FC2ブログ

中華大吉  ~〆のラーメンは新店で~


2018年のラストラーメン。

その大トリ(ちなみに紅白の大トリは嵐じゃ無いと思いマス)を司るのは
長岡市今朝白(けさじろ)に今月20日オープンの



「中華大吉」にお邪魔しました。



この中華大吉は同市殿町(飲み屋街)に、夜中しか
営業していない同名店の2号店でして。

殿町の店は、営業時間でもシャッターが下りていて、
お客はそれを開けて入るとか、ラーメン頼むと、
とんでもないボリュームの麺が出されるとか。。。

色々伝説がある店の様ですな 




ご存知の方もおられると思いますが、この店舗は
今年惜しまれつつ閉店した「青桐」が営業していた所。

青桐の時は券売機でしたが、コチラはシンプルに



これだけ。



2番目の入店だったので、手早く提供されました。
「ラーメンしょうゆ」 680円と「餃子」 300円です。




まずはシンプルな出で立ちのラーメンから。



店内と同じようにシンプルなラーメンですが、



ドンブリがデカくてボリュームたっぷり。



少々軟っこめな麺ですけど、麺量は1.5玉くらいあるかな?

隣のオニーチャンが大盛にしようかとしたら、『3玉ありますが?』って
店員さんに言われてビックリ
  聞いていたオイラもビックリ 

確かに普通盛でも多くて、餃子も頼んだのを
少々後悔
&大満足


しながら帰る事に 




スープはデスな、チョイ薄めで。



ビンボー舌なんで有ってるかどうか自信ないけど、丸鶏のダシ?
円やかなアッサリとした味付けで、スイスイ飲めちゃうんですが、
飲み進めると、だんだんボンヤリとして来ちゃうんです...でもね、

水を飲んでリセットすると、穏やかで優しい味が
復活してまた飲んでしまう・・・何とも蓮華が止まらない味。

まぁ、たっぷりの量なんで、飲み干すのはキツイですけどね 




チャーシューメンも有るけど、



3枚の、このチャーシューでも充分に満足しそうな、好い出来。

硬めに煮締まったチャーシュー、穏やかな醤油味で
スープと麺と三位一体の味って言うと言い過ぎ? ンな事ぁない
(正直言いますと、気が付いたら全部食べていた。 って感じ
サッパリとした、懐かしめのチャーシュー(だっだと思いマス)



慣れていないのか、これが“大吉スタイル”なのか。。。



不揃いの林檎...じゃなく、餃子たち。

取っ散らかった、この並びで出されたときゃ『ヲイヲイ・・・
』と。



でも、それを払拭して余るほどの味とボリューム 



餡は比較的濃いめの味付けなんで、酢コショウがピッタリ 
定番のラー油醤油の味付けも良いですけど、良かったら試してみて 

小振りですが、数がまた多くて。
数えなかったけど12個くらいかなぁ?(写真から判断デス)

普通は、ラーメンとバランスを取りながら食べたりしません?
今回は、もう全ぇ~ん然。 こころ行くまで堪能できました(大げさ




前回の暁天から、ずっと 『ラストは何処にしようか』 と考えて、ココに。
〆はアッサリの醤油ラーメンが食べたくて、狙いを付けたら大正解 

特別、強い味付けは無いですけど、いつ食べに行っても
構えず食べられる・・・・長く長く続いて頂きたい、そんな店デス 





あー美味しかった、ご馳走様。





それでは皆さん、よいお年を~~~
スポンサーサイト



比べてみたよ  ~カツカレー~


久しぶりにやってみました、「比べてみたよ」。

今回も「かつや」と「松のや」で。
そこの、カツカレーを食べてみました




まずは、かつやの「カツカレー(梅)」 702円。



何かの間違い? いや、びっくりしました

こういう風に出てくるカレーって、チョイと記憶に御座いませんぞ。
通常は楕円を横長にして出すモンじゃね~でしょうか?

まぁびっくりし過ぎて、オイラもこのままの
スタイルで食ったんですけど、なんか変。。。
ってか、やっぱ食いづれぇデスた 



続いては、松のやの「ロースカツカレー」 630円。



トレーいっぱいの大きな皿ですが、こちらも手前がルーで奥にご飯のスタイル。

ただ、幅がある分だけ、こちらの方が食べやすかったですよ。




そして、掛かっているルー(大柴)はと言うと。。。

食べる前は、『トンカツ屋んのらっけ、そんげに変わらんだろ。』
などと、高を括っていたんですけどね・・・


かつや



口にした瞬間に、『辛ぇ!』。

実際にはそんなに辛くは無いけど、
結構ピリッと来たのにビックリしまして。

唐辛子の辛さと言うよりは山椒のような
尖った辛さ...とでもいうんでしょうか。
かなりスパイシーな軽やかな味付けデス 


で、松のやは?と言うと



モチロン辛さも有りますけど、野菜や果物の
フルーティな甘酸っぱい味が口の中に。

かつやのスパイスを活かしたカレーに対して、
松のやは野菜・果物からの旨さを生かしている。

そんな風に思いました。




トンカツは、どちらも小さめ。
かつやは80gの一番小さいヤツで



松のやのは朝の定食用ですかね。



厚みが有って、松のやの方が食べ応え有ったんだけど、
フォークが無くてチョッと食べづらいですな。




全体のボリュームは、心なしかかつやの方が多いかも知んねです。
これは付け合せのキャベツのお陰もあるかと。

ただ、このキャベツをどかさんと、下のご飯が
食べ難い一面も有るんですけどね 


正直ね、コレだけ違いが有ると思ってもみませんでした。
どっちが美味い・・・と言われても、ちょっと優劣は付け難いです。

一年中同じ感覚で食べられるのは、松のや。
モチロン、一年中美味しいけど、夏の暑っちぇ盛りに
シャキッとさせてくれるスパイシーな、かつや。


松のやのカレーに味噌汁付いてなかったし、
とりあえず“今”は、かつやの方がイイかな? 




両方とも
あー美味しかった、ご馳走様。







手打ち麺処 暁天  ~ラス前の一杯はココ~


12月24日はキリス・・・お釈迦様の誕生日の105日前でして。

独りモンのオイラ...。
クリスマスイブなんて、とーぜんクリぼっち
 (なーに偉そうに

ケーキ代わりに食べるのは「ラーメンだぁ!」って事で



小千谷市三仏生の「手打ち麺処 暁天」にやってまいりました。


広い風除室には、券売機が1台。
人気店なんだから2台でも良さそうなんですけどね。



この中で、いっちゃん安い「ラー麺」でさえ740円!

正直言って、ちっとばか高ぁ~けんですよね、ここんチ。
盛りが良いんで、仕方ないのかなぁ・・・




食券を手にして入店。。。。
10時開店で現在10時半ちょっと前なんですが、、、

さぶいっ!

店内が広くて、暖房が未だ回ってない様子でして。

時折り、暖かい空気が降りてくるんだけど、
腰から下はブルブル、ビンボーゆすりも真っ青な程


それでも、待ち客が居なかったせいですか、
思っていたよりも早く提供、「から味麺(中盛)」 1020円です.....




ゲホッゲホッ 




いやァ、むせたむせたぁ 



スープに浮かんでいる、赤い憎いヤツ。
風邪気味だったのも有りますが、唐辛子パワーを
思いっきり堪能しちゃいました 

ただ、それは最初だけ。 後はチョッと辛い程度ですよ 


落ち着いたところで、仕切り直し。
から味麺の中盛です。



どーです、このデコレーション具合。 ケーキも真っ青!ってか?







ちなみに中盛と大盛は無料サービス。デフォルトと同じ値段で、ま~太っパラなこと。
んで、その中盛の麺はと言うと、、、



今日の麺・・・替わった訳じゃ無いだろうけど、少々水っぽかったデス。
いつもは硬さのある、モチっ
 とした硬さが、フニャっとしたモチモ
に 

ボリュームはね、オイラは中盛が一番だと思います。
並盛も220gと十分ですが、食べ終えると少し物足りなく、
そうかといって大盛だと腹がパンパンになり過ぎるようでして 




2種類のチャーシューも


 

前回は、パサパサで好い印象じゃ無かったのが、
今日のはとってもジューシー&Good塩っぱさの醤油味



黄身にまで、しっかり味の浸みた煮玉子や



たっぷりの白髪ネギや水菜も入っているんで
あながち高い・・・とは言えないかも 





そう言えば、スープの味ですが...。

水とスープを交互に飲んでいたら、ベースの味が
イマイチ掴み切れませんで。。。たぶん、醤油味かと 

慣れたとは言え、風邪気味の喉には唐辛子の刺激が強いんデスよ。

ただ、その代りと云っちゃあね、アレですが、
体の方はポッカポカになりました。

待っている間はブルブル震えていたんだけど、
食べ終わった時には薄っすらと頭に汗が浮かぶほど。


2018年・ラス前の一杯。
そう思って少し高いのを選んでみましたが、コレで正解 





あー美味しかった、ご馳走様。









台湾料理 鴻福  ~くっせぇ炒飯~


Youtubeで、けっこう良く見ているのがこれ 
 

音量が最大設定になってます。再生する時は音量に注意してクンナセ

「たっちゃんねる」さんのグルメ?動画で、おます 


この人の動画、いろんな店が出てきますけど、ほぼ必ず出てくるのが
名古屋市に展開している「味仙」ていう台湾料理店で、ここで
必ずと言って良いくらい頼むのが、「にんにくチャーハン」なんですね。




それ見てたら、もう食いたくなって堪らず



味仙・・・じゃ無くて、「鴻福」へ来ちゃいました 




お昼時で4割ほどのお客さん(大丈夫か?)でしたが、
シェフは一人なんで、調理時間は掛り気味。

オーダーして20分くらい掛かったかなぁ。。。
「ニンニク唐辛子入り炒飯」 680円の出来上がりデス。



相変わらず、でっけぇ皿 
 
差し渡しは直径30cmくらいでしょうか。

一人分というより、みんなで取り分ける
タイプの様な気がしてきましたよ 



顔を近づけんでも、ヴワッと上り立っているニンニク。



期待通りの香りにワクワクして来ます


パラパラと硬く炒められたご飯を掬い上げると、そこからまたニンニクが



味付け自体はデスね、少しピリッとしたものが
有るけど、いわゆる炒飯の味。

唐辛子入りなんだけど、辛さはそんげでも
無ぇんで苦手な人でも難なく食べらんると思います。


具材は玉子にニラ、こって(とても)細かく刻んだ人参と玉ねぎ。

肝心のニンニクってば、ドコに有るんか判らんほど
刻んであるみてらけど、食べているとカリっとか
シャリっとか歯触りがするんで、たぶんそれだと・・・ 





食べ終わって気が付いたんだけど、肉っぽいのは全然入って無かったです。
でもね、それを感じさせないパンチのある味だったって事でしょう 

ボリュームは、見た目どおりのタップリさ。
普通の店の大盛り、いや特盛りクラスに近いんじゃ・・・

お陰様で、この日の夜にあった忘年会。
ごっつぉ(ご馳走)が満足に食わんねかったのはナイショ 





あー美味しかった、ご馳走様。








たぶん、今年はこれが最後


天気予報じゃ午後から雨の天皇誕生日。

そんげに寒くも無いので、充電&オイル回しで
MT-07にチョイ乗りしてきました 



そうそう、今回は「W100」の初出動。
実際に使ってみると、起動に時間が掛かるのと、
連写機能が無いので、少し煩わしいかな? 

画質に関してはご覧のとおりで、当たり前ですが
通常使いには充分対応できると思います 




いつもの農道をヴィ~~ンと走って、
これまたいつもの「大河津分水」まで。




2011年 2000年まで稼働していた「旧洗堰」をバックに




そして、こちらは現在供用中の「洗堰」になります。



こうやって越後平野を洪水から守ってるんですね、
ありがたや有難やぁ~~ 


これは、旧洗堰越しに見える山々。



まだまだ地肌が見えて、ホント雪が少ないようですね。
あんま降って欲しくは無いけど、いささか心配になって来ます


ちなみに今日のオイラのカッコは・・・。



ざ・モコモコファッションとでも称しましょうか。
(ほとんど肉綿という説もありますが




このあとはR116の大河津橋を渡って



与板町を抜けて長岡へ向かおうとしたんですけどね。。。



もうすぐ与板ってところでポツポツと
が。
午前中は降らんっつってたじゃん 


多少なら。 と思ってたら、対向車はワイパーを
動かしてましたんで、チョイ乗り終了~~~

天気予報は、大みそかまでグズついた天気なんで
MT-07に乗れるのも、これが最後でしょうかね。

年内は
でも、こんな感じだったら年明けにでも?
無理かなぁ・・・・ 







食事処 船場  ~手際の良さ、名店の技~


先日「おが家」に行った時は冷たく寒い雨だったのに、冬至の前日の
金曜日は暖かく、冬らしさを余り感じられない年末ですね 


そんな金曜日、クリスマスムード漂う大手通りを横目に「食事処 船場」へ。



時刻は、おが家ン時と同じくらいの午後6時。




今回は先客1組の中、通されたのが
の真ん前のアリーナ席で。
いや~目立って、コっ恥ずかしぃったらアリャしない 

実はデスね、ここに来る直前まで悩んでたんですよ・・・。


 

「洋風カツ丼」にするか「サッポロ」にするか。。。
どちらも、ここ船場の人気メニューでして。


まぁ、おが家と比較してみてぇんで、サッポロをお願いして
待ってい....え?もう出来たの!?


は、オーバーですが、かなり早めに「サッポロ」 880円の登場デス。



比較するモンが無いんで判り難いかとは思いますが、
大きさは、おが家と同じくらい=でっけぇドンブリです。




味もやっぱり似たような...ってか、こっちが本家ですね 




でもね似てるとは書きましたが、こちらの方がコク・・・っていうか、
野菜を炒めたラードが多く溶け込んでるのかな?マッタリとした感じで。

それにね、気のせいか少しトロミも有るようですよ。

塩加減も丁度良く、スープがイッペだったんで飲み干せませんが、
グビグビと半分以上は飲んじまいました
(良いメタボはマネしちゃだめよ)





麺もね、似た様なものでしょうか。




ただ、こっちの方が少々軟わっこいかな。

おまけに、クソ熱っちぇ野菜がイッペ入っていて 



麺のボリュームがちっと判らんかった
 
(少しだけ、おが家の方が多いような)

炒め野菜の種類は同じですな、キャベツに人参、モヤシに挽き肉。

ボリュームもたっぷりですが、縦にかたまった、おが家に対して
師匠格でもある船場は横広がりタイプ。 の、ように感じました。





続けて行ってみた、「おが家」と「船場」。

アッサリ味噌のおが家に対して、ラードでコクの船場ってトコロでしょうか。
どちらが良いかって聞かれりゃ、微妙にアッサリ味のおが家が好みかな?
でもホント、これバッカリは好みの範疇で 

あと、提供時間の短さ。
かなり早く出てきたのは、空いていたせいじゃなく、
手際の良さじゃないでしょうか。

たぶん、お昼時は鬼のように出前&来客が有るんでしょう。。。
段取りよく色々なメニューを仕上げていかないと。

それを踏まえると、修行したおが家の提供の早さも頷ける...トカ 





美味しかった、ご馳走様。







お食事処 おが家  ~寒ぁめ時にはピッタリ~


雪下ろしの雷も鳴って、いよいよ冬の到来でしょうか。

雪にこそ成らんけど、雨が冷たくて。
『 こりゃあ、ハラん中から温っためねぇと 』 と思い、



長岡市川崎町の「お食事処 おが家」まで。

なんでも、コチラは長岡工業高前の有名店「船場」で修行された方とか。
船場の「サッポロ」同様、熱々の味噌ラーメンを期待しての訪問デス 
(まだ、船場に行った事が無いんですけどね




駐車場には何台か停まっていたんですが、



午後6時半ころの店内はオイラひとり。 

もっとも、食べている最中に次から次へと
客さんが入って、ほぼ埋まっちゃいましたけどね 



食べるモノは決めてたんですけど、





一応、メニューを眺めたり・・・あらら、丼モノが無くなってますな。
(ちなみに、白ボケしているのはレンズに着いた雨粒デス




オーダーして出来上がるまでに、時間の掛からんのは一人客の特権? 

結構早くに 「みそチャーシュー」 980円です。



でっけぇドンブリっ 
 差し渡し30センチは有りますかね。

上に見えてるティッシュの箱と比べて貰えりゃ判りやすいかな?




特盛にも十分対応できる程の大きさに、なみなみと入ったスープ。



軟らかくアッサリとした甘いスープで、大人しめの味付け。

塩加減は、それ程ではないんで、
スイスイ飲むんだけど、いやぁ熱っちぇ 

スープだけじゃなく、麺も野菜も熱々でして、
食べては水を、食べては水を。

そんげに早よ食わんでも・・・って言われるけど
早食いな性分はねぇ 




その熱っちぇ麺ですが、味噌はこの中太麺。
でも、背脂ラーメンなどで使っている太麺も選べるそうデス。




初見だったんでデフォにしましたが、太麺好きなオイラ。。。
でもね、この中太麺は大正解

スープが大人しくアッサリとしているんで、
この位の太さの方が、絡みが良いんですよ。

たぶん、もっと太いウドンみてぇな麺だと
スープが負けちまうんじゃないかな?(次回に検証だな)




麺・スープ以上に熱々だったのが、炒め野菜。



たっぷりのスープにドップリと沈んでいる野菜’sは
キャベツを主にモヤシとニンジン。
細っけぇ挽き肉もプチプチと好いアクセントで、タップリ入ってました。




そのせい?少し浮いた存在のチャーシュー5枚。



スープ同様に大人しめの味付けで、ホロホロと軟らかく
味は良かったんですが、ちょっと蛇足的な存在で。
(「みそらーめん」と130円しか違わんからって卑しんぼ根性を出したオイラが悪いんです

でもね、チャーシュー自体は美味しいんですよ、
チャーシューの名誉?の為にも、ここはキッパリと






店に入るまでに、雨に打たれて少し寒かったんだけど、
熱々のラーメンを食べ終える頃には逆に汗ばむくらいになる程でした。

ボリュームは有るけど、少し大人しい、あっさりとした味噌味。
専門店だとインパクトに欠けそうだけど、食堂のラーメンは
こういった感じの方が好いのかもしんねぇですね。




美味しかった、ご馳走様。





松屋 新潟見附店  ~ボリュームたっぷりカロリーたっぷり~


今月18日から発売のビーフ100%のハンバーグ。



新しモン好きなオイラですからね、
さっそく、「松屋 新潟見附店」に行ってきました。




いつも判り難い券売機。 新発売となると、輪をかけて 

なんとか買って席に着いたんですが、牛丼などのレギュラーメニューより、
かなり待たされて・・・「エッグビーフハンバーグステーキ定食」 850円です。





この厚み、普通の飲食店でもチョイと見かけませんよね? 



ただね、ブ厚くて熱のとおりがワルいのかなぁ・・・?

あとからの注文は、ドンドン出来上がっているだけど、
オイラのだけ、一向に呼ばれんかったんデスヨ 

もし注文されんなら、時間が掛かるのを覚悟したほうがイイかも



そのかわり、肉の食べ応えはバッチシ。



さすがに、肉汁がドバっと出て来る事は無いですが、
しっかりとした200gの肉の歯ごたえとボリューム。




デミグラスソースやポテトサラダ(中央の白いの)を乗っけても、



玉子の黄身を絡ませても 



どんなシチュエーションでも、しっかりどっしり受け止める肉 

しかし、200gって食いでが有りますねぇ。

いつもと同じく、ご飯もタップリで、もう腹はパンパン。


夕食は、軽めになりました・・・ 




ホントは、夜のメニューの様な感じですが高カロリーのコイツ。
昼飯じゃねぇと、消費できんような気がしまして

出来れば、酒を呑みながらゆっくりと楽しみたい...それほど結構なご飯でした。
(お世辞じゃなく単品持ち帰りにして、ワインなど飲みながら・・・

あ、ちなみにカロリーは1158kcalでっせ。





あー美味しかった、ご馳走様。








食事処 せと  ~脇役上手し・・・あ、美味しだ~


「食事処 せと」。


ブログ「いろいろいんぷ。」さんで、たびたび登場している店。
見附から行くと、この前行った「香月」の少し先になりますか 




店内はテーブル席と小上がり、それに厨房に面してカウンター席。

「いろいろいんぷ。」さんでは、ラーメン食ってたんで
カウンターのメニューから定食などを。





う~~ん、日替り定食か、もつ煮定食か・・・。


ええっと、今日の日替りは?



おっ、「べた煮」が美味そげらねっか。



越後の衆には、お馴染みなんで、県外の方に説明。

大根や里芋と魚(特に鮭)のアラ(頭・骨)を酒かすで煮込んだ料理。
ワリと大人向けの味で、オイラも子供ん時は苦手でした。

もう、県内でも年寄りくらいしか作らなくなった?郷土料理です 



店内は、ほぼ満席状態で、チョイ順番待ち。
それでも10分ほどで「日替り定食」 640円の登場 




まずはメインおかずの「豚の玉子とじwithニラ」。



食べ応えの有りそうな、たっぷりの玉子とじ。



ニラのほかに玉ねぎも入って、しっかり土台を作ってました。

味はチョイと濃い甘辛い味。

醤油が強めで、ご飯が進むんですけど、
それでも若干塩辛かったですわ 




玉子とじもナカナカですが、やっぱり、この「べた煮」が 



さすがに鮭は入ってなく、たぶんシーチキンかな?

鶏肉っぽい食感と、あっさりとした
酒かすの汁で、酒のつまみにも 

柔らかい大根にも、しっかり味がしみこんで。
コレをメインに日替りを作ってくんねぇかな? 




ご飯も


 

県内産米でふっくら軟らかく。



ドンブリも大きく、腹イッペになりました 




三つ葉とあぶらげの味噌汁も



あっさりとした味わいは、濃い目の玉子とじの緩和剤。

でも、決して薄いってことは無く、
出汁の効いた好い味噌汁でした 




べた煮から想像し得るに、「もつ煮定食」もナカナカ期待が持てそうで。
ほかのお客さんが食べてた「野菜炒め定食」も、捨てがたく。。。

でもでも、ラーメンの方も魅力がイッパイだしなぁ・・・。
いやぁ、悩ましい店を知っちゃったもんだ 





あー美味しかった、ご馳走さま。







2台のNikon

自分でも呆れるほどのアメオトコのオイラ。

天候を見ながら行く、デイツーならいざ知らず、
泊りがけん時ゃ、必ず一日は雨


雨ン中走んのは嫌なんですけど、それでも、
まぁまぁ苦にして無い・・・いえ、覚悟してマスが 

ただ、Blog的に全く画が撮れないのは、
ドーかなぁ...と思ってましてね 



ココはイッパツ、誕生日も有るこったし。

カメラを・・・・増台しちゃいましたぁ 



The・雨(男)用カメラ、「COOLPIX W100」。


防滴防塵仕様のカメラです。



コイツをレインウェアのポッケに入れて、
雨の中でも気になったモノを
と 




2台になったんで、
メインカメラである「COOLPIX A900」と


by W100
写真を撮り比べてみました 




まずはメイン機のA900。





続いてW100で。



画像サイズは同じ “2M” なんですけど、
ちょっとW100の方が暗く、ボワっとした感じですね 

まぁ、照明の状態がそんげに良くないんで
何とも言えませんが 


ともあれ、この冬遊びや来年のロンツーの時に
その性能を発揮してくれる事と期待してます 





プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR