FC2ブログ

のろし 長岡店  ~1年のご無沙汰は高かったァ~





この日はですね、勇んでやって来た お目当ての食堂の駐車場がよく判らず・・・

次点で考えていたトコロも満車・・・

流れ流れてコチラ、「のろし 長岡店」へ辿り着いたワケで (^^;

DSCN2020blog.jpg 

あ、いや、決してこの店に不満がある訳でなく。。。

ただ、この日は『食堂のあっさりラーメンが食いてぇなぁ』などと
思っていたモンだから...(汗)





風除室の券売機を見ますれば、ムムム・・・(*゚Q゚*)


DSCN1974cut1.jpg 
味噌ラーメンの肉1枚が800円だとぉ~~!

1年前に来たときゃ700円らったてガンにぃ 



あ、失礼スマスタ。 あまりの事で我を忘れちまって... 

だってね、去年は同じやつが700円。そっから肉1枚増えるごとに
50円増し(=味噌ラーメン肉3枚で800円)だったんですよ 
(肉5枚の味噌チャーシューは、900→1200円かよ...)






とはいえ、ハラも減ったし。。。

「味噌ラーメン肉2枚」 900円をいただきましょう。

DSCN1982blog.jpg  
二郎系のネーミングはないけれど、コレは立派に二郎インスパイア。

DSCN1979.jpg 
細かな背脂が覆っているスープは

DSCN1993blog.jpg 
ガツンと赤味噌&豚骨の風味が効いているワイルド系。

ノーマルでも充分美味いけど、トッピの辛味噌やテーブル上の
おろしニンニクで味変もオススメです。






熱々の茹で野菜の下から、やっとこさ引っ張り出した角太麺も。

DSCN2013blog.jpg 

ゴワっと硬い麺も、野菜に手間取って時間が経てば
次第にモチモチと変わる、食感のグラデーション 

もちろん、ボリュームも結構ありまっせ
茹で野菜のボリュームとも相まって、もぉハラはパァ~ンパン。






そして忘れちゃならねぇ、一気に100円になった肉っ! (この、根に持った言い方 ^^)

DSCN2003cutblog.jpg 
意外と穏やかな感じで醤油が浸み込んで。

厚みもバッチリ有りますからね、食べ応えも充分 

ただ、1枚2枚はサッパリ食べられるんだろも、さすがに
枚数が過ぎてくると油っこくなりまして・・・。

肉5枚のチャーシュー麺は、お覚悟を 








宮内の新店に行った時のを見たら、50円値上げしてたみたいですね。

でも、こんなにいきなり上がるとは・・・
特に、チャーシューの値段にはビックリ。


10月には更に上がるンかなぁ・・・・・・ 







美味しかった、ご馳走様。









スポンサーサイト



亀田製菓 じわ揚  ~じわじわの食感とじわじわの辛さ~


亀田製菓 「じわ揚」 ウオロクで税別178円。

前記事の「かき飯重」と一緒に買ってきました。


DSCN1918.jpg 

『青いパッケージは春っぽくないなぁ・・・』なんて思いつつ
新商品には弱いもんだから、ついつい買っちまって (^^;




中の小袋を出すと、こんな感じ。

  DSCN1937blog.jpg   DSCN1938blog.jpg

そんじゃ、中身おーぽんっ!

DSCN1943.jpg 

どこかで見たよ~な、このカタチ...。


そうそう、同じ亀田の「
こつぶっこ」ですね \(^o^)/

DSCN1947.jpg 
さっそく一粒味見を。

ふぅ~ん、こつぶっこ よりもチョッと軟らかいかな?

こつぶっこ のカリカリとした食感じゃなく、サクって...いんや、
ジュワって。。。変な表現だけど、そんな食感ですね (^^;

お味は甘みと塩みが最初に来て、後からじわじわとコショウの
辛さが口の中に残ってきます。

香ばしい甘辛醤油のコクは無いけど、さっぱりとした
甘塩は結構クセになりそうで (^^)




こつぶっこ には入っていないピーナッツ。


DSCN1966cut.jpg 
最初は無くてもイイかな?なんて思ってましたが、
軟らかめの食感のじわ揚に、時折カリッと絡んでくる
食感が結構楽しいかもデス。




な~んて、小袋ひとつ食べ終える頃には
口ン中が辛く・・・一口二口の時はそんげでも
無かったのになぁ。。。


お~い、お茶っ! (´∀`σ)σ








ウオロク カキ弁当  ~さすが、受賞弁当(^^)~


ファベックス
【惣菜デリカ・弁当・中食・給食・配食】 業務用専門展。


その「
惣菜・べんとうグランプリ2019」においてウオロクが金賞を受賞したそうで。




それがこの ↓

DSCN1810.jpg

「ぎっしり詰まった旨だれかき飯重」 538円。 (しかし、長げぇ名前だな)

蓋を開けた途端(↑の状態ね)、フワンと牡蠣の好い香り 




小振りながら、プリンと締まった(煮詰まった?)牡蠣が1、2、3、4・・・9個!

DSCN1821.jpg

シッカリ煮てあるんで、残念ながら身は硬め。

でも、薄味で風味の好い牡蠣は、そのまま酒のお供にちょうどイイでンす (*^_^*)




調子に乗って牡蠣だけ全部平らげても大丈夫 

DSCN1843blog.jpg

牡蠣の味を邪魔しない程度に味付けられた、ご飯。

DSCN1868cutblog.jpg

薄い出汁醤油で味付けられたご飯は、これだけでも全然イケますぞぉ 



ただ、ボリュームは少々少なめ。

DSCN1826blog.jpg

酒のお供にはピッタリでも、お昼にガッツリとは・・・言い難いかな (^^;

でも、これは必食の一品ですぞ 






あー美味しかった、ご馳走様。









東華飯店  ~あれっ!?なんか違ご・・・~


春分の日も近く、暖かかった仕事上がり。
『たまには上がり酒でも』と、チョイと「
東華飯店へ。

DSCN8561.jpg

あ、画像は撮り忘れたんで前回ンのを使いまわし~~ (^^;




軽く一杯ひっかけようと取りあえず、生びぃる

DSCN1729blog.jpg

だと良いんだけど、コイツは「のどごし生」 450円。 ホントのビールは我慢ガマン ( ノД`)




続きましては東華飯店名物、150円の「ぎょーざ」 


DSCN1730.jpg

ここんチに来ると、これだけは外せない絶対的存在・・・いや、言い過ぎじゃなく 




めいんでっしゅは「エビ焼きそば」 750円をチョイス 


DSCN1750.jpg

初めて頼んでみたんだけど、コイツ・・・

塩味の餡に、

DSCN1764blog.jpg

プリップリの海老が

DSCN1766blog.jpg

ゴロゴロと。

DSCN1767blog.jpg

他にも白菜や玉ねぎなどシャキシャキと歯触りの良い野菜もたっぷり 



麺は平太の堅焼きそば。


DSCN1770blog.jpg

モチモチとしたトコと、焦げてカリッとした歯触りのコントラスト 
口の周りを餡だらけにしながらワシワシと食べればビールも進むってモンで。

食べ終えれば、腹は もぉ~パンパン。 
帰りにツマミを買ったんですが、半分も食わんねかったデス(笑)



ただね、テッパン料理だったはずの“ぎょーざ”...


DSCN1741cutblog.jpg

今日のだけなのかな?餡が美味くねぇ 
フードプロセッサーで、よぉ~くミキシングした離乳食みてえな食感と、
味自体にパンチが無くて。

皮はモチモチと相変わらず好かったんだけどなぁ・・・。
次回は元に戻っていると良いなぁ 





美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

う・そ・だ・ろ...

やけに静かな午前4時。

この時間にしては明るい外を見てビックリ (;゜0゜)



飛び起きて玄関を開けますれば・・・・・



DSCN1872blog.jpg

DSCN1874cutblog.jpg

DSCN1886blog.jpg



春分の日は暖かったんだけどなぁ・・・。

夏タイヤに履き替えたオイラを含む皆さん、気を付けて。
出来れば運転は控えましょうぞ~~(つД`)ノ 





ラーメン万人家 長岡川崎店  ~定番の味~


ラーメン万人家」。
昨年12月以来の2回目の訪問になりますね。

DSCN1612blog.jpg

開店祝いのジョンギ(義理的に、みたいな)ってやつで
前回は「G麺」を食べんだろも、やっぱ基本に戻って...

初回訪問時はウィークディの夜にも拘らず、ほぼ
満席状態でしたが、それから約3ヶ月。

だいぶ落ち着いたようで。。。でも普通のラーメン店より
客の数は多めでしたよ。


たぶん、高校生アルバイトらと思うんスけどね、テキパキと
注文をこなす所作に感心しながら待っていますと...




定番「らーめん」 690円が運ばれてきました。

DSCN1637blog.jpg

ガツン!と花粉症の鼻に来る、激豚骨臭 

DSCN1649blog.jpg

この匂いで花粉症が治ってくんねぇかな・・・と思いつつ、スープをゴクリ。

背脂はイッペ浮いていますが、油の厚さはそんげでも無く、
愉しみ?にしている口周りのベトツキもイマイチで。

塩っペ加減は、コーケツアツにも優しくスイスイ飲める味加減 




シャキシャキモヤシとモチモチ麺も美味かったんですが、

DSCN1658blog.jpg

気になったのが、このジューシーなチャーシュー四天王。

DSCN1655blog.jpg

味は申し分なく、薄いけど4枚も盛り付けてもらえりゃ
文句の付けようも無いってもんで。

じゃじゃあ、なにが気に入らねンでぇいと言いますと...
 



この、ドンブリから垂れ下がった部分。。。

DSCN1640blog.jpg

万人家の“らーめん”として特徴的な盛り付けだと思うんだけど、
ドンブリの下のレンゲを持つとき、ドンブリ自体を持ち上げる時。

どうしても、チャーシューが手に付いちゃうんですよ 



ズボラでショッタレなオイラでも少し気になるんだから、
几帳面な人とか、さらに潔癖症の人は、そーとー気にするんじゃ無ぇかな?
なぁ~んて思う、今日この頃なんデスね 





美味しかった、ご馳走様。







READ MORE

ど~もサンキュー&お疲れ様。

DSCN0549blog.jpg

今朝の新聞の大見出し。

AMラジオ放送の廃止が決まったそう。


オールナイトニッポンとかパックインミュージック。
深夜放送族には懐かしい名番組で青春時代を謳歌した・・・とは言い難いオイラですが (汗)

でも、若かりし頃は外回りの車内で、大倉修吾さんやサツばあちゃん。
夕方には 小沢正一的心だぁ とか 咲子と歌おう!~真知子と歌おう!(三菱ドライビングポップス)。

TVの野球中継が9時で終わると、残りはラジオで熱戦に心を躍らせて。。。

いろいろお世話になったモノ m(_ _)m


電波障害やインターネットの拡充などでラジオ放送の経営が厳しく、
FMへの一本化を決めたそうですが、世の流れってもんでしょうか。

そう言えば久しくAM放送なんてチューニングしなくなったもんね (^^;


いままで有難う、そしてお疲れさまでした。






ぺヤング やきそば  ~今度はモツ入り~

毎度お馴染み? ウオロク、インスタント麺売り場にコイツは居りました。

DSCN1672.jpg

黒いパッケージにホルモン入りの文字。

『よ~やるなぁ・・・』と、思いつつ買ってるオイラも・・・




値段は税抜きで168円。
そーいや、6月1日から値上げするんですよね。。。

ま、ともかく ご開帳~~~

DSCN1690blog.jpg

中に入っていたのは、脂が入った液体ソースと

DSCN1704blog.jpg

フリーズドライのかやく。

DSCN1696blog.jpg

かやくの中身はキャベツと人参に

DSCN1705.jpg

小さなモツが6個ほどですか... 




それでは、いつもと同じ行程で・・・ハイ出来上がり

DSCN1713blog.jpg

掻き混ぜると具は全部麺の下に入っちゃうんで、少し拾い上げてみましたぁ




さらに アップ

DSCN1718blog.jpg

さて、そのお味は?と言いますと、モツは結構よくできていますよ。

若干、フリーズドライっぽい食感はあるものの、
モツ特有の“ムギュムギュ”した噛み心地。

そして噛むたびに、ジュワっとモツの風味が染み出て来るんです。

そんなモツっぽい肉でも、よくある噛み切れない程ではなく、
ある程度食べていると、ちゃんと噛み崩れるのでご安心を(笑)


麺ってか、タレの味はデスね、酸辣湯味とでも言うかな?
ごく薄~い酸っぱ辛さなんですね。
パッケージには辛味噌と表記されてますが、『なに?それ。』って感じ。

酸っぱいのや辛いのが得意でない方でも全然気にならないほどで、
別段モツが入らない、違った味のやきそばでも好いです


そーなると、モツの存在が・・・。
美味いんだけど、やっぱ少ねぇんだよなぁ。。。

6個じゃ足らね、せめてもう2~3個は欲しいっす 





美味しかった、ご馳走様。






松屋 新潟見附店  ~朝の活力アップにはコレっ!~


前回、「牛とじ丼」を食べに行ったときに、ご飯のお替りが出来ると知ったオイラ。

DSCN1556.jpg

さっそく、朝飯を食べに「松屋 新潟見附店」まで行って来ましたぞ 

苦手なシステムの券売機にも漸く慣れまして、ささっとオーダーしたのが




「定番朝定食(牛皿)」 360円です。


DSCN1576blog.jpg

(牛皿)と書いたのは、オイラが選んだ牛皿のほかに

DSCN1580blog.jpg

納豆、とろろ、冷奴の合計4種類から選べるんですね 




では、いっただきまぁ~す 
まずは、漬けモンと海苔で、


DSCN1597blog.jpg

半分ほど食べ進めたら・・・

DSCN1600blog.jpg

残りはTKGで 




それじゃ二杯目を取りに行きましょ~~ 


DSCN1564cut.jpg

二杯目は牛皿の具をトッピして

DSCN1601.jpg

牛めしミニミニで、いただきましょう 




まぁ頑張れば、もう一杯くらいはイケそうですけど、
腹も身の内といいますね、ご馳走様でした  





そうそう、ここんチはセルフサービス店。
水やお茶も自分で汲みに行きますが、こんな心遣いもされてるんですね。


DSCN1568blog.jpg

給湯ボタンの一番下。

薬などを飲むときに、あんま冷てぇのや熱っちぇのだと
飲みにくいだろうと「ぬるめ」のサービスも 

若ぁけぇ時分には気にならんかったけど、こういった気遣い、嬉しいモンです 







そば処 千代田  ~どんぶり百選 第二弾~

城下町 新発田。

昔からの街並みらしく、細かい小路が入り組む中に店はありました。



新発田市大手町「
そば処 千代田」。

DSCN1496.jpg

店舗裏の駐車場に止めて、11時半の開店を待って入れば・・・

DSCN1494blog.jpg

店に入ると先客は、既に食事中 
常連さんなんだろうな、ラフなカッコでラーメンをすすってましたよ。




ここんチでの、百選メニューはカツ丼。

DSCN1509.jpg DSCN1500.jpg

新潟のタレカツではなく、ソースカツ丼だそうです。


店内にカウンター席は無く、4人掛けのテーブル席のみ。
少々居心地の悪い中、待っていますと

「ソースカツ丼」 900円の出来上がり。


DSCN1523blog.jpg

平べったい大きなトンカツを交互に、三角に切り分けて並び替えたんだろうな

DSCN1541.jpg DSCN1548.jpg

ドンブリの丸みに沿った扇型のトンカツ。

ウスターの、キツい酸味を想像してたんだけど、蕎麦ツユと
合わせたんでしょうね、和風チックな軟らかい塩っぱさで。




不思議なのは、間に敷かれたキャベツには、
そんげにソースが掛かっていないのに


DSCN1546blog.jpg DSCN1554.jpg  
ドンブリの底には結構ソースが溜まってましたぞ 




おかげで、終盤はチョッと助かったりして 
そこそこトンカツは大きかったんだけど、深いドンブリにタップリのご飯。

DSCN1533.jpg

最後の一口二口が、漬けモンとソース飯になったのはナイショ (#^.^#)






美味しかった、ご馳走様。









READ MORE

プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR