113.jpg
背脂がたっぷり掛かっているんでスープが濃厚かと思うけど、野菜もまた濃厚ラインナップ。



野菜ラーメン系のレギュラーである、キャベツとモヤシ・人参は言うに及ばず、

タマネギ、そして青物はニラじゃなくホウレン草、それにあれ?鍋の食感・・・白菜まで 
(その他に写真に見えてるコーンや、チラッと見え隠れの木耳も。 あ、竹の子も有ったか)
DSCN58681113.jpg
量も種類も“濃厚”な炒め野菜は、炒まり加減も程良いんですな、

熱々シャキシャキの野菜に阻まれて、なかなか麺まで届きませぬ。






その麺を・・・・おっと、麺を引っ張り出す前に本命の濃厚スープが先らな。
DSCN58591113.jpg
たっぷりの背脂と溶けた油のの厚い膜に阻まれて全容は判りかねますろも

ベースは甘い白湯。 でもこれだけ背脂があるけんど豚臭さはナッシングっす。


甘く飲みやすいスープを油で口をテカテカさせながら飲み干して完食?




いや、今回は理性が残っていたのでスープは、お残ししましたよ 




それでも帰りにお盆を返す時は後ろ髪を引かれる想い・・・

は、言い過ぎらな。 でも飲み干したかったぁ。






そんな濃厚と云うにはソフトなスープ、合わせる麺は多加水の縮れ麺でした。
DSCN58761113.jpg
モゴっとした硬めの太麺は大好物なんですろも、

廻りを見渡せばジーサン・ばーさんがラーメンを啜っとりまして。



ご老体には硬すぎンじゃね?って心配になる程の本格的な硬さの麺ナンデス。

滑りの良い太麺と滑らかで甘いスープの取り合わせ。

それに種類濃厚な野菜が絡めば文句の付け所が無いと言うもの 









そーいや、肉が・・・おニク様が居なかったな。

食べてる最中に肉がない事に気が付いたんだけど、肉の喪失感@大げさ

あまり感じませんでしたよ。 ←”あまり”ってトコがポイントwww



たぶん・・・デスろも、たっぷりの背脂の風味。

鼻を擽ることは無くても、その旨みが。 そして背脂まみれの野菜が

肉の代わりをしていたんじゃないかなぁ。。。 


などとバカ舌は想うのでアリマシタ。



熱々のスープと野菜で被った、ピリピリと軽く痛む口の中を愉しみつつ@ヘンタイ 

お盆を返して余韻に浸るオイラなのデス 












あ-美味しかった、ご馳走様。














ほっともっと  ~麻婆かつ丼~





DSCN57771112.jpg
「麻婆かつ丼(もち麦ごはん)」620円。 洋食のトンカツに麻婆豆腐が掛かったもので、

もう和だか洋だか中華だかよく解りませぬなぁ 



「ほっともっと」もね、中国コロナ禍の影響なんでしょかね

チョコチョコ小手先を変えたメニューを出してまして。



その中からこんな奇妙なモンを見つけたんで

興味津々で買ってきたんですが、その味やイカに。










まずは麻婆豆腐を。
DSCN57941112.jpg
トゥルンとした滑らかな絹ごし豆腐。



いわゆる”ナマ物”になちゃうのかな?

ネットで予約しましてね、17時半の受け取りなんですろも
DSCN57731112b.jpg
賞味期限が19時と結構早めに食べなきゃならんアイテムなんですな。






それでは戴いてみましょ・・・・おっ結構辛いぞ  

激辛って云うほどじゃ有りませんろも、山椒が効いたオトナの辛さになっとります。



こういった万人向けの弁当(丼?)なので甘辛に振っているかと思っていたんで

チョッとだけビックリしましたろも、この本格的な辛さはクセに成りそうなレベルです 
DSCN57811112.jpg
ただね、いささか・・・いんやかなり塩っぺ 

食べ始めはまだしも、後半はその塩気が気になって・・・




いや、もちろん食べられないって程じゃないですよ 

夏の暑っちぇ盛りに汗をかいた後なら良いかもしれんですが、

今は晩秋、それもコーケツアツ持ちには厳しいくらいの塩分量なだけで。



でも、そのおかげで発泡酒のハカが行くこと行くこと  (ハカが行く=はかどる)

滑らか絹子さんをツルっと、そして山椒太夫のビリッとした辛さを愉しんで

発泡酒をゴクゴクゴク・・・恐悦至ゴクでゴザイマス 







意外らったのはトンカツも、かな。
DSCN58011112.jpg
この値段にしては結構厚みのあるトンカツは、衣パリパリで単品で食べたらさぞかし 



麻婆が掛かっていても、その名残は充分に残っておりまして、

パリサクピリリを堪能できるんですが・・・・でも正直言って、やっぱミスマッチ。



カツカレーの様な ”押しも押されもせぬ” ゴールデンコンビとまでは行かず、

せいぜいカッパーコンビくらいかな、できれば分けて盛り付けて好みで混ぜる。

そんな食べ方の方がお似合いかと 






そんなカッパーコンビの下で出番を待っていたのが「もち麦ごはん」。
DSCN58151112.jpg
白米仕様よりも30円高いですけど、コレはアリですぞ 



おかずによっちゃ合わん場合も考えられますが、プチプチとしたもち麦の食感と

その旨みは麻婆豆腐とも良い取り合わせ  (ってトンカツはどーなる?)



アッサリしたおかずでも合いそうなんで季節モンのカキフライとか、

そーうだカレーも意外と合うかも 












美味しかった、ご馳走様。













花まる亭  ~焼肉定食~





2~3年前まで営業してたかな、食堂チェーンの「北長岡食堂」が在ったトコ。


一度も入った事が無いうちに閉店してしもたんですけど、去年 一昨年くらいか、

そこに 『似たような食堂が入ったなー』と、ずっと思っていたんです。



たまたまね、どっか良さそうなメシ屋は無いかと食べログで探していたら

割と評価が高め(食べログだからアテには出来んけど)らったんで、

この度 アシを運ぶ事と成りました ってなんか偉そうらな
DSCN55391108.jpg
長岡市北園町928-1 「花まる亭」

近くには今は無きOMゴルフ練習場。 取りあえずナビはそれをセットして 






案内係(後で判ったろも店長らった)が出てきてコンニチワ・・・じゃなく、まずは手洗い検温を。
DSCN55631108.jpg
でも店内はそれほど3密対策はしてないよな?と思いつつ注文して巡らをキョロキョロ







しばらく・・・いんや、そうでも無いくらいの時間で
DSCN55781108.jpg「焼肉定食」790円がやって参りました。

ちなみに味は2種類、「しょうが醤油味」と「にんにく辛味噌味」が有りまして、

「しょうが」の方が出るってんでソッチを選んで。



ご飯もね、中と大が選べるんで大が頭をよぎったんだけど、

中でも290gですからね、まずは中にしたら・・・コレ↓
DSCN55851108.jpg
”中”で大正解だと思いましたよ 



まずはご飯を。

と言うのも外から見えるんだけど羽釜で炊いた新米なんですと。
DSCN56291108.jpg
ん~~バカ舌らっけ大した感想にならんけど、甘みの深いイイご飯デスな。



米っ食いのオイラだからかも知れませんが

ココに有る漬け物と小鉢だけで半分は食える気がします 



その小鉢もね、これまた上品な味付けなんだな。
DSCN55921108.jpg
シャキシャキとした青菜とキノコはナメコとエノキ茸、それを大根おろしで

霙和えにしたもので、味つけは薄い出汁醤油で仕上げてあるんですね。



大根おろしのシャリッとした瑞々しさにキノコのツルンとしたトロミ、

青菜のシャキシャキした歯ざわりは定食の域を超えてるかも・・・@馬鹿舌 






そして肝心の焼肉らけど、ほらこんなデカい肩ロース。
DSCN56121108.jpg
肉質はちょい硬めかな、歯が“いちこう”(弱い・不揃い)なショには食べにくい硬さかも知れんけど

その肉々しさはオトコ心をくすぐるってもんです。 (こう書いたけどさ、女のオバサングループも食ってたな)



そんなお肉の相棒、くし切りの玉ねぎは彩り的な存在らけど
DSCN55951108.jpg
それでもこの肉が3枚。食べ応えに不満・・・有るショは

990円のW焼肉を食ってクンナセや 



タレはピリ旨辛、わりとモッタリとした旨みで醤油感は薄め。
DSCN56141108.jpg
むろんロースと相性とは悪いはずも無く、ガツガツワイルドに食っちゃいましょ。



当然、生姜のタレ様はこのまま終わるはずもなく。 

キャベツをタレの湖に塗してマブして・・・
DSCN56201108.jpg
タレキャベツご飯になれば、これまた無常のヨロコビっちゅうもんです。










つぎは・・・自慢のモツ煮で行くか、はたまた焼き魚系?
DSCN55461108.jpg
いずれにしても近いうちにまた来てみんばら。












あ-美味しかった、ご馳走様。














ファミリーダイニング小玉屋  ~本気(まじ)丼~





毘沙門堂の拝観もそこそこに、あー腹へった 




ホンジツは令和2年のラストツーリングで道の駅「いりひろせ」に行きまして

ソコから浦佐の「浦佐毘沙門堂」を廻っての昼食でゴザイマス。
DSCN62741115.jpg
ファミリーダイニング小玉屋」 魚沼市浦佐1355-1

ここでの目当ては今月から魚沼地方で始まった「本気(マジ)丼」フェアのひと品を戴きに。



昔一度だけ、20年以上前に一度だけ入った事が有りますが、改装されたのかな、
DSCN63021115.jpg
かなりの老舗店なのに、店内は新しくて小奇麗でした。



全体はよく判らんけんど、テーブル席が中心?

でも、お1人様はカウンター席に案内されてさて、ドッチにシュウか・・・
DSCN62771115.jpg
ウ~~ン・・・さすがに税込み2500円近くは出さんねぇなぁ 

てな事で、というか最初から下のメキシカンライスに決めて来たんですろもね(笑)






メニューには15分ほど待つと書いてあったけど、なる程その位で運ばれてきましたよ。
DSCN63161115.jpg
はい、「メキシカンライス本気ver.(唐辛子)」1265円です。



あれ?意外と小ぃせぇぞ。 

パエリア鍋みとんの熱々の鉄鍋の直径は22~3cm位ですかね。

”本気”をイメージしてたんで、もっとデカいのが来るかと思っとりました。






メニューにも店員にも『大盛りも同額です』と有りましたけんど、

大盛り450gのボリュームに恐れおののいて普通盛りにしました。


が、う~ん失敗かな?
DSCN6328.jpg
メニュー写真の大盛りに比べて明らかに普通。

高さは有りますろも、直径がね、小さいですもん。



ナニはともあれ食ってみんばでしょ、いっただきまぁ~す 






おし、最初は上に敷き詰められた鶏肉から。
DSCN63201115.jpg
おー、パリパリの皮をフォークを刺し込むと、ジュワッと肉汁が出てきますな。
DSCN63351115.jpg
味は好い辛 

カレーの風味が、メキシコに有るかは定かじゃ無いですが、ピリ辛のカレー味。



パリパリジューシーな食感と、これはビールが進む味ですなぁ 







じゃあ、その下のタレみとんのもカレーか?
DSCN63371115.jpg
いや、まずはナニもかかってないライスの味見を。
DSCN63511115.jpg
ふぅ~ん、コレもカレーと思ったけんど、そこまでカレーらと流石にクドくなるのか・・・な



えっと、コンソメスープで炊いたスパイシーなご飯。

やや薄味ながらコレだけでも立派に成立する味になっとりますデスよ 






そこにかかるタレっちゅうかソ-スは、と言いますると。
DSCN63231115.jpg
予想どおりのカレー味なんですろも、トマトの味がかなり強いイタリアンカレー味 

ってさ、メキシコはどーなってんだろ 



でもこのソースは。。。 いや、カレーにもチキンが入っておりまして

細かくほぐした鶏肉と、コレはよく煮込まれていますな、鶏皮はトロントロン 


トマトの風味が強いチキンカレー・・・としても通りそうでした。 










全体的な辛さはたいしたことが無くて、少し塩っぱいから水を飲む位で。



少ないと思っていた300gも、食べ終えてみれば

『帰りにどこかでラーメン食って・・・・・』

などと言う、ヨコシマな企みを看破するボリュームで、腹イッペになれますな 



ただ、この値段なら・・・・・。

1200円以上もするんだっけに、スープとかサラダとか。



副菜ののひとつも付けても良いのでは、、、中廊下 












美味しかった、ご馳走様。














皮肉屋ペコさん






新潟日報20201119


おめでとうございます



国内感染新記録 

これもお国のGoToトラベル・GoToイートのお陰です 





下級国民はとっとと感染させて免疫を作り、高いワクチンをケチろうと 





そうすりゃムダな税金を下級国民に使わんでも良いって事なのデツね  









さすが国会議員だけの半密室選挙で選ばれた菅政権。

”スガスガ”しいばかりの深慮遠謀で、ゲスなぁ 

ラーメン勝  ~生姜らーめん~





DSCN56951111.jpg
「ラーメン勝」 市内今町4-46-1



ここんチの味は器に使われている”メタル丼”が表すとおり
DSCN57131111.jpg
燕三条系背脂ラーメンが主体のお店。。。 ナンですが 



チョイと気になるメニューが有りましての、券売機の写真を眺めてましたら

ソレとは別に「生姜らーめん」なるボタンが有るじゃないですか 
DSCN5699111.jpg
『コォ~りゃ食ってみんばら

件の ”気になるメニュー” は ほっといて、早速食いに行ってみましたよ。






いつもの様に座面の高い椅子で足はㇷ゚~ラプラ・・・単に足が短いだけ?

に座って、店員に食券を渡してシャッコイ水をグビッとな 



コの字のカウンターからは厨房の所作も見えまして
DSCN57081111.jpg
次から次へと出来てくる他客のラーメン。






お、出来上がって来たようですの、
DSCN57191111.jpg
「生姜ラーメン」 680円  お~こう来たか、なるほどぉ。


メタル丼=背脂の固定概念が有るので、チョイ違和感がありますろも、

極々普通の中華そばって感じデス。



顔を近づけますとプーンと香るのは、紛うことの無い生姜・・・

って余りあたり前ですが、それだけ背脂ラーメンのイメ-ジが強い店なんで 






澄んでいる醤油スープもクッキリとした味わいで、スイスイ飲んじまいますゾ。
DSCN57411111.jpg
主力メニューの中華そばとは全く意を異にする味付けで、

『ベースは同じなんだろうな、ソコにちょっと生姜の風味?』

などとと言う、オイラの浅はかな予想を見事に裏切ってくれてます 
 


何より生姜の風味と醤油スープのバランスが良い・・・

1番完成度が高いと思っていた「麺や秀佳」のスープに肉薄するような、

こんな (失礼な) 店でレベルの高い生姜醤油を味わえるとは思いもよらなんだ。






ちとコーフンし過ぎまして(^^;)続いて麺の方デスろも。これも中華そばとは別物?

パラパラと以前のヤツを調べましょ 
DSCN57501111.jpg
少しスパゲティにも似たプリンとした食感は前回と同じですが、コチラはかなり細め。

この細さが意外とスープと絡んで、違和感なく啜れるんです。



それは表面に浮いた細かい油のお陰? 卵が酢と油を繫げるマヨネーズのように、

油がスープとこのツルンとしたストレート麺をよく絡ませるようデス。



麺自体の旨味は秀佳より上になるかな、プリンとした麺感は

最後までその魅力を失わず、喉越しを愉しむことが出来ましたから 



ただし麺量はいささか不足気味かな 

この量が判ってたらプラス50円で大盛りにしてたんだろもな。






チャーシューは、これは他のと共通かな。
DSCN57301111.jpg
看板に掲げられた八幡平ポーク(たぶん)のバラ肉は、煮込んでトロトロにするのでは無く、

その肉質を愉しませるが如くクニョっと弾力のあるもの。



味付けも薄くすることで、雑味のない豚の肉の味わいを引き出していますな。

この味わいって、ともすると背脂まみれでは判らないかも。

すっきりのとした生姜醤油ならではかも知れませぬ ←単にオイラがバカ舌なだけぇwww




他のトッピングはナルトにメンマ、岩海苔とまぁまぁな布陣。

ほうれん草が無かったのは寂しいデスろも、

メンマは少し甘めでサクサクと、それに岩海苔も。



割と岩海苔否定派なんだろも、スープとの相性の良さに

これなら悪く無いかな? なんて思ったりして 










フリーマーケットをフラフラ徘徊してヒョイと目にしたモノが掘り出し物だった・・・。

今回は、そんな感じでハシャいでしまいまして 
DSCN57561111.jpg
ついつい完食、あ~塩分が(>o<)






血圧もメタボも全てナニせんに 勝れる生姜 コレまた美味しや


詠み人 ペコの上の凡クラ












あ-美味しかった、ご馳走様。














プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR