FC2ブログ

10万円の使い道。




給付金申請書を郵送して2週間は経ったかな?



皆さん一斉に申し込むんだから、とーぶん振り込まれることは無いと思うんだけど、

それを見越しての使い道・・・



7月にMOVEの車検がありますが...。

これは家計に織り込み済みだから良いんだけんど、今履いてるタイヤがね。



まだスタッドレスを履いていて...

うん、履き潰し中なんで、今冬には新品に買い替え予定っス。
DSCN6189.jpg
ソレと同じく、サマータイヤもスリップサインまで1ミリも無いトコに来てるんで
DSCN6194.jpg
コチラを先に替えんばなんねぇんです。(それもあってスタッドレスを履き潰してるんだけど)






さて、件の10万円の使い道だけど、そのサマータイヤの交換に使おうかなと思ってまして。


車検時にディーラーで入れ替える・・・って見積もり出してもらうと

トーヨーだったかな?総額4.6万円。


安売のタイヤショップの見積もりはBSで4.2万円なんで・・・安売り店の勝ち!

一瞬決めかけたんだろも     



でね、思い出したんですよ。

一昨年あたりから、かなり減っていたのは判っていたんで、

同サイズのタイヤで替えるのも良いけど、インチアップも好いかなって。 






その時は、『お金もタイヤも勿体ない!』に落ち着いたんだけど、

改めて調べてみますると・・・・
rakutenn Blog
これは一例らけど、ディーラーはもちろんのこと、

安売りタイヤショップとあんまし変わらん値段でインチアップ出来ますな。






実際買う時は良ぉ~く調べてからになるけど、10万円の半分はコレで決まりらな 



もっとも、タイヤの溝がまだ残っているんで履き替えはもうチョッと先のハナシ。

替えたらその姿をアップしてみますね 









スポンサーサイト



たまには家メシでも。





『いっつもいつも外食バッカらねっか』

そんな声も聞こえようかと(空耳かな? え?老人性難聴?)



ま、まぁ否定はしねん(しない)ですけんど、

そんなオイラでも家で、おかずを作る事も有るんですよ。






DSCN6042.jpg
え~、ホンジツの家メシはこんな、ザ・家庭料理。

こんな感じで、オイラが作るのは、だいたい和食系が多いですね。



ドリアだとか、なんちゃらムニエルなど洋食の類は・・・

それ自体あんまし食った事が無ぇんで   作ってみてぇんだろもさ 




今回のテーマは人参。

しかも(随分)前から冷蔵庫で寝ていた人参なんですが、

伸びてきた葉っぱが腐るくらい・・・可食部の方はそれ程傷んでなかったんで、

『コリャ早めにショウヤク(片付ける)しんばんな』と、重いぜい肉・・・

違ご、コシを上げた訳ですわ。






まずは肉じゃがらけど、用意したのはグラム98円のカナダ産豚バラと新じゃが、

それに新タマネギに新・・・あ、”し”はつくけどシラタキか 
DSCN6020.jpg
作り方は至ってフツーらろも、ポイントは豚バラを下茹でする事かな?

こうする事によって愛息・天の分も取れるし、何より冷やしても脂が固化しない。
DSCN6020cut2.jpg
これ、ポイントですよ 

独り住まいらと、どーしても一日じゃ食べ切んねんで、残りは冷蔵庫行き。

脂が有るとベッタリとラードが付いてしまいますからね。





それからこれはイツゾヤにも話題にしたオカラでございます。
DSCN6024.jpg
結構前に料理に使ったオカラの残りを解凍して・・・全部なんて使い切れませんモン。



ソレを炒って、ヒジキと人参・使い残しのシラタキに

紅ショウガの練り物を投入してみましたぁ 



そうそう、この紅ショウガ。
DSCN6024cut.jpg
プラントで88円位らったかな?美味んめすけ、また買って来んばらな 






最後は炊き込みご飯ですが、サンマ蒲焼缶を使ってみました。
DSCN6025.jpg
ぶっちゃけ、肉じゃがとオカラは前日に作ったモンなんですよ。



んで、『次の日も、同じ白メシにコレのラインナップは嫌らナァ』と、

炊込みご飯を画策してたんですが、『そーいや、しかも前に買ってたサンマ缶が・・・』

ハイ、これもしょうやく候補で登場ナンデス。



使っている材料はサンマ缶全量と、もちろん人参。

それにヒジキを加えて、後は味の調整に麺つゆ・酒&みりんに臭み消しで生姜を少々です。



ご飯は・・・今回は2合炊きましたが、サンマひと缶だと2合で丁度好さそうですな 




あとはインスタントの味噌汁に乾燥具材と長ネギ、漬物の方は浅漬けの粉末で。



肉じゃがはともかく、オカラは何処か野暮ったいイメージが有るので、

あんまり作るショは居ないかも知れませんろも、栄養抜群なんで積極的に食べてみては?











READ MORE

ゆかり  ~オムライス~



年がら年中ヒマなプータロー爺のオイラでも、たまには用事ってものが出来ましてね、

午後は忙しい・・・と、なれば市内でブランチでも洒落込もうかと。
DSCN5949.jpg
見附市本町2-7-20で食堂を営んでいる、「味の店 ゆかり」。

ブランチとはほぼ縁遠い、シブ~い外観ですが、さてその店内は・・・・・






入店したのは午前11時。 あれ?


ブランチなれば、10時ごろと勇んで行ってみますれば、「準備中」の看板が。

ち、ヤられたぜ、詐欺ログめぇ・・・・10時開店なんてウソのコケやんけ 



結局、普段どおりの時間で入店しますると
DSCN5955.jpg
あの外観と同じく、昭和モダン香る店内が待って居るんでゴザイマス。






小柄な歳のいった女将さんに注文し、待つこと10分チョッとかな? 

 1時間も予定を狂わされた腹っぺらしには、かなり長く感じられる中、
DSCN5983.jpg
「オムライス」900円の登場でアリマスです。

ん~~~タダシイ...実に正しいビジュアルでんなぁ 






掛かっているのはケチャップ? いんや、どうやらデミグラスソースみとらろも 
DSCN6004.jpg
酸味が有ってケチャップソースにも感じらんるし、ん~~・・・・

うん、デミとケチャップのハイブリッドソースって事にしておこう 






今風のトロトロふわりのオムライスとは一線を画した、昔ながらの玉子の布団。
DSCN6010up.jpg
肉厚で、かっちりと表面は焼き上げられていますけど、

ケチャップライス側の裏面は、トロリと半熟ゾーンが残っておりますの。



その玉子の甘さと、酸味のあるケチャップライスのコントラストがね、

また嬉しかったりするんですよ 





んで、クダンのケチャップライスですけんど、シャリっとした食感が

小気味好いタマネギと、クニュっと頼りない歯応えの・・・薄切りの豚かな?
DSCN6014.jpg
それだけらと思ってたんですが、こうやってアップして見てみると、緑色んの・・・

ピーマンも入っているようで。



もしかすると他にも入っていたのかも知れませぬなぁ 






ボリュームに関しちゃ、もうコレですからね。
DSCN5993.jpg
店名が消えかけているほど使い込まれた皿、そこに鎮座するデカいオムライス。



早食いなんで、食べた当初は満腹中枢が『足んねぇな』などとホザいていたんですが、

時間が経つにつれて胃の中で膨らんで、ずっと満腹状態でしたよ。






それと忘れちゃいけねぇのがこのスープ。
DSCN5988.jpg
いわゆるラーメンスープなんですが、ちょっと濃いめの味のオムライスを

フォローするかのように少々薄めに味付けされているようです。



このスープの味がまた良くてね、以前食べた「ラーメンセット」の味を思い出しました。

あ....またあのラーメンセットを食いに来たくなったぞぉ 









店に入ったのは最初に書いたとおり、11時をほんの少し回ったくらい。



入店客は終始オイラ一人で、最初は『大丈夫らかや?』と心配するほどだったんですが、

オイラが食事をし、滞在していた時間・・・そうらね、20分?25分くらいでしょうかね。



その間に掛かってくる電話が、もうすでに4~5件。

引っ切り無しッて程じゃ無いですが、お昼前のわずかな時間に

それだけの注文が有りましたからね、こりゃ要らん心配だったと(笑)



お勘定をして車に乗り込むオイラの目の前を、ヴィ~~んと配達に出発して行くご主人。

『また食いに来ますの~ 










あー美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

らーめん三昇  ~炒飯~




長岡市坪根777の「らーめん三昇」。
DSCN5880.jpg
ここら辺は「大口レンコン」と呼ばれる、色白のレンコンの有名な産地となっていて
DSCN5943.jpg
国道8号の脇一面はレンコン田んぼが広がっているんですよ。






グルメとは全く関係なく・・・も無いか、レンコンだし。



たまには産業案内的なモノも書いておこうかと思いましてね。

いつもいつも食いモノだけじゃ、食い意地が張ってるってモノですから 






ソンじゃ産業案内もしたことらし、中へ入りましょう...と、店内の様子。
DSCN5888.jpg
厨房に面したカウンター席と、それを背にした1人掛け、

奥には小上がりと、ちょっと面白い作りなんスね。





手元にあるメニュー表を見て、店員に注文しましての暫らく待ちますけんど 
DSCN5884.jpg
それにしても高くなったなぁ・・・4桁がこんげイッペ有るメニューも初めてらかも 




ジャッジャッジャ・・・・・店員しかいない店内に響く、リズミカルな音が止むと
DSCN5903.jpg
「ちゃーしゅーゴロゴロ炒飯」750円の登場でゴザイマス。 しかし・・・スープの皿、要るかぁ?



まずは口濡らしにスープを・・・
DSCN5916.jpg
おっ、普通チャーハンのスープと言うと醤油味なんだろも、これは塩かぁ 

ただね、ちっと塩ッパすぎ・・・と言うよりか、尖った塩が口ん中を刺す様な感じらな。



塩ラーメンに酢で味変した事が有るんで、同じように酢を・・・ソレとラー油も。

うん、コレらばまぁ良くなったかな。

酢の酸っぱみが上手く塩の尖りを包み込んでくれて、ラー油のゴマの風味が円やかに。



だろも基本的に塩っぺぇのは否めなくて、チャーハンは水入らずで食われたろも

コイツは水をガバガバ飲んじまうぅぅ   食べる時は覚悟してクンナセの 






『塩スープとは違って、それ程塩っぱくねい』 みたいな感じで書きましたろも。
DSCN5912.jpg
味付け自体は準パーフェクトかな? 



塩けは大人しいけど、化学調味料と粗挽き胡椒がバッチシ効いて

ジャンキーな味大好きニンゲンのオイラにはビッタシ 



ただ炒め具合がね、レンゲを刺すとポロポロと崩れるほどパラパラチャーハンなんだけど

そのパラパラご飯が炒まり過ぎって言うか、ジューシーさに欠けましての。



炒め油のラードの香り芳ばし焼きめしは、冷凍ご飯で作ったような

ポクポクとした食感なんでした 




具材はね、実にシンプル。
DSCN5922.jpg
『ゴロゴロというにはチっと小せぇ』と、オイラは思ふチャーシューでは有りますが、

その名のとおり、ドコをほじくっても角切りのチャーシューが出て来とります 



他は炒飯なら必修科目の玉子、これも炒りすぎらな...そこに長葱だけのシンプルイズベスト。

種類はシンプルらろも、チャーハンのボリュームは結構ありましてね。
DSCN5936.jpg
あの「喜味屋」とか「東華飯店」のとは比ぶべくもないですが、

コレを一皿食えば、あとはもう・・・。










ココんチのサイドメニューである餃子もデッカい事で有名で、

『5個のフルサイズは無理でも3個はイケるかな?』と一瞬だけ思いましたろも。。。



止めた自分を大いに褒めたいと、食後に思ったのでアリましたぁ 










美味しかった、ご馳走様。













らーめん原宿  ~味噌野菜たっぷりラーメン~





緊急事態宣言が解除になって、皆さん浮かれポンつくにならんばイイけんど・・・・

と思いつつ、浮かれポンつくの 申し子 申し爺であるオイラはイソイソと、

朝ラーが出来る、「らーめん原宿」を訪れるのデシタ 
DSCN5806.jpg
原宿とは言っても東京都渋谷区では無くて、三条市大島4261-1に位置しとりましての。

国道8号沿いで朝9時からの営業なので、直ぐ判りまするな 







なにゆえ新潟県三条市で、”原宿” なのか・・・

それはね、社長の名字が「原」で、お客にゆっくりして貰いたいと言う事で

「宿(やど)」をくっつけて原宿になったそうですわ。



詳しくは原宿のHPを見てクンナセや   リンク: らーめん原宿HP






朝9時オープン直後の店内は、こんげな感じで、

当たり前ですが、お客は人っ子ひとり居ませぬな  
DSCN5839.jpg
綺麗な店内、老舗のラーメン店としては意外にもオサレなアップテンポの

ジャズピアノ曲なんか流れたりしてます。



さすがに朝イチらと食べ終っても、お客はオイラ一人。

中国コロナ対策としては良さそうですが、こと営業的にはちょっとね・・・・ 






さて、そんげな事を想いふけっておりますれば

もう「味噌野菜たっぷりラーメン」870円が出来上がりましたデスよ。
DSCN5849.jpg
なんか久しぶりらナァ・・・味噌ラーメンって。

ここんところアッサリもコッテリも醤油味のラーメンばかりでしたからねぇ 



そんなもんで味噌ラーメン・・・それも野菜をイッペ食いたくて、

ココを思い出したんですが、原宿と云えば味噌。 と言っても過言は無いんすよ。
DSCN5821.jpg
ほれ、券売機もいっちゃん上は味噌がずら~っと並んどります 







と言う事で、まずは野菜から。
DSCN5853.jpg
『そこは味噌スープだろぉ 』と言われかねんけんど、野菜が食いたいんだもぉ~ん。



細かい挽肉が点在の、炒め煮された野菜は量もらけど種類も豊富。
DSCN5867.jpg
白菜にモヤシ、タマネギと人参にキクラゲ・ピーマン。 

それに竹の子まで入ってりゃ、八宝菜の具と言ってみてもいいかも 



量に関しちゃ、一日の必要分は軽く超えてんじゃねぇかな?

こー見えて野菜は好きなんで全然苦にはしないけど、コレだけでも満腹になりそうっス 






これだけ野菜が多いと麺・・・・・

ほぉ~ら、野菜が絡んで麺だけ持ち上げらんねぇ程だもんね(笑)
DSCN5870.jpg
昔っからの店らしく、軟めの麺だろも食堂んのに慣れたせいですかね、

あんまし気にならん無くなったかな。



量はどうらろ?野菜が多いんでハッキリは判らんですろも

一般的な店よか少し多いような気がしましたよ。



でもそれは野菜が多いせいかもデスんで、ボリュームアップがご所望でしたら

50円増しの大盛りがモアベターらかも知んねぇっすね。






最後は原宿の”顔”とも言える味噌スープなんだろも...。
DSCN5863cut.jpg
一口飲んでみた瞬間、『薄すっ!弱わっ!』って。



極端に薄いって訳じゃなく、三口・四口飲んでくると段々これで良くなってきまして、

そんな折に思い出したのが、カウンター席の目の前にあったPOP。
DSCN5830.jpg
云わば「東横」など濃厚味噌と云われる味の”引いて味を作る”じゃなく

”足して味を組み立てる”方式の様ですね。



『だから中華風味噌汁みてぇな軽い味付けなんだナ 』と、納得デス。

追加味噌とニンニクを所望しても良かったんですろも、そこまで書かれりゃね...。














DSCN5878.jpg
このまま何も足さずにキレイに完食しちまいましょう 



でも次回は追いニンニク&追加味噌らな(笑)










美味しかった、ご馳走様。










春野屋食堂





連ジツの次兄家の手伝い、今日も滞りなく終わらせまして昼飯は・・・・・・。
DSCN5735.jpg
長岡市宮内7の「春野屋食堂」をストーキングで...おま 
こういった出だし、ワンパターンらな・・・・






前々から”長岡 食堂”で検索してて、見つけていたんだろも、

『まぁ食堂だし、そう急ぐことも無ぇべ』と、ナカナカ来ることは無かったんです。



でも、意外と有名店なのかな?

11時過ぎに入った一番客であるオイラのあとから、夫婦連れも入って来ましてね。
DSCN5742.jpg
どうやら、その会話からするとオイラと同じく、初訪のショみてぇなんですわ。



初訪が来る=噂になっているって事なんで、『やぁべ、混みあってきたらど~しよ』

なんて思ってたけんど、結局オイラがいるうちに来たのは、その2人だけでした 






そんな小さな心配をよそに、カウンターの向こうの厨房から・・・
DSCN5763.jpg
おずおずとオネーサンが運んで来てくれましたよ。

ハイ、出来ました 「ラーメンセット」900円です。



まずはこの↓メニューボタンの肩で燦然と輝いている?生姜醤油スープから。
DSCN5749cut.jpg
DSCN5777.jpg
『あきゃ!?ヌルいぞい??』 久しぶりに味わったこの温さ。 

それとともに味付け自体も薄くて・・・もう、ゴクゴクと飲めちゃいます 



でも、味自体は好いんですよ。 最初は存在感のなかった生姜の風味も

飲み進めて行くとしっかり現れましてね、食べ終える頃には満足・・・・・できるかも。






願わくばスープの温度&濃さは、この2割り増しくらいにして欲し~なと。

そんなスープの相方でもある細い縮れ麺ですが、こちらも軟わっこいンす 
DSCN5792.jpg
いちおう”自家製麺”と謳われましてね、ボリュームもタップリなんですが、

食堂系で、年寄りにも優しい味を目指しているんでしょう、けっこう軟い。



そう考えるとスープの温さ・薄さも、ゴネンパイの御方の体を気遣っている為? 

と、納得できる次第で 






薄いっちゃぁ、このバラ肉のチャーシューも見事なもの。
DSCN5787.jpg
専門店っぽい、ロール状のチャーシューは、やっぱしこれも薄味で。



でも、しっかり下処理がされているんでしょう、穏やかな醤油味が滲む肉からは

その臭みなど微塵も感じさせませぬ。



肉質も軟らかく...でもトロトロとかじゃなく、しっかり肉の食感も保ってましてね。

サッパリとしてるんで、年寄りんショもチャーシューメンを食べられるんじゃないかな 







それからカレーの方なんだろも、ボリューム的には”ミニ”じゃねぇな。
DSCN5773.jpg
0.7人前くらいは有るでしょうかね、ラーメンもタップリの麺らったけどカレーもね 
なんか「おせちに飽きたらカレーもね」みたいになっちまったな



メニューに蕎麦やうどんもあるけんど、いわゆる”蕎麦屋のカレー”的な味じゃなく

お母さんがつくる家庭の味...うん、そんな味付けっす。



小麦粉でトロミを付けたモッタリとした食感なんだけど、さすがプロですね、
DSCN5798.jpg
そのトロミに、ダマのような嫌なトコロを全く感じさせてないんです。

味付けはスパイシーなんだけど、隠し味のはずの醤油が表にひょっこりはん(古っ!)

そんな醤油が強めでラーメンよりか、塩っぱめなのには麺・・・面食らったけどね。



その塩っぱさはカレーの風味が強くてよく判らんですが、上に掛かっているソースっぽいの。

これが味の濃さに拍車をかけている気がするんですが...。



卓上にソースや醤油が有るんだから、掛けない方が良いんじゃねぇかなぁ 









いろいろ書いちまったけど、全体的なバランスは良いんじゃないかと思いますよ。

かなりボリュームが有るので、ガテン系のショでも満足戴けるだろうしね 
DSCN5795.jpg
これに生野菜のサラダwithポテサラが付いて900円はお得なんじゃないかと 










美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

すき家  ~オニオンサーモン丼~





長岡に住んでる次兄んチでの手伝いの帰り・・・・・普段は見附の外に出ませんからね

って、前々回は三条に行ったじゃぁ~んと云うのはともかく。



『せっかく長岡に来たんだから何か食って帰ろう』と、思うのがビンボー性のサガってもので。






ええ、もちろんこの野暮用は織り込み済みですから...狙ってました
DSCN5703.jpg
この、すき家・新商品の「オニオンサーモン丼」並盛680円をね 



そしてコイツも。
DSCN5698.jpg
愛読させてもらってる「☆浪人ブログ&たまに磯釣り釣行記part2」で、

以前拝見した「あさり汁」190円デス。






まずは・・・べつに血糖値を気にしてる訳じゃ無いんだけど、

真っ白いスライスオニオンから紹介しましょうか。
DSCN5717.jpg
シャリシャリと小気味のいい歯触りの玉ねぎは新玉?

それとも良ぉ~く水に晒してあるのかな、辛みが全然なくて、でも瑞々しい・・・。



サッパリとサラダ感覚でいただけて、わさびマヨとの相性もバッチシですわ 






『ペラッペラなんだろう~なぁ』と、予想してたサーモン。 

そんな浅はかな考えをアッサリ超えて、こ~んなに肉厚で食べ応え抜群です 
DSCN5722.jpg
さすがに冷凍ものなんでしょうね、サーモンの風味はそんげにしませんけんど、

それをわさびマヨがカバーしてるのと、しっかりした食感で不満はございませぬ。






それからもうひとつ。

サーモンの味を助けていたのはわさびマヨだけじゃなく、このご飯もなんですよ。
DSCN5731.jpg
ヘタな寿司屋顔負けの柔らかく酢の利いた酢飯。



不思議なのは、その酢飯が温かいんですよ、ホンノリと。

作り置きなら冷たくなるだろうし、そうかと言って保温しておけば

酢は飛んじまうだろうしね 



それにご飯の硬さも丁度良くてね、ふんわりと軟らかいんデスよ。

こんなに美味い飯なら刻み海苔だけで、サーモン無しでもイケるかもデス 






それからこっちも楽しみにしていたアサリ汁ですが。
DSCN5725.jpg
『もっと お汁を~~~ byげ~て』と叫びたくなるほど

しっかりアサリの出汁が出とりましてね、もちろん身もふっくら軟らかで。



ジャリッと口の中を興醒めにさせる事も無くたっぷり楽しめました。

190円と、ちょい量を比較しゅうとお高めでは有りますが、飲む価値は有ると思いますぜ 










そうらった、全体写真を出してませんでしたの。
DSCN5695.jpg
右側にワサビと醤油チョコが有りますが、無くても全然食べられました。

次食べる時はもしかして使うかもですが...いや使わんかな?



持ち帰りして酒のつまみにするときに醤油を付けるかも・・・そんな位でしょうか。










あー美味しかった、ご馳走様。















READ MORE

みっけセンター  ~おかずのみ弁当~





ここは、いちおう見附のメインストリートになりますか。

本町商店街が有る本町2の交差点角で営業中のセブンイレブン。
DSCN5609.jpg
以前、ここには「見附センタ」という、ココに本店を置いたスーパーマーケットが有ったんです。


最盛期は見附市内に2店舗、お隣の旧栃尾市に1店舗と結構大きかったんですが、

原信やウオロク、マルイなどに押されて閉店してしまいました。



あ、店名はね、見附センタ で良いんです。

なぜか「-」を付けない、語尾を伸ばさないんです 










てっきり、そこが新しく出店みたいなのを出したのかと思っていたのがコレ↓
DSCN5617.jpg
「みっけセンター地元農産物直売所」

よくよく見りゃ ”Mikke” なんで、別モンでしたね(笑)






農産物直売所と言うからには野菜やコメなどが、たぁんと売られていましての。
DSCN5618.jpg
DSCN5629.jpg
DSCN5631.jpg
DSCN5634.jpg
そん中で、こんな弁当も売られているんです。
DSCN5638.jpg






じつはコチラも 「見附テイクアウトマップ」 に載っていまして、
DSCN5636.jpg
持ち帰り用の総菜なども売られているとの事でネ、『こりゃ行かんばら!』 と。






それでは家に持ち帰って、そのお味を堪能しましょうかね 

じゃぁ~~ん。 「割烹 まるご」特製の「おかずのみ弁当」550円でごぜぇやす。
 DSCN5643.jpg
それから右にあるのんは「アサツキ」っちゅう、薬味って言うかツマミってか。


弁当だけじゃ寂しいのと、これだけ包んで100円はベリーリーズナボー \(^o^)/






もぅ辛抱堪らん、いっただっきまーす 
DSCN5652.jpg
以前食べました、「みつけ市場」の日替わり弁当と同じような、魚中心のおかず軍 



総大将は甘塩の焼き鮭に成りますか、後ろには白身魚フライの副官2名もおりますな。
DSCN5654.jpg
その実力は正直申して凡庸なれど、全体を取りまとめるには欠かせぬ存在 






脇を固める肉団子には取りたてて刮目するものは、ござらぬけんど、
DSCN5654a.jpg
キレイに層を織りなす玉子焼き。

甘くジューシーな口当たり・・・美味し甘し・・・・・






細っかいトコロなんだけど、花山大吉・・・あ、オカラね 
※花山大吉については READ ME にて
DSCN5658.jpg
コレもまたザイゴ(田舎)料理風で面白いっすなぁ。



ペコ家の味付けは甘さ控えめ・醤油強めらけど、

オカラ・きらず・卯の花と、その名の様に各家庭によって味わいの違うオカラ。



願わくば、もうちっとイッペ欲しかったかなぁ 










オカズの感想が先になっちまいましたが、全体の布陣はこんな感じで。
DSCN5670.jpg
彩りとビタミンの援軍にトマトとキュウリ、そしてここには有りませんろも、

もちろん、ご飯も 






それから「例のあの人」アサツキですが、皮を剥いて味噌でいただきます。
DSCN5663.jpg
ココに登場したのは約1/3くらいかなぁ...あんまり出しても精が付きすぎますからね(笑)

残りは暑くなってきたことだし、そうめんの薬味や冷酒のアテに使いましょうか。










美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

笹舟 須頃店  ~チャーシューメン~





醤油のクッキリとしたラーメンが食べたいっ!

でも、長岡の生姜が効いたヤツじゃない、普通が至高に感じられるラーメンを...。
DSCN5564.jpg
と、なるとココは外せないトコロですね、三条市上須頃交差点角の

「笹舟 須頃店」に、今回はやって来ました 



あ、もちろんココがメインじゃないですよ、近くのホムセンにきた ついで ですから 
ま~ハッキシ言ってホムセンの方が何倍もヤバいと思うろもさ。







三条市はもとより、市内外に知れ渡った超有名老舗店ですからね、

フツーの時間なら3密は必至なんでゴザイマスが、
DSCN5576.jpg
そこは独身徘徊老人のメリットを生かしまして、こんな人のいない時間帯に訪問デス。
こういう時に11時~19時のアイドルタイム無しの営業は有難いっすなぁ




オネイさんに注文してから↑の写真を撮ったり、麺茹での見事な所作を見てたりしとりますと

スッとオイラの前に差し出された白いドンブリ。
DSCN5579.jpg
「チャーシューメン」700円の出来上がりでおます 

おっと、デッコイ海苔がじゃまですな....。






これでど~らろ?
DSCN5591.jpg
いかにも支那そば!って感じのチャーシューとメンマでしょ 



そうそう、めくり上げた大きな板海苔も肉厚で破壊力抜群なんですよ。






それではいつもどおり、スープからぁ。
DSCN5587.jpg
チョイと掬っただけでも、びっしりと油は浮いとるんですが、豚臭さってのは殆んど無く。


でも、たぶん豚ベースらと思うけど動物系の出汁がしっかりしている醤油スープ。



この濃い醤油色ほどは塩っぱくなくてね、もうグビグビと飲むことが出来るんです。



ただ飲み進めると、この味に慣れっちまうのか、出汁の奥行に物足りんモンが

感じられますけんど、それを含めての老舗の味って言うんでしょう 






昔っから...としてはチョッと硬め、ゴワッとした細い縮れ麺。
DSCN5608up.jpg
提供の早さはココにあったのかな?

結構ゴワついた硬さなんですが、終盤はやや軟らかさも。



まぁ、麺啜り界では音速食いのアルいトン・ペコと呼ばれているオイラですから。

一般ピーポーらば、硬~軟の食感のグラデーションも味わえるんじゃないかなぁ 






チャーシューはね、コリャ文句の付けようがないって言うか。
DSCN5597.jpg
柔かい脂身とジューシーな弾力を持つ赤身部分が程好く絡み合ったチャーシュー。



味付けはともするとスープより濃いんじゃ無ぇかとも思うけんど、

チャーシューから滲み出る程度なんで、逆にこの位の味付けが丁度良いんすなぁ。



だいたいこんだけ入って、ラーメンと100円違いってさ、
DSCN5568.jpg
肉嫌いでも無きゃ・・・・肉嫌いならラーメン食わんか www

ま、ともかくこの店で頼むんならチャーシュー麺にしんば後悔しますぜ 










美味しかった、ご馳走様。











レトルトカレー考。





”独り暮らしあるある” だと思いますろも。



カレーとかシチュー、おでんなど煮物全般に言えますが、

一人分ってのはとても作りづらく、ついつい2~3人・・・時には4~5人分を作って

何日も同じモンを食ってしまう。。。そんなこと多々ありますよね?






昔はそれでも頑張って、インスタントながらカレー作りに

凝った事も有りましたが、今じゃレトルト一辺倒と成りました 



そんなオイラの強い味方としていつも買っているのが

1食100円未満の廉価レトルトカレーなんですが、さて・・・。




この・・・・・
DSCN5284blog.jpg
4食ひと袋311円の激安レトルトカレーパックと



ひと箱1食入り300円
DSCN5288blog.jpg
価格帯としては一番値ごろ感のあるレトルトカレー。






正直言って、味ってどんくらい違うもんだろか? 

チョイと気になったんで食べ比べしてみましたよ 






ちなみに高級カレーのパッケージに掲げられてる「アルペンジロー」ですけんど、

食べログでは本店の評価が3.74と、かなりの高評価。
DSCN5509blog.jpg
『食べログの評価なんてアテにならん』などとよく言われますし、ドコまでココんチの味が

レトルトカレーに表現されているか、微妙なモノではありましょう 





それでは温めを。 激安は湯煎で、ジローくんはレンジでチン!
DSCN5527.jpg
温まったら溢さんように、ご飯を盛った皿へ、ドバドバドバァ~っとな。






じゃぁ~~~ん 
DSCN5531.jpg
いちおうダムカレーを意識してみたんだろも・・・・・

どっちかと云うと映画「ルパン三世 カリオストロの城」のワンシーン、
無題
クライマックスである ”時計塔の崩壊” 後のカリオストロ城みたいになりましたな 






まずはスープカレーだと言う事を見逃して、アセ汗だったアルペンジローから。
DSCN5552.jpg
いんや焦りました、サラッサラのスープカレー。



時間が経つにつれて、ご飯の隙間から隣の激安カレーゾーンに

浸潤してしまうんじゃないかって心配しましたよ 



そのお味は...美味いけど普通に。

スパイスを効かせて、と云うよりは少しフルーティ?わりかし塩っぺ感じのルーなんですね。



スパイスの代わりっちゃアレなんだろも、牛の風味が凄いっス 

いわゆる牛臭いって言いますかね、結構強烈で。

具材で目立つのが牛肉だけってのも、それを助長しているんでしょうか。






たいして激安の丸大カレーの方は、口当たりがモッタリと。
DSCN5558.jpg
ビーフカレーとは書いてあるものの、入っている主な具は角切りのジャガイモオンリー。



食べ慣れているせいも有りますが、カレーの持っているスパイス・フルーツの風味を

小麦粉のモッタリしたものが包み込んでいるこの味、ホッとしますなぁ 










辛口と激安の方には書いてありますろも、辛さに関しては同じくらいで、

どちらもそんげに辛くは有りませんな。



独特の牛の風味を放ってサラッとしつつ、味わいの深いアルペンジローの高級?レトルト。

舌に纏わりつくモッタリ感が、何か乙憑かせてくれる丸大食品の激安レトルト。



たしかにね、ジローは美味しくて偶に食べるご馳走的意味合いなら有るんだけど、

毎日食べるんなら...ビンボー舌のオイラには丸大の4倍という価格差を払拭させるほど

開きがある様には思わんねぇかな。 



よってこれからも激安を食すオイラなのでしたぁ 











プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR