FC2ブログ

蒲原ラーメン きぶん一  ~蒲原ラーメン~




漸く暑さも和らいで、バイクに乗れる良い季節になって来ましたなぁ 

そこでここはイッパツ ラーメンツーリングを敢行しましたよ。
DSCN2734.jpg
新発田市月岡温泉669-1で絶賛営業の「蒲原ラーメン きぶん一」へヴィ~ンと。



バイクで訪れるライダーもイッペなんでしょね、バイク用の駐車スペースも有りまして
DSCN2731blog.jpg
こうして貰えると、車用のスペースにバイク一台ポツ~ンと置かなくても済みますから 


テキパキと客裁きの気持ち良いベテラン?店員のオカーサン。

『バイクはコチラへ。』 彼女の案内でバイクは車庫に、オイラはカウンター席に。
DSCN2739.jpg
麺茹ではご主人が担当? 他の店員に指図しながら麺を茹でとりますが、

この茹で方・・・たぶん・・・たぶんらろも「あおきや」方式じゃ無ぇろっか。



引っ切り無しに客が入って来るので、注文を待たずに麺を茹でる。

特にコチラの店は替え玉方式を採っているので、常に同じ麺量を茹でられますからね 






そのお陰でほら、もう出来上がって来ましたぞ。
DSCN2745.jpg
「蒲原ラーメン」650円でゴザイマス。




綺麗な油が浮いとりまして、一応豚骨になるのかな?
DSCN2747.jpg
トロミは無いけんど、優しく甘いスープに醤油の風味はあんまし。

ドッチかというと塩味・・・うん、塩豚骨スープって言って良さそうな味わいです 



ついグビグビと飲んじまいましてね、

気が付きゃ3枚のチャーシューの島が、だいぶ隆起して来とりました。
DSCN27520923.jpg
このチャーシューの部位って肩肉って云うんだろか?
DSCN27650923.jpg
バラ肉とはまた違った、大きな赤身の間を脂身がその隙間を埋めている肉。

肉屋出身のご主人が選ぶチャーシューは、またマニアックですなぁ。 



小気味の良い弾力と適度に染み渡った醤油味。 

サッパリとしていて・・・こりゃ「肉ラーメン」にしときゃ良かったかな? 




チャーシューの島の下には

これまた出来上がりの速さに貢献してる極細麺が居ましての。
DSCN27660923.jpg
これがちょっとイマイチ、って言いますか、オイラの苦手な麺でした。



多加水の極細麺でアルデンテ的な茹で加減のゴリゴリした食感に

オイラの高揚していた気分もイチから二番目へシフトダウンっす 



それでも。

ここんチは麺量がやや少なめで、大体替え玉@130円をするんですが、なんと

ひと玉目は無料・・・ってか、最初のラーメンに含まれてるんですよ 
DSCN27380923.jpg
なら最初っから麺量を多めにすれば良いんじゃね?

オイラもそう思ったんですが、このドンブリ。
DSCN275502923.jpg
ラーショなどで使われてる平たいドンブリなんで、麺を増量すると見栄えっちゅうか

スープから麺やチャーシューが見えすぎちゃって困るのぉ~ byマスプロアンテナ






麺を食い終わるちょっと前に、替え玉を注文したんだろも、

早々と食い終わる前に出来上がって来ましてね。
DSCN27750923.jpg
よく見てもらうとわかるかと思うろも、湯気がかなり立っているんですね。



実際に麺も熱いんですよ、1杯目より。

茹で加減もまた然りで今度は中までちゃんと茹でて有って、でもダレた感じはナッシング。



ご主人、先茹でで 茹で加減にバラツキが有るとオイラは睨みましたゼ 










最初の苦手だったアルデンテ麺とは打って変わって

プリンとした食感の替え玉に舌鼓。



軽く一塊のダマに成ってて解しにくいのは

ご愛敬ってモンらろも、満足度も満腹度も一級品ですな。






「手作りガラスびいどろ」「刀剣伝承館」「白壁兵舎広報資料館」...



気分よく店を後にしたのは良いんだけんど、この後の行った先々の施設が

ことごとく定休日だったってのはさ・・・・・新発田なんて、でぇっ嫌れぇだぁ 











あー美味しかった、ご馳走様。














スポンサーサイト



かつ元  ~カツ丼~





ひと月前に”鶏屋”=「ひな鳥金子」のカツ丼を食ったろも、今度は”トンカツ屋”・・・

「かつや」や「松のや」じゃない、言い方悪いけど”ちゃんとした”カツ丼を食いたなってさ。




市内の老舗トンカツ店も考えましたろも、あそこはお値段がかなりレベルが高くて。



この前、某定食屋で大盤振る舞いをしたばっかりですからね 






そんな訳で、最近お気に入りの「かつ元」へ。
DSCN2586.jpg
場所は見附市今町7-1575-1。  今町7交差点角にあり、

向かいは これまた老舗喫茶の「レストハウス道草」と言う、判り易いトコロです。






いつもの様に中央のカウンター席に座り、カツ丼を注文しまして
DSCN2601.jpg
入り口わきの雑誌を読んだり、メニュー表を撮ったりして待ってますと、


待つとは無しに、くらいの待ち時間で女将さんが運んできましたぞ。
DSCN2611.jpg
「カツ丼 【玉子とじ】」でゴザイマス。  価格は税込み935円ですが、

前回貰った50円引き券で880円で食べられまする 



かつや・松のやに比べるとチョイと値は張りますろも、生野菜や味噌汁付き。
DSCN2618.jpg
カツ丼定食的な風景なんで、意外とリーズナブルなんじゃないかと思いますよ 








でわ、改めてカツ丼を見て行きましょう 
DSCN2608.jpg
刻み海苔の風味豊か・・・でも無いか、彩りとしては見栄えするろも。

まぁジャマにならん程度かな?個人的には三つ葉の方が好みなんでね 



トロリンとした半熟部分が無いのは残念らけど、

その分、熱っつアツで火傷注意情報発令中でアリマス。
DSCN2632.jpg
丼つゆが浸み込んだトンカツの衣。 でもベチャっと浸み込み過ぎでなく

少し硬いカリっと芳ばしい部分も残し~の、なにより肉と衣の密着度が高い。



オイラとしては、この密着性の評価が高く・・・くっつきが悪くて衣と肉を

バラバラに食べてしまうって事、よく有るじゃないっスか  



勿論、お肉も間違いない美味さ。 肩ロースらと思うろもサッパリと、シッカリとした肉質は

甘さ抑え気味の丼つゆが浸み込んだ衣を纏い、口の中へ消えていくぅ 






ドンブリがデカいんで少なめに見えますろも、

ボリュームの方もね、ちゃんと普通以上には有りますぞ 
DSCN2613.jpg
余所さんのも同じようなモノらろも、丼つゆは少し濃いめではありますが、

ビシャビシャの、ツユダクではない降り掛かり加減。
DSCN2637.jpg
白いご飯のエスケープゾーンも残っていますので、食べ進めて

口の中が甘く・塩っぱく染まることが少ないのは有難いデスな。






それでも甘辛い味で一杯になった時は、前回高評価だった味噌汁・・・
DSCN2627.jpg
らろも今回は慣れたのかor塩加減か? 普通に感じたろもさ 

それでもサッパリと洗い流してリフレッシュしてくれるんです。



それよりも活躍してくれたのが、フレッシュ野菜サラダで、おまして。
DSCN2628.jpg
添え物的な存在じゃない、タップリ山盛りのキャベツと貝割れにレタス。



パリパリシャキシャキ瑞々しいのは開店直後の提供で刻み立て?

いんや、ソ~じゃ無いだろうな、とにかくサッパリとさせてくれましたよ。










特別、『美味いぞぉ!』と太鼓判を押すほど、お勧めシュウもんじゃ無いけど

週に一度くらい食べても飽きない味。
DSCN2589.jpg
DSCN2592.jpg
二種類あるカツ丼の、玉子とじの肉はロースだったけど、

じゃあじゃあ、タレカツの肉はどんげなモンなんだ?



これまた期待が膨らむ一杯。 早めの再訪が有るかも知んねぇですね 












美味しかった、ご馳走様。













克味製麺所  ~野菜塩ラーメン~





最近・・・・野菜不足らな・・・・・・

キャベツだけはフライとかの付け合わせで食ってるろもォ・・・・   





そんなことを思ったとか思わないとか Komachiのラーメン店リストを眺めてましたら
DSCN2511.jpg
ここんちの写真が目に留まりまして  ←しっかし眼だけらと気持ち悪くね?



「克味製麺所」 長岡市笹崎3-2-7  

「青島食堂 曙店」や「いち井」の通りから一本JR側に入った通り沿いです。



何時ものように憑いたのは開店時間の11時を少し過ぎたくらいでしたけんどさ。

『おー流行ってんなぁ』 高校生? 3人ほど入るのを待ってる状態でした。



昔の名前で出ていた時から知っている店らろも、こんげに混む店らったかな。







やっと空いて風除室に入れば、対面会話式の券売機が鎮座してたンです。
DSCN2516.jpg
以前は直接店員に注文したと思うけど、最新鋭になったんだなぁ。



券売機は・・・まぁ世の流れっちゅうモンだろも、メニュー表がね・・・ドッコにも無い! 



端っから食うモンを決めて、松屋でこの方式に慣れてるオイラでさえも、マゴつくてがんに

初見でなぁ~んにも決めてこないショは、ココでフリーズ必至じゃねぇろっか 





食券を買って案内されたカウンター席に座っても、やっぱりメニュー表は無く。
DSCN2522.jpg
こんげんの↑を書かれててもさ、ナニが何だかさっぱり判りゃしねぇって。



振り向けばヤツがいる じゃないけど、振り向けば券売機でフリーズの客。
DSCN2523.jpg
オーナーさんよ、新しい券売機も今風で良いかも知んねぇけどさ・・・。

全メニューの案内も掲げた方が良い・・・っちゅうか、掲げるべきらと思いますぜ。










そんな戯言・世迷い言を思っているうちに美人・・・いやマジで 

ビジンダーみたいな眉唾モンじゃない、美人な店員が持ってきましたよ、

DSCN2530.jpg
「野菜塩ラーメン」850円デス。

無料なんでモチロン大盛り仕様ですろも、ムッツラ入った丼はやや小ぶり。
DSCN2536.jpg
左端の煮玉子はラーパスで無料でしたろも、値段はモチロン判りませぬ・・・が、
DSCN2577.jpg
黄身が塩みたいな塩っぱさじゃない、丁度良い塩梅でナイス、また食べてみたいけど・・・。





顔を近づけると、ホンワカとゴマ油の良い香り。 

これは浮かんでいるラー油から出ているのか? と思いましたろも
DSCN2546.jpg
どうやら、炒めた野菜からも出ているようですね 
DSCN2541.jpg
この野菜たち、メニューに”野菜”と冠しているだけあって、とにかくタップリ。



種類は割とシンプル(甘藍・糵・玉葱・人参・木耳)ですが、

丼の1/3は野菜で占められているんじゃないか・・・
DSCN2567.jpg
麺の多さ(並200g大盛300g)も有りますろも、腹くっちぇ(腹一杯)なるほど

堪能 できますぞ






そうそう、ゴマ油の風味漂うスープですろも
DSCN2551.jpg
コチラは奥ゆかしいって書くと上品そうらけど、アッサリした かなり大人しい塩加減。



もっとも白湯ほど薄くはなくて、ちゃんと味は有りますが、

飲むと野菜の旨味や甘みを愉しむ出汁スープ・・・そんな感じデス。



ぶっちゃけ、動物や魚介の出汁はあんまし判らん、ってトコかな?



ラー油の効果は・・・そんなに強くないですよ、最初に喉にピリッと。

それからジワジワと辛さが充満してきますが、普通のショなら丁度良い刺激位でしょう。






スープ飲んだら麺をズズズっと。

「製麺所」ってんだから自家製麺なんでしょうね、太めの角麺です。
DSCN2575.jpg
さっきも書いたけど大盛り300gは、やっぱり食い出が有りますな 


この麺、食い出も有りますが、旨味もまたヨロシイんです。

太いけど少し短めなんで啜りやすく、鼻に抜ける小麦の風味が好いって言いますか。



ところがデスね、食い続けているとその風味の強さがイガミみとんのに変わってきて

舌の根元を締付けるみたいな・・・これは普通盛りならソコまで行かんのでしょうけど。



あとはスープの塩っペ度が関わるろっか。

グビグビと心地よく飲める野菜出汁の塩スープ、いつまでも飲み飽きないんですが

その代りに大量の麺の飽き・イガミを払拭できない、そんな弱さも有るようです。



でも 弁解しますろも、総じて悪くない麺・スープだと思いますよ  






悪くない、いんやコリャ何枚でも食いたくなるチャーシューと言って良いな。
DSCN2537.jpg
ロースですかね、キメの細かそうなおニク。
DSCN2560cut.jpg
柔らかくて脂はトロンと融けきってますが、噛むと押し返してくる弾力性も有るんですよ。



そして味も。

全体に味が浸みて少し塩っぱめのを数々経験しとりますが、

コレはオイラ好みの仕上がり 



外側の焦げ茶色には、カリッと・しっかりと醤油の味がションでますけんど

内側の柔らかおニクの方は仄かに、でもちゃんと効いてる醤油味。




醤油味のチャーシューメンが有れば・・・有るかな?・・・・有るだろ?

次はソレを食ってみたいですな。











タップリ野菜を採れて、大盛り麺もタラフク。

マンゾク度はかなり高いモンですが、なにせナニが有るか判らんBlackBoxメニュー。



Komachiの写真で決めて来たんでスムーズだったけど、もし初訪・・・

いや、再訪してもメニュー表が無いのは足が向かなくなるってもので。



一見さんお断りなら、それでも良いんでしょうけど、

新規顧客を取り込んでナンボの商売ですよね?



ここはやはり店頭にメニュー表を置いた方が良かんべぇ。 

と、耄碌ジジィは思ふのでアリマス 












美味しかった、ご馳走様。













READ MORE

松屋  ~海老チリ定食~





海老チリっちゅうと中華料理の中でも定番、それも人気度からすると

トップクラスに君臨する料理なのは周知のとおりですね。




今回、松屋から・・・オイラ的には肉料理のイメージが強い「松屋」から

期間限定ながら「海老チリ」が発売されたって聞きましてね。

無題

新しモン好きな、おバカな性分としては『コリャ行かんばなんね』と。



伺ったのは もう行きつけって言ってもイイよね?
DSCN2644.jpg
「松屋 新潟見附店」。










何時もの券売機でピッと押して、何時もの2人掛けのテーブル席に座って。

中華ってのは出来上がりが早いモンだろも、ソレにも増して早い呼び出し音 
DSCN2657.jpg
「海老のチリソース定食 大盛」730円でゴザイマス。






この海老チリ定食、ポテサラ付きバージョンも有るんですろも、10月6日までは大盛りが無料。
DSCN2660.jpg
そうは言いましても、この見附店は盛り替えが自由なんで

別に大盛りにしなくても良かったんだろも、コロナの所為で店員に頼まんと行かんのです。



小心者でナィ~ヴなオイラですから、そんな面倒くさい事は嫌なので自ずと大盛りに 

まぁ、それが功を奏したってのは後でのハナシ。 






ホンじゃ主役の「海老のチリソース煮」を食べてみよー 
DSCN2673.jpg
お、HPのメニュー写真と遜色ないめばえ・・・あ、こりゃ幼児雑誌か・・・見映え 



オレンジっちゅうか、赤い餡の中に入っているのはプリ×2の海老チャンと
DSCN2696.jpg
DSCN2685.jpg
オイラも頻繁には海老チリ食わんけど・・・玉子って入りましたかね?




海老はデカくてプリプリ、食べ応えもグンバツ@死語でして、
DSCN2675.jpg
POPのとおりにゴロゴロ入っとるんで、大満足以上のモンが有りますろも。




でも・・・この玉子は申し訳無ぇけんど、戴けませぬ 
DSCN2683.jpg
コヨリをふやかした様な、ゴワついた変な硬さがあって海老とはミスマッチ。

別にコレを入れなくても・・・入れるんなら玉ねぎみとんので充分だと思うんだけどなぁ 







それよりナニより、この海老チリの餡・・・・人それぞれ好みは有るんでしょうけど。
DSCN2679.jpg
甘いっ!

オイラも特別甘いのが駄目ってコトは無ぇんですけど、すんげぇ攻撃的な甘さ。



チクロでも入ってるんじゃないか? と思うくらいの甘さの後から、ピリッとしたモンが

来るんですろも、甘さの大波が全部飲み込んでしまう。 そんな感じでゴザイマス 





後半になって、七味を掛けて辛味パワーをアップさせてみたら
DSCN2708.jpg
ある程度、甘さは緩和できましたろも・・・ショセン、ある程度。



大盛ご飯にしたからナントカ食べ切ることが出来た様なもので。
DSCN2698.jpg
コレ・・・普通盛りでお替り出来ん店だったら・・・・地獄ですぞぉ。

とってもオイラは この海老チリ ”だけ” を食べ切る自信は有りませぬ 










もう少し・・・いや、もっと甘みを抑えて。

辛さは万人向けならこんげなモンだけど、トマトとかの酸味をもう少しアップしたら

町場の中華料理店のより全然うまい海老チリになるんじゃ無ぇろっか。



まぁビンボー舌なんで当たってるかどうかは判らんけど、でもこれで730円、

値段 ”だけ” は、破格モンだと思いますぜ 












ご馳走様。















お食事 弁天  ~タラコスパゲティ~




ねぇ 父さん、 スパゲティに、おにぎりって....



ああ、付くのもあるだろう...よ。






でも父さん、ナポリタンには付かなくて、タラコには付くんだよ。






え?










DSCN2347cut.jpg

てな事で、今回はお握り付きの 「タラコスパゲティ」 を食べに行ってきましたよ。

あ、モチロン上の三文芝居は、フィクション大魔王でゴザイマスから 






トコロは長岡市下々条3-1431-4 旧国道、今は県道498号沿いの「お食事 弁天」に。
DSCN2333.jpg
赤い三角屋根が特徴的な、昔っからの食堂です 



ちなみにね、食べログには10時開店となってるんですが、

11時ちょい前? 10時50分くらいかな? に行きましたんデスよ。
DSCN2324.jpg
DSCN2328.jpg
ホゥしたら、まだ「Close」の看板が出てまして・・・11時からになったみてぇです。







ぐるっと回って時間潰して・・・ガソリン代、返せぇ  

と、言ったとか言わないとかは痴呆ジジィの戯言です。
DSCN2350.jpg
ホールのオカァさんに注文して、年季の入った店内で待つ事暫し・・・。



そー言えば、スパゲティの類ってぇのは店で食った記憶が無いな 

でも、タラコスパ自体はインスタントのソースで経験済みらっけ、まっイイか。





おっ、来た来た 「タラコスパゲティ(おにぎり付き)」750円の登場デス 
DSCN2365.jpg
予想をしてたけど、イメージとあんまり違わんお姿ですな。

でも、脇に乗っかってる三角お握りは・・・やっぱ変らね。





ホンじゃ まずはスパゲティをば。
DSCN2384.jpg
刻み海苔たっぷり タラコもタップリのスパゲティに、アルデンテな食感は皆無 



昔懐かしソフト麺 の様なスパゲティの味付けはバターが基本。そこに

塩っぱいタラコの風味が絡んで、味自体は食が進みますぜ 



ただね、続けてワシワシと食べるとスパげ・・・う~~んココは”麺”と呼んじゃおか。
DSCN2383.jpg
麺同士はくっ付きこそしないけど、喉に引っ掛かって。モソモソとした食感がかなりキツくて
DSCN2373blog.jpg
食べてて毎度まいど飲み込み辛い・・・生野菜の瑞々しさがホントに有り難かったデス。






それからもう一個のポイント、お握りですが
DSCN2378blog.jpg
表面に塩も付かない白結びと言うのかな、でもそれだけにコメの旨さが際立っている様で。
DSCN2389blog.jpg
新米でも無さそうらけど、コメ本来の甘みと旨味が ブン と溢れ出て来きまして、よく言われる

『ご飯でご飯が食える』ってくらいの美味さ。



中を割ると、これまたタラコがこんにちわ。
DSCN2392.jpg
タラコの塩気にコメの甘さが相まってね、スパゲティとどちらが主役か判らんくなります 










家で作っても冷食を食べても、最近はあまり経験のないソフトなスパゲティ。



スパ+お握りは、炭水化物×2で血糖値も菅政権の支持率なみに急上昇@皮肉しそうですな。



それでも味は良かったし、ボリュームもまずまず 不満はゴザラン。

ただ、弁天でこの価格は?  この価格ならスープは付けて欲しいと思ふ、ソフト麺。












ご馳走様。













READ MORE

ひゃくてん  ~モツ煮定食~





クリームシチューにおでん、越後の郷土料理の「のっぺ」も含まれるかな。



”ご飯のおかずになり得るか成らないか。”






他にも有るかも知んねけんど、

呑み助の定番ツマミである「モツ煮」も、そのひとつですよね 






オイラはご飯のおかずになる。 

と言うタチなので、今回は定食として食べに来ました。
DSCN2230.jpg
「ひゃくてん」 見附市上新田町521-38



11時半からの営業なんで腹っぺらしにはチョイと残念なんですが

からまで幅広く利用できる便利な店です  






毎度毎度のカウンター席から厨房へ向かって 

平日11時半過ぎ、ドヤドヤと客が入ってくる中、暫らく待ってますと
DSCN2266.jpg
「モツ煮定食」825円の登場で・・・あ、言い忘れてた、コレは平日限定なのでご注意を。



それにしても刺身でも盛り付けしそうな、船盛り型の器とはまた酔狂な 
DSCN2286.jpg
形は酔狂でもボリュームはたっぷりですな、じゃぁその味は? 楽しみデス。




まずはデカい椀の味噌汁を。 

モツ煮が味噌仕立てなんで、同じ味噌を使ったコチラを比較対象に味見っス 
DSCN2272.jpg
スッキリとした・・・・うん、奇をてらう事のない普通の味噌汁デスな。 

食前の口を潤し、料理と料理の間に飲んでリフレッシュしてくれる、名バイプレイヤー。






そこにモツ煮を。
DSCN2293.jpg
入っているのはフワフワの豚モツに、トロトロ柔らかい大根、少々の人参にコンニャク。

豆腐が入っていなかったのは残念・・・てか、これだと豆腐が死んじまうか。



というのもね、ひんでぇ良く煮込まれてましてね。 毎日仕込むフレッシュな、

と云うよりは、継ぎ足して煮込み続けるような、具材の味・旨味がじっくりと出ているスープ。



ベタ煮って郷土料理ですかね? アレは酒かすでトロミが有るけど、

あんな風にトロンとしていましてね、酒のアテとしても充分存在を保ってるし、

メシのおかず・・・そのまま食べても、
DSCN2311.jpg
こんな↑事をしても全然違和感がないっちゅうか、ぶっちゃけコレが一番ウマいッス。

ベタ煮画像リンク https://www.bing.com/images/search?q=%e3%81%b9%e3%81%9f%e7%85%ae+%e6%96%b0%e6%bd%9f&qpvt=%e3%83%99%e3%82%bf%e7%85%ae%e3%80%80%e6%96%b0%e6%bd%9f&form=IGRE&first=1&scenario=ImageBasicHover



ご飯のおかずとしての”モツ煮”改めて定食として食ってみて、オイラは充分アリと 

まぁモツ煮だけじゃなく、副菜の蕗の醤油煮なども良い味してまして。
DSCN2279cut.jpg
シャキシャキと気持ちの良い歯触りと、キャラブキほどは塩っぱくない味付けは

味噌汁やモツ煮の味噌一辺倒の口の中をリフレッシュしてくれました 









食べる前はモツ煮だけだと物足りないか?などと思ってましたけど、

全然そんな事も無く、綺麗に完食。
DSCN2319.jpg
定食を頼むと飲めるサービスコーヒーを戴いて、満足マンゾクのお昼と成りました 












あー美味しかった、ご馳走様。














中華大吉 今朝白店  ~ラーメン~




『久ぁ~しぶりに、大吉のあっさりしたラーメンが食いてぇな。』



そう思ってたトコロに、『たしかラーメンラリーに載って・・・』
DSCN2085.jpg
そんなこんなでkomachiのラーメンスタンプラリー3軒目は

長岡市今朝白1-6-14 「中華大吉 今朝白店」と成りました 



間引いたカウンターに5席、テーブル席が3組程になるろっかね、
DSCN2022.jpg
栄吉、青桐。 狭すぎもせず 広すぎもしない店内は、昔っから店主が代われど

同じ業態として変遷を重ねてきたからでしょうか、納まりの良い雰囲気です 








さて、オーダーしたラーメンが出来上がって来ましたよ。
DSCN2034.jpg
「ラーメン 塩」750円デス。 あ、ラーパスで煮玉子を一つ追加しとりますよ


ココんチのメニューは基本的にシンプルなモノ。
DSCN2019.jpg
ラーメンの醤油と塩、それのチャーシューとつけめん。
DSCN2015.jpg
ほかにスペシャルメニューみとんのも有りますが、

取りあえずはあまり目移りする事は無いと思いますデス 






でも・・・前回来たのが1年前だから10月の 増税前デスか。

当時は680円だったのが750円、70円アップは仕方ない・・・なんだけど。



”750”という数字を見据えると、チッと身構えてしまうのはオイラだけでしょうかねぇ 








気を取り直してラーメン@塩を戴きま~す 
DSCN2041.jpg
昨今の若い店主が作るラーメンとしては奇をてらわない、実にオーソドックスなビジュアル。



まずは、コレが飲みたくてやって来たと云っても過言じゃないスープから。
DSCN2057.jpg
透明感のある好いスープでしょ?   ドンと前に出て来る様な出汁じゃないけど

しっかりとした動物系(鶏らと思うろも・・・)が効いた円やかな塩味スープは、

グビグビグビグビと麺とかチャーシューなんか無視して飲んじまう始末でして 



スープ自体はスッキリとしているんですろも、薄っすらと覆っているゴマ油。

気が付きゃ口の巡ぐらはオイリー感たっぷりなんで、ご注意してクンナセね 





ほいから麺。 ぶっちゃけよく口にする一般的な、少し軟めの中細麺ですろもね。



本店と言って良いのかな、殿町の大吉だと4玉5玉は平気で入っていると言うウワサですが、

今朝白店も、まぁそこまでは多くないろも、2玉近くは入っていると思う麺量で。
DSCN2075cut.jpg
これは撮影でワシっと持ち上げた画ですが

コレとおんなじ量をガッツリ啜っても、そうそう減るモンでなく 

マジで、小食の人はギブするかも知んねぇです 




そんでね、ずっとね気になってたんだけど、大盛り。 ←トートツでスンマセンね 

この店がオープンして初めて行った時なんですろも、他のお客さんが『大盛り』って

言ってたんですがね、当時の店員が『4玉(3玉だったかも)有りますよ」って言ってたのが

ウマシカ・・・いんやトラウマになって、ずっと普通盛りで通してたんです・・・。



それが今回、あとから来た隣の客が大盛り頼んでて、帰りにチラッと見たら

ドンブリはデカかったけど、そんげに多そうも無かったっけに、次は・・・

次はチャーシューメン大に挑戦しようかな? なんてね






トッピングはホウレン草にメンマ、チャーシュー。 煮玉子はオマケですから 

で、チャーシューなんですが、肉の部位としては肩ロースに当たるのかな、
DSCN2068.jpg
あまり好きじゃないレアチャーシューに、熱が入り過ぎたような

グニュっとした食感なのですろも、全体的・均一に醤油の味が緩やかにションでいて

『こりゃ好いワイ』 と、逆に思っちまったほど 



その代わり残念らったのはメンマと、おまけに付けた煮玉子。 やたら塩っぱくて
DSCN2080cut.jpg
特に煮玉子なんか、黄身の芯まで味が浸み込んでいるのはイイんだけど、

それがまた塩の塊を食っているような程の塩っぱさだったんデス  



まぁサービス品だったし、これだけが突出してたかも知んねぇですけど、

次回は無理して付けなくても良いかな? そう思ふ今日この頃でした。










配膳された時にバイトのお兄ちゃんかなぁ、『薄かったり濃かったりしたら言って下さいね』

たどたどしいっちゅうか、初々しい喋りで説明されたスープの味。



確かに一口目は薄いなと感じるんですろも、二口三口と飲み進めると

出汁と塩の旨味が口のなかに広がって来ます。



夢中で麺やスープを頬張ってると、厨房脇からご店主がヒョイと顔を覗かせ
DSCN2031.jpg
『塩加減、いかがですかぁ?』と、声を掛けて来てくれました。



その後に食った煮玉子の塩辛さに 『こっちも薄めてくれよ』と皮肉りたくなったろも

こういった細かい気配りは嬉しいものですね。











美味しかった、ご馳走様。













最近の悩み事

この記事はブロとものみ閲覧できます

日清UFO 餡かけ焼きそば




おっ! お湯を切らないカップ焼きそば 見ぃ~っけ 
DSCN2108.jpg
久しぶりに見たなー。 昔 一度食ったけど、あれも日清のU.F.O.らったなぁ・・・
DSCN3098blogold.jpg 
↑ クリックすると、この記事に飛びますぞ






で、今回のU.F.O.は”肉あんかけ焼きそば”と言いまして、

ドッチかって言いますと、和風なジャンルに含まれましょうか。
DSCN2106.jpg
日清焼きそば U.F.O. 「黒胡椒 肉あんかけ焼きそば」。

今回はいつものプラント5ではなくスーパーマルイ見附店、価格は税別で118円デシタ。






パッケージを外すと中蓋に有るはずの、いつもの湯切り穴は塞がってますな。
DSCN2142blog.jpg
その中蓋を半分はぐり、中に入っていたのは、丸ぁるい揚げ麺と二つのスープ、
DSCN2144.jpg
DSCN2162cut.jpg
それにかやくは・・・キャベツと謎肉、あれ? 肉は2種類だったんかぁ 






謎肉が2種類だったとは全然気が付かないおバカなオイラ、

説明書きのままにお湯を規定量入れまして、待つこと5分 
DSCN2170.jpg
汁アリのカップ麺らば普通の光景なんですろも、焼きそばっちゅう観念が有ると

お湯でチャプチャプした麺は、ナニか変な風景に見えますなぁ。



そこにトロミスープをいれて、混ぜマゼ・・・・
DSCN2175.jpg
DSCN2191.jpg
この時点では意外とシャバシャバとして、トロミはあんまし無い感じでしたよ。





続けて粉末スープを投入、グリグリかき回して完成です。

それでも、まだこの写真を撮る前はトロミというか、粘度・手応えは無かったんスけどね。
DSCN2209.jpg
しかし あんまりパッとしない色味。 美味そうには見えないデスなぁ 




そうやって時間が少し経ったせいでしょうね、麺を手繰り上げてみますと

結構トロンとしたものを感じてきましたぞ。
DSCN2219.jpg
このまま啜ってみますれば、ジュルズルっとトロ~ミィな口当たりと

少しのピリッとしたものが潜んどりました。



お味自体は黒胡椒で少しエスニック感は有りますが、柔らかな和の風味。

ただ、なんで5分も茹でるんだろ? 

フニャフニャのデロデロっとしたもので・・・あ、トロンとしている和風餡に合ってるか 






ボリュームもね、餡のお陰か意外と良いんですよ。 あ、ベルマークだ!今でも残ってるんですねぇ
DSCN2118blog.jpg
545kcalの熱量は焼きそばとしては低い方になりますが、

長い時間 たっぷりと水分を含んだ事と、餡として残った水分も摂る事で

食べ終えるとズシっと、胃ブクロに塊が鎮座してるのを確認できるのでゴザイマスよ。



もっとも、腹持ちは?って言われると、まぁそんげでも無ぇか・・・ですね 






5分の茹で時間は、麺には長すぎるような気がしまするが、

こと、謎肉にはすこぶる具合がヨロシイようで。
DSCN2212.jpg
3分の茹で時間・・・例えばカップヌードルらとまだ芯までお湯が浸透してなくて

カリッと硬い感じが残る事が有りますやん 



5分も茹でてますとね、それが解消されてフワッと、

でも、ある程度の弾力が残って実に好い塩梅ナンデス 



その代りっちゃぁアレですが、キャベツの方は麺同様にフニャッとしてるのが難点かな 










久しぶりに食った、汁有りのカップ麺とも、汁なしの焼きそばとも違う餡かけ麺。



次はあるか?

そう聞かれますると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無ぇ かな 



汁有りのラーメンでトロンとしたスープは許容範囲なんですが、基本あんまし餡かけ麺を

食わない所為ですかね?餡の絡みは確かに面白いんですろも、なぁ~んかドッチつかず。



こんな風に後でトロミを付けるんじゃなくて、レトルトの餡を上から掛けるタイプの方が

麺の茹で時間も自由に出来るし、良いんじゃないかな?などとホザく次第で・・・アリマス。












ご馳走様。














READ MORE

定食専門 まるか食堂  ~唐揚げハンバーグ~






まずはお詫びを。



何時も朝の5時にアップしとりますが、ナニブン昨日の事と、

異常に写真が多くなって、アップの時刻が遅くなりました。



もォ~てが無くて(不器用で)ゴメンナサイ。

と、まぁ・・・一応言い訳したんで、行ってみよ~ 










塩ラーメンに唐揚、カレーライスのセットなど、

ニューウェイブとも言えるスタイルで営業していた「哲ちゃん」→「らーめん関哲」。



それが、またまたリニューアルしたと聞きまして早速行って参りましたよ 
DSCN2403.jpg
店名は「定食専門 まるか食堂」



場所はモチロン今までと変わらない 三条市福島新田丁617-1でゴザイマス。

昔の「尾瀬」「笹舟」が営業してた場所。 って言った方が通りが良いっスかね?




リニューアルのデザインがド派手・・・てかバッタモン臭いwww外観の建物に入ると、

関哲時代とは全然違う、これまたド派手な券売機がお出ましで。
DSCN2410.jpg
今回は予習無しの全くの初見、何が何やら判らんままに左上の法則に則って

はい、ポチっとな 






派手な外観と違って店内は以前と変わらず・・・と思ったけど万国旗?
DSCN2420.jpg
坂本九が歌う「明日があるさ」を始めとした昭和歌謡が流れる店内。

妙な落ち着きの無さの中で、いつも座ってたカウンター席で待ってますと
DSCN2440.jpg
今回はお初と言いう事で、奮発して・・・「唐揚げ+ハンバーグ」1180円でゴザイマス。

てか、目玉焼きは予定外、嬉しい誤算ですなぁ 



しかし、ご飯・・・茶碗、ちっちゃくね?
DSCN2446.jpg
そう思いましたろも、ちゃんとお替りは出来るようで電子ジャーが控えておりますぞ。
DSCN2434.jpg
↑メタロン星人だっけ?・・・・・あ、メトロン星人か(^^;



ホンじゃ各料理を、ごショーカイ 
DSCN2456.jpg



まずは、ここんチの目玉・・・あ、目玉焼きでなく、親の方の唐揚げです。
DSCN2461.jpg
DSCN2474.jpg
カリッかりの衣と、衣の下にヨロイ・・・って言っても好いな、ジューシーな鶏モモ肉。



ヨロイって言っちゃったのはスゲぇ熱さ。

もはや殺傷能力を持ってると言うしかないレベルで、2つも食べれば

口ん中はベロベロの皮むけ状態になりかねませんぜ 




唐揚げに掛かっているのは、これまた店オリジナルの甘~いソース。
DSCN2432.jpg
正直言って、オイラはあんまり好みじゃ無いんですよ、このソースは 




プレーンな鶏本来の旨味とカリカリの心地よい食感の衣、

コレはシンプルに塩コショウとか、軽く七味を付けて戴く方が似合ってる・・・・

好みは千差万別ですからね、一概には言えねぇけんどさ。








フチがカリカリ・・・これがまた芳ばしくて好いんですよ。
DSCN2463.jpg
この目玉焼きの下に鎮座している菅原洋一、あ、違ごたハンバーグ(若けぇのは知らんだろ?)
DSCN2465.jpg
意外な大判さにビックリしたろも、どことなくレトルトチックな印象もありますな。

でもね、薄く平板ながら中身は?合挽かどうかは判らんろも、ミート100%。
DSCN2473.jpg
”割と”ジューシーさなども存在しとりまして、なかなかの食べ応え肉応えっス。



ただ、コチラも甘めなんですね、肉はともかくソースが。

デミグラス系なんですけど、お子ちゃま向けと言っても良いかな?


甘々じゃないんだけど、肉の味が全然しないっちゅうか、マヒしちまうんです。




逆にコレを目玉焼きに活用すると、これまたバッカ相性が良かったりして(笑)

全体的に甘め・・・・今回食ったワンプレート・ざ・トリオの印象でした 






唐揚にハンバーグ、目玉焼き・・・それに小鉢がもう2品。
DSCN2451.jpg
DSCN2449.jpg
さすがに、コレだけのボリュームに対して、こんな少ないご飯じゃ力不足 
DSCN2484cut.jpg
控えめなオイラも、もう一杯っス 



それでもご飯は足りなくて、もう一杯お替りしようか悩みましたが

齢60の羞恥心が勝りまして、今回はおツモリと致しましょう 










全体的に甘々だった今回の唐揚げ+ハンバーグ定食ですが。



他にも色々と取り揃っておりますのでね、このメニューだけで判断するのは早計ですな。

次回はやっぱりラーメン定食?それとも生姜焼き?



関哲のオーナーさん、また来ますんで

度々業態を変えるのは少し遠慮して貰えませぬか? 












ご馳走様。

















プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR