FC2ブログ

ぺこぽた




今月は、暑かったり雨だったり怠けたり(笑)





お日様を中心にチョロチョロと・・・デス 

DSCN3102blog.jpg

DSC01973blog.jpg

DSC01975blog.jpg

DSCN3116blog.jpg

DSC01926blog.jpg
スポンサーサイト



READ MORE

らーめん大喜  ~しかも変わったんだね~




前回はチョイと変わったのを食った「らーめん大喜」。
DSCN2289.jpg
今回は原点である、醤油ラーメンを食べに来てみました 




しかし・・・
DSCN2338blog.jpg
こんな立派な券売機を入れてるわりに、手動式の“自動ドア”・・・。

『直しゃイイものを』と、入るたんびに思うんだけど、直さねぇんだよなぁ 





可愛げな店員に食券を渡して。。。



はい、これが らーめん大喜の原点である「チャーシュー麺」 750円です。

あ、煮玉子はサービス券で付けました。
DSCN2301blog.jpg
ふぅ~む、、、またチョッと様相が変わったか 



     コレ↓が去年の3月のチャーシュー麺で
DSCN8302.jpg
     3月のと比べると、今回食べたのは某万人家の花びらチャーシューを
     
     意識したような姿ですな。



     ちなみに↓は、おととしの7月。
DSCN0761copy.jpg
     この頃は、まだ青島っぽいレイアウトで。

     チャーシューもペラッペラじゃなくて、この頃ンのが一番好きらったな 





今のチャーシューはデカいんだろも、薄いんですよね。
DSCN2325blog.jpg
ホロホロとした食感も良いんだけど、それが頼り無さ過ぎて食った気がしねぇンデス。

でもたっぷりのチャーシューが入っているのにラーメンより100円高いだけってのは魅力的 





麺もね、特別美味んめ!って程じゃ無ぇけど、なかなかのモノで。
DSCN2328.jpg
チャーシューがタップリなんで、175gの普通盛で充分だと思いまっせ。





最後にスープ。
DSCN2315blog.jpg
最後にしたのはどーもね、ここんチは味にブレブレが激しいんじゃないかと。


店が出来た頃は割かし “生姜醤油!”然とした味付けだったんだけど、

ここンところは、その時々で薄かったり濃かったり。



今日んのは最初だけ生姜の風味がフワッと来て、そこから先は

醤油の味を楽しむ...みたいな感じ。



ただ、ちっとばか塩辛かったな。 

水をがぶ飲みするほどじゃ無いけど、もう少し薄くても・・・。



次回来た時は『薄めで』と言いたいけど、ブレがどーしても怖いっスね 










前回食った「そばよし」のように、古参の名店はほぼスタイルが変わらない処も有るけど

新進気鋭の店はスタイルが確立するまで、試行錯誤があるのでしょうか。



ここのラーメンが好きで、長岡のラーメン店でも一番来ているんじゃないかな?

だからこそ、スタイルの移り変わりを見ることが出来たんだろうけど、

こんなに変わって来たとは思ってなかったです 



醤油・味噌・塩、それに担々麺やまぜそばとバラエティに富んで、

まさかその所為で味が安定しない?



やんちゃな我が子を生温かく見る様な感じで通ってみるか(笑)










美味しかった、ご馳走様。
















ラーメン そばよし  ~斬新だったであろう、あの頃~




柏崎駅前通り。 

駅から少し歩いた丁字路で営業している「ラーメン そばよし」。
DSCN2249.jpg
初めてこの店を知ったのは「ラーメン百選」だから、かれこれ30年ほどになるだろう。



店内は厨房に面したカウンターと窓際にはテーブル席となっており、

個人経営店としては意外と大箱な店になっている。


その厨房の中では、にこやかで腰の低い店主とスタッフが丁寧な接客をしていて、

よく見られる古豪店の頑固さなど微塵もな感じられなかった。





各テーブルにはメニュー表は無く、その上の壁に

どこからでも見えるように、アチコチ貼られている。
DSCN2257blog.jpg
そばよしと云えば「焼きそば」と「チャーシューメン」が有名で
DSCN2262blog.jpg
今回は「チャーシューメン」 780円をお願いした。



昨今、県内では某店が花びらチャーシュー麺と名付けて人気を博しているが、
DSCN2266blog.jpg
これぞまさしく元祖「花びらチャーシューメン」と言えよう。





丼のフチと言わず、中央までスープや麺を覆いつくすチャーシューは、

たおやかで、シットリとした口当たり。
DSCN2273cut.jpg
冷えてスープに浸けないとラードっぽいチャーシューが多い中、

こちらのはそのままで食べ手もサッパリと美味く、噛み締めれば

ジュワりと醤油ダレが染み出て、アッサリとした味わいを醸し出している。





麺の下のスープもチャーシュー同様にアッサリしたもの。
DSCN2269.jpg
豚骨臭など一切感じさせない、昔ながらの食堂のラーメンと言ったところだろう。

塩加減も絶妙で、ついつい飲み過ぎてしまうのはしかたないか。





そして麺だが、細い故か提供時間も短く、スマホを少し弄っていたら

間もなく『スイマセン』と差し出されてきて、その早さに些か驚かされる。
DSCN2284cut.jpg
チャーシューを掻き分け、麺をすすり出すと、これがまたボリューミー。

柏崎は大盛りの店が多いと聞いていたが、確かにこちらも麺量が多く、まるで湧き出て来る様。



腹を満たして店を出る時、ここまで来る事に充分価値のある店と再確認した。











「ラーメンショップ」などで、よく見かける浅い底のドンブリ。
DSCN2261.jpg
こちらで使っているものも、同じような底が浅いモノを使用していた。

大きなチャーシューと同様に、30年前では さぞかしエポックメイキングだったのだろう。
DSCN2262cut.jpg
ただ、麺の味わいやスープに古さを感じてしまうのは自分だけだろうか・・・。



もう少し、ほんのもう少しだけコッテリに味を振って、麺に小麦の旨味が加わったら。



久しぶりに食べてみて、そんな風に思ったが、

この味を愛してきた常連の方々には、はなはだ僭越なのだろう。










美味しかった、ご馳走様。









READ MORE

松屋  ~セルフの優しさ~



昔は、『あ"~~腹減ったぁ(´Д`)』って起きたもんだけど、今はそんな事も無くなりました。



それでもたまに、起きると腹が減っていたりすることも有ったりしましてね、
DSCN2173.jpg
そんな時に便利なのが24時間営業@時々休止の「松屋」なんデス。





この日は朝定食の中でもイっちゃん安い「選べる小鉢の玉子かけごはん」をセレクト。
DSCN2135copy.jpg
生玉子と小鉢が一つずつのシンプルな構成ながら、これで一食290円ですからね、

コスパは申し分ナシですな 





それにセルフサービス店ならではの嬉しい配慮?ご飯のお替り自由(定食のみ)で、

一杯目を
DSCN2146cut.jpg
牛小鉢で。



二杯目は
DSCN2160.jpg
みんな大好き\(^o^)/玉子かけ。

って思ってたら、意外と嫌いなショもイッペこと居られるみたいで。。。



そーいや、「食わず嫌い王」の時に渡哲也も『鼻水食ってる様だから・・・』

とか言ってたような言ってなかったような 



ともあれ、朝から二杯メシ。 一日の活力の元手になるってモンです 










そして、これも賛否両論あるかと思うけど、セルフ店ならではの

嬉しいサービスだとオイラは捉えてる自動給水器。
DSCN2119.jpg
煎茶と水、暖かいのと冷たいのがそれぞれ選べるんだけど、その下に

“ぬるめ”ってボタンも有りまして。
DSCN2169.jpg
ビョーキ持ちに優しい配慮で、一服飲まさせてもらいます 










美味しかった、ご馳走様。









純中国広東料理 東華飯店  ~今回はみんなで~




敬老の日。



実家の甥っ子家族が、母親である義姉さんと会食。

オイラもご相伴に与り、みんなで「東華飯店」へ行って参りました 
DSCN6474.jpg
以前撮った写真です。雨降りだったんで外観は撮り忘れ






普段は手前の小上がりなんだけど、おチビさんたちも居るので奥の円卓を予約しましたよ。
DSCN2015.jpg
8畳×2間くらいで円卓が2つ。


この場所だとチョイと注文の仕方が違うみたいなんです。



DSCN6477blog.jpg
カウンター席の上のメニュー表。 




いつもは そこで料理を選んで厨房隅のレジで精算するんですが、


円卓だけだとおもうんだけど、机の上のメニュー表を見て
DSCN2008.jpg
一緒に付いているメモ用紙でオーダーするんです。
DSCN2007bぉg
そして支払いは後払いなんですが....。



GWだったんだけど、この日と同じように大勢で来て、

調子に乗って飲み食いしたら、えらく掛かってビックリした事も 



食券だと財布の具合も判るんだけど後払いはちょっと怖いですね、皆さんも気を付けて 





みんなで好きなものを注文した中、オイラが頼んだのは
DSCN2016.jpg
「チンジャオ丼」 800円を 



あ、写真は撮りそびれましたが150円の餃子も、ちゃんと5人前 





チンジャオ丼。 まぁいわゆる青椒肉絲をご飯に掛けた丼 ですが、
DSCN2021bぉg
その青椒肉絲が本格派(当たり前か

きちんと具材も切り揃えられていて、口当たりがとっても愉しいんです 



ちょっと味は濃かったんだけど、白いご飯と
DSCN2022.jpg
和風の様な、中華風の様なスープがカバーしてくれてます。
DSCN2024.jpg
ボリュームも結構あって楽しいお昼を戴きました 









あー美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

ぜんていのどんぶり家  ~久しぶりに連食だぁ~




「麺処 清水」の帰りだったんだけど、珍しく胃袋に余裕が有って。。。

三条駅を過ぎたあたりで時刻は、まもなく11時。



『そ~いや、本成寺の近くに面白っしぇ店が出来たよなぁ?』
DSCN2003.jpg
場所はスーパー原信や三宝亭などがある四日町の通りで、

ちょうど県央工業高校の向かい側ですね。



「ぜんていどんぶり家」って店で、県内に広く展開している「ぜんてい」の支店になるみたい。




11時まで広い駐車場に待機、中に入るとイメージにそぐわない券売機がお出迎えデス。
DSCN1939blog.jpg
隣には料理写真のポスターも貼ってあるので
DSCN1935blog.jpg
どんなモノなのか一目瞭然なのは有難いデスね 





『いらっしゃいませぇ~何名様でしょうか』

愛想の良い店員さんに案内されて、カウンター席に。
DSCN1944.jpg
『お冷とおしぼりはセルフになっております』
DSCN1967.jpg
結構店員の数が多いんだから水ぐらい持って来て・・・・
DSCN1942blog.jpg
と、思いつつ行ってみますれば、漬けモンが盛り放題。
DSCN1964.jpg
これならセルフでオッケーでぇ~す 





揚げモンを頼んだので、ちっと時間が掛かるか・・・ラーメンも食って腹は減ってねぇし。。。

そんな風にノンビリ待っていたら、意外と早く出来あがりました。
DSCN1972blog.jpg
「天丼」 590円。 入る時に目を付けていたんですよ、コレは安いじゃんっ!って 

でもこれほど立派(失礼な)ものだとは思いも寄らなんだ(笑)
DSCN1976blog.jpg
載っている具材はですな、正面に見える鱚みたいなの、鶏肉で。
DSCN1985.jpg
いわゆるカシワってやつですか。 

鶏の天ぷらなんてあんまし食わんけど、プリンとして美味んめもんですね 



これは言うまでもないですね、海老。
DSCN1987.jpg
値段相応・・・そんなもんじゃ無く、立派なのが一本。

こちらもカシワとはまた違うプリっと感で 



野菜はジューシーな茄子とホクホクのカボチャ。
DSCN1992.jpg
ソレに隠れるようにマイタケが潜んでおりましたぞ 
DSCN1994.jpg
さすがに茄子なんかは冬には出ないんだろうから、季節によって変わるんでしょうね。



でも、ドレもこれも上手に揚がっていてホントに590円で良いの?って思っちゃいます 






ご飯にタレは掛かっていますが、天ぷらには掛かって無いんですね。

一緒に付いてくるタレをそのままかけても良し、備え付けの塩でサッパリと戴くのも良し 
DSCN1953.jpg
ラーメン食ったんで中盛にしたけど、大盛まで無料で選べるんで次回は大盛らな 









調べたら7月にオープンしたばっかの様で、認知度はまだまだなのかな?

食べ終えて店を出る頃にはお客さんも増えてきてラッキーでした。



天丼の他にもまだまだ食べてみたい料理がイッペ有るし、結構近いですからね。

コリャ通っちまうなぁ 










あー美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

麺処 清水 三条店  ~食味が変わった?~




4週に一度の通院とコーケツアツの薬を貰い終わったのが9時半ちょっと過ぎ。。。

はぁ~て、ドースンベヤ(どうしようか)・・・・そーら!アソコなら営業してるっ 
DSCN1930.jpg
30分ほどかけてやって来たのは三条市街地を越えた保内地区の「麺処清水 三条店」でおます。

南魚沼市六日町が最初でココが2店目、ソレからたて続けに

長岡や新潟にも出店している豪儀な店ナンデスよ 




10時過ぎらと店内は閑散として...厨房に面したカウンター席で待ってるとまもなく
DSCN1913blog.jpg
「煮干そば」 650円の出来上がり。 

あ、ちなみに券売機制ですので、食券を買ってからですぞ。




なんといっても目を見張るのが、川の流れを思わせる流麗な麺でしょうか。
DSCN1928blog.jpg
低加水のストレート麺は短めの茹でのせいでしょうか、

コキッポキッとした硬さを残し、噛み心地はやや硬め。



むかしは、こう云った硬さを好んでたんだけど、最近嗜好が変わったのかな?

あんまり美味いとは感じなくなりました 



麺量は普通なんだけど、硬さを残した様な感じが胃にもたれて、

腹一杯じゃ無いけどずっしりと溜まっている・・・そんな感じで。





塩ッパそうな色のスープは澄んでいてサッパリとした出で立ちなんだろも意外とコッテリ。
DSCN1919.jpg
店内がやや暗くて判り辛いんだろも、結構な(鶏?)油が浮いていて、

一口飲んだだけではテロンテロン。


名前は煮干しそばなんだけど、それ程煮干しは効いて無く醤油の味がしっかりしてますね。

前に食べた「哲っちゃん」よりはコクがあるので味に深みを感じますけど。



意外と麺との相性は良いくて、ぴったりくっついた麺が毛細管現象とでも言いますか、

シットリとスープを持ち上げてます 





チャーシューは一時期流行ったロースト肉っぽいもので。
DSCN1922.jpg
プリンと、歯応えの面白いチャーシューには しっかりと醤油味が浸み込んでいるし、

デカいんで、一枚しか入って無いけど充分食べ応えも有るというもので。



酒のツマミに、もっと食べてみたいチャーシューです 









六日町で食べた「塩煮干しワンタン麺」のワンタンが美味くて。

↑のチャーシューとコラボを楽しみたいので、次回は「肉ワンタン中華そば」かな?



ただ、麺がねぇ・・・悪くは無いけど胃にもたれて。

ちなみに腹は八分目デス。



少し前までは気にならなかったけど、歳とったんかなぁ、、、オイラ 









美味しかった、ご馳走様。









READ MORE

レストランペイザンヌ  ~日替わり定食~




『近いうちに食って・・・・』


で、行ってきました、「日替わり定食」を求めて 
DSCN1861.jpg
DSCN1865.jpg
北陸道 中之島見附IC近くにあります「レストランペイザンヌ」です。



本日の日替わりは「トンカツ」ですか。。。 前回の洋カツと被るけど、まっいいか 





マダムは「ランチ」って呼んでましたね、下準備も整っているようで、

洋カツより随分早く出来あがってきましたよ。
DSCN1874blog.jpg
「日替定食」 650円です。






漬けモンとデザートの他に、小鉢が一品。
DSCN1890.jpg
DSCN1889.jpg
突きコンニャクとゴボウの煮浸しでございます 
DSCN1882.jpg
薄味ですが、醤油と穏やかなダシが効いている、ザ・和食って感じ 

甘辛いソースが掛かるトンカツの好い箸休めになりました。





その、トンカツに掛かっていた甘辛いソース。
DSCN1899.jpg
自家製なんでしょうね 前回のデミグラスソースに、果実のような甘みと

酸味にコクがしっかりしてました。



洋カツのソースもコレだったら良かったのになぁ・・・





トンカツは揚げたモノではなく、コレ↓はいわゆる「コートレット」になるんだろうな、

衣がパリパリっとして、なかなか香ばしいっス 
DSCN1881cutblog.jpg
肉はロースだと思います。 脂身の少ないサッパリとしたもので、

ジーチャン・バーチャンも『油っこい』とか言わずに美味しく召し上がれるかと 





それと、手前に付いていた辛子。

辛みも穏やかで市販のモノっぽくないんですね。
DSCN1893.jpg
今の若けぇ衆は知らんかも知んねぇですが、水で溶いて使う練り辛子・・・みたいな感じデス。










思っていたよりもトンカツ自体は、やや小さめでしたね...。

ゴボウの小鉢と合わせ技でご飯を食べ上げたけど、チョイ物足りんかな?
DSCN1869blog.jpg
レギュラーメニューに850円の「ロースカツ定食」が有るので、ソイツも観てみたいな・・・と。










美味しかった、ご馳走様。










花咲がにラーメン  ~北海道ゆかり③~




これはデスね、オイラが渡道する少し前に行ってきた、実家の義姉さんの土産。
DSCN1760blog.jpg
北海道根室産花咲ガニ使用「花咲がにラーメン」です。



無粋と承知しつつもググってみますれば、道の駅「スワン44ねむろ」・・・ん?

オイラが言ったトコロじゃん   ちなみに値段は450円(税別)ですと。





蓋を取って中身を確認っ! 
DSCN1772.jpg
銀色の袋が3つとシュリンクっぽく包まれたノンフライ麺。

銀色ンのは液体スープと乾燥かやく、それとレトルトパウチっぽい中央ンのがカニみてぇですね。





シュリンク袋から麺を取り出して、かやくを入れて。
DSCN1783cut.jpg
ドンブリの線まで熱湯を注いで4分待ちまして(ノンフライはね、しっかり待つのデス)、
DSCN1789.jpg
液体スープを入れた時点なのが、コレ↑にナリマスです。





そして、スープと一緒に蓋の上で温めておいた、主役の花咲ガニをONっ!
DSCN1792blog.jpg
う~ん、ちっと少ねぇかな?カニ。。。
DSCN1792blogcut.jpg
でも蓋の写真もこんな位なんで、良心的っちゃ良心的だと思いますな 



実際に食べてみると、ヘンな言い方らけどカニ・・・ホンモノの花咲?ガニ 

フリーズドライはおろか、昨今の良く出来たカニカマと比べモンにならんくらいカニの食感で。
DSCN1795blog.jpg
風味はね...そこまで求めるのは酷かなぁ?チットばか弱いですが 

でも、カップ麺でこれなら全然アリなんじゃ無ぇでしょうか?とオイラ的には納得しとります。





その分、麺とスープは...
DSCN1810.jpg
正直言って、麺はあんまし美味く無いな。

生がえったような、中途半端に茹で上がったような食感で、かなりイマイチ。
DSCN1766.jpg
麺量が乾燥で50g、234kcalの割にボリュームが有ったのは不幸中の幸い?



スープは薄過ぎましたぁ 

ドンブリの線まできちんと入れたんだけど、全くもって薄くて 



表示にはカツオ節とホタテエキスに鶏とコンブになっているんだけど、

薄味のスープから感じ取れるのは鶏とコンブだけ。

不味くはないけど、ドコと云って特徴的なモンは味わえんでした、










あと、パッケージ見て気が付いたんだけど、
DSCN1765.jpg
根室や釧路とは言いませぬ、せめて北海道内で作って欲しかったなぁ・・・。









手打ち麺処 暁天  ~大盛サン御用達?~




寒の戻りならぬ、暑さの戻りが続いた9月の初旬。


あんま暑っちぇんで、冷たいつけ麺をガッツリと食べたくなりましてね、

小千谷三仏生の「手打ち麺処 暁天」までドライブです。





長岡バイパスを走っていると、バックミラーにカタツムリ・・・・
DSCN1678.jpg
『え?今朝は雨降ってたよな???』
DSCN1692.jpg
もう一回確かめてみても、シッカリとフロントウィンドウから生えているワイパーが2本。



真夏の暑っちぇ時に、ゴムが傷むからって上げる事は有るけど、

今はそんげでも無ぇし、第一ジャマだろ?....。





暫らくするとカタツムリは視界から消えて、頭ン中で??のまま暁天に到着と相成りぃ~。
DSCN1698.jpg
さすがに人気店ですね、10時の開店目掛けて行ったにも拘らず、8割方の入り様っス。
DSCN1704blog.jpg
ボタンを押す時に一瞬「冷やし中華」もよぎったんだけど、初志貫徹で「つけ麺」をポチっと 





手前の調味料なんか撮って待ってるとやってきましたよ、
DSCN1722blog.jpg
「つけ麺大盛」 950円プラス、Komachiのラーパスで「ばら海苔」 120円が無料です。
DSCN1737.jpg
でも、コレいっぺ過ぎらなぁ・・・半分で良いわぁ





プリップリの角太麺もタップリプリプリ 
DSCN1751blog.jpg
でっかいドンブリから、溢れんばかりの麺の山。
DSCN1725.jpg
ちなみに、このドンブリは水切り用の皿は入って無いので、

上から下まで麺がギッチリなんですよ 





そして麺の上に覆いかぶさるように乗った、2種類のチャーシュー。
DSCN1733.jpg
ロースかな?さっぱりとした赤身肉が2枚とロール状の

バラチャーシュー1枚の大盤振る舞いは嬉しい限りですな。



ただしどちらもね、冷えているとカッチリとイマイチな食感なんで、

スープに浸す事必須ですぜ 




こんな骨太な麺やチャーシューを受け止めるスープも強めじゃねぇとね。
DSCN1728blog.jpg
来た瞬間判るほど、カツオ出汁の風味がブンブン放って来る醤油スープで。

つけ汁らしく塩っぱめらけど、塩みに角の無い円やかな醤油味なんでスイスイと頂けますな。



麺の上にもトッピングはタップリですが、スープにもケッコと入ってます。

見える範囲で長ネギと、ばら海苔が見受けられるけど、底ったまからは

挽肉が湧き出るように出て来るんですね。



飲んでてアレっ?と思ったのが、これだけカツオ臭いのに「ブシ粉」が無い・・・

ブシ粉のザラ付きも嫌いじゃ無いけど、滑らかなスープってのも嬉しいモンで 










「つけ麺」で950円と云う値段。

高いか安いかっちゅうと、高めのレベルでしょうか。 でも、大盛が無料で、
DSCN1748.jpg
DSCN1749.jpg
デフォルトで付く味玉や、タップリのメンマも入っているのでね・・・。

オイラみたいなのにはアリガタイ店ですが、小食の人だと、酷んでぇ割高なんだろうなぁ。。。










あー美味しかった、ご馳走様。









プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR