FC2ブログ

食事処 海老名  ~お値段以上、エビナ~


前回は、「サンマ定食」がケチョンケチョン(死語?)だった
「食事処 海老名」。



今回は、前々から海老名のHPで狙っていた「天ぷら定食」を。




しばらくぶりに来たら、メニューが新調されてましたデス 



綺麗になって見やすくなりましたなぁ 





道路側に面した、掘り炬燵風の席に座って待ってますと・・・。

「天ぷら定食」 886円です。



天ぷらの空間が空き気味の...でも、886円ならこんなものか 



いっただきまぁ~す。。。 食べてみますると



ピーマンは、その苦みを消しつつ甘みを浮き出させて...。
でも、ピーマンのしっかりした食感が残っている揚がり具合。





カリカリの衣に包まれた長いエビは、プリプリとした
いかにも エビっ!って感じ 





 


サツマイモとカボチャはホクホクと。
(コレ大事です、たまぁに揚げが未だで、生っぽかったりすることも。)

厚みはね、5ミリくらいだったかな?

もう少し厚くても・・・でも、この位が
熱のとおりが良いのかも 





これは舞茸。

水沢観音の舞茸も美味しかったけど、
ここのも風味が、、、ヨロシおすなぁ 



そして最後に、もう1本の海老を。





「大海老」と他のメニューに書いてあったんで、
同じヤツかと思いますが、確かに長いですね。

大概は二口くらいで食べちゃうけど、コイツは
三口くらいで。 あ、もちろん尻尾まで




ご飯はね、若干物足りんかな?



デカめの茶碗でしたが、昼飯にはチョイと少ないようで。


ですがメニュー表に、こんな事が書いてありましたぞ。
いやぁ、うっかり見落としてましたぁ 



次回は大盛りでオーダー必須デス 




天ぷらも良かったんですが、意外にもこの味噌汁が
でして。



犬神家の一族みたく、水面からニョッとでているヤツ・・・。



小鯛のアラっちゅうか、胸びれンとこ。

味噌汁の中にダシも出ていますが、しっかり
身も付いてまして、堪能させていただきました 





天ぷらのボリュームが、物足りない感じでしたけど、
その質は、充分満足できるもの。 まぁ価格を考えりゃ...。

だいたい、ここんチは会席・宴席料理が本業でして。
宴席じゃ「秋刀魚」なんて、出てきませんもんね(って、まだ言うか

その代わり、天ぷらのような料理や
魚をダシに使った汁物は、お手のもの。


期待以上の美味しい天ぷらを頂きました 




あー美味しかった、ご馳走様。





らぁ麺武者気Matsuno  ~10円増し20円増し~


『 つけ麺が食いてぇ!』
仕事中に、ムクムクっと湧き上がってきたんです...

そーなったら何処へ行こうか・・・もう、そればっか(汗)
気もそぞろ(それじゃダメじゃん)、仕事終わったら速攻で、、、

「らぁ麺 武者気(むじゃき)Matsuno」まで 



さすがにね、ド平日の午後6時、人気店でもお客は2~3組。 

広い店内もガラ~んと 




対面衝立付きの一人席でメニューを見まして...



いえね、つけ麺は決まってるんですけど、量をどうするかを・・・ 

だって、大盛りが10円増し・特盛りでも20円増しですもん 




時間はそんげに掛かって無いとは思うんですが、
腹ぁ減ってたせいか、ちょっと待った感(もぉ~卑しんぼ

「つけ麺 大盛」 780円です。



あやや、、、明るい照明のせいか、チャーシューがテカっちまいましたぁ 




では、あらためて麺のドンブリのアップを。





中央に鎮座している、少し厚めのチャーシュー。



一枚は濃いめの味付けで、しっかりした食感の赤身肉(左)

テカっていた脂身肉(右)はスープで温めても、かなりラードっぽいなぁ。
ちょっと好きじゃ無かったっス 



  


煮玉子は、いかにも塩っぱそうに見えますが、意外と薄味。

サクサクメンマも、きちんと塩出しした上で、
しっかり味付けがして有りました。




そして、麺。



大盛の320gは結構なボリュームで。

硬く、モチモチというよりカッチリした食感は『硬すぎる』って
感じる方も居られるかもしれませんが、オイラは
ですね。

短めでツルツルと喉越しが良い麺は、一般的なラーメンの
倍のボリュームを難なく平らげさせてくれます 




真ん中に浮いているのは柚子。





なかなか大きい柚子ですが、意外と風味がしないんですね 


つけ汁らしく、濃いめの味のスープはオーソドックスな味。

タップリ浮いた油でコッテリしてますが、軽く魚介が効いた
醤油味にあとから僅かなピリ辛感が付いてきます。

酸味が・・・・有るような無いような、微妙な感じでした 




ここへ来る道中、
『夜らし...普通盛りに、しゅうか? いや、やっぱ大盛...やっぱ普通...』
と、迷いながら来ましたが、大盛りにして正解でした。

もちろん、普通盛でも充分以上なボリュームなんですケド、
食べやすいせいか大盛でもスルスルと。 
たぶん特盛も割と楽に食べられたかもしれませんね 

自家製麺ならではのサービス、腹っぺらしには有難いこってす 





あー美味しかった、ご馳走様。






髪の毛、薄くは無いけどさ  ~ぺヤング焼きそば~


日曜日にね、ウオロクに買出しに行ったんですよ。
なんか目ぼしいモン無えかなぁ~?ってカップ麺売り場に行ったら。。。



まるか食品「ぺヤング焼きそば スカルプD」だって。

あ、値段は税別で198円。
値段は少々お高めで 




スカルプDって、養毛剤でしたっけ?



経年劣化で、少なくはなっておりますが、
そこそこ毛髪は有るオイラ。

有難い事に、こーゆー関係のは使ったことが無いンです。

でも、どんげんモンなのか、お買い上げぇ~ 




パッケージの中蓋は、いつもの奴なんで置いといて。。。



中身は液体のソースと、何やら黒っぽいかやく 


これが液体ソースで



なんだか昆布エキスのような感じです 


んで、かやくの中身は、、、



ワカメやら、ひじきやらの海藻ですな。




では、いつものように麺の上にかやくを乗せて



残念ながら、肉っぽいのは見当たりませぬ。

あとの工程は、毎度お馴染みなんで 



3分待って蓋オープン。
かき混ぜて・・・



スカルプD・・・じゃねぇ、液体ソースを IN!


撮影してたんで、一か所に注いだのが悪かったみたい 



麺の水分が少ないのか、なっかなか混ざらねぇんです 


おし、やっと混ざったんで麺リフトぉ 



食べてみるとパサパサで、ドンドン口の中の
水分を持って行かれるようです。

いちおう味噌汁を付けたんで、なんとか
食えましたけど、飲みモンは必須ですぞ 

それとも3分茹でんじゃ無くて、もっと長く
置いてた方が良かったんかなぁ...。


味はね、塩ってパッケージには書いてあったけど、
なんか、ベビースターラーメンの様な味がします。

ライトな醤油+ソースみてえな・・・
だいたい、スカルプDってどんな味なんでしょうね 
 




かやくの海藻は、、、



細長く切ったコンブと、これが一番いっぺですね、ワカメ。

それからヒジキがアチコチに点在しておりました。




ただねぇ・・・普通ンのが130円位ですかね、んでこれが税別198円。
約70円の海藻デスカ...スカDが入ってる?からって、高杉じゃ??

パッケージには表にスカルプDの文字が入っているだけで、
成分云々は、なぁ~んも。
海藻ってさ、毛髪の育成に関係ねぇんですよね、たしか。



おしまい。





おまけデス。



メタボ対策としてカロリーも載っけておこうかなと。

セロリの酢漬け


チョッと思い付きで作ったら、案外美味かったんで
代わりに。 



Uオロクでね、今、セロリが1本100円で売ってんですよ。
ちょくちょく買ってたら、今回は2日ほどほったらかしにしてしもて 

ちっとばかシナくれて(萎びて)きて、生で食べるのも・・・
炒め料理に使っても良かったんですけど、、、


『そーだ、漬けモンにしてみよ 
』と。




セロリと、これまた冷蔵庫に残っていた人参をタッパに入れて



辛味付けに鷹の爪を3本ほど 





調味料は、味付け塩と



本だしを、だいたい同量に。



こんな感じ。




そこへ酢を





野菜の高さ1/3くらいかな? 
タッパなんで、しばらく浸けこんだらシャカシャカして掻き混ぜマスから


あと、酢だけだと酢っぱなるんで、


 

みりんと酒を大さじ1杯程度入れました。




浸けこみ前が、こんな感じで



一晩冷蔵庫で寝かせたのがコレ 










モチロン酢漬けなんで酸っぱいんだけど、味醂が効いてるんかな、
軟らかい酸っぱみとでも言いますか 

それより鷹の爪が効いちゃって。
結構口ん中がポッポポッポしております 

人参はパリポリと、さすがに生っぽかったけど、
それはサラダ感覚という事で 



良けりゃ参考までに... 





めんきち  ~鉄の街はやっぱりツバサン系~


新潟市を始め、下越地方に雪が降った(と、ラジオで)土曜日。



長岡市鉄工町の「めんきち」へ伺いました。

天気予報じゃ
とか言ってたんですが、ご覧のとおり...デス 




もう、随分のご無沙汰店でして。
前回来たのは・・・2010年となっていますね 

その時はね、「中華ギョーザセット」なるもので、750円。
『ラーメン食っても餃子が来ない、餡が薄い』
と、ほざいて居りました。。。オハズカシイカギリデ



今回は、お得な「めんきち定食」 1000円にしてみましょう 




メインスペースである、カウンターとテーブル席が満員で、
脇の畳部屋に案内されたのはラッキーでした 
 (ゆったり
出来ますからね)





ただね、床が油でスゲー滑んの 

行かれるんなら、足元に気を付けてねぇ 




オカーサンに注文してすぐに、、、



漬けモン登場~~~。




それからしばらくして、意外にも



餃子と、ご飯が。



厨房のやりとりを聞いていると、めんきち定食は結構
出ているみたいだから、常に餃子は焼いてんですかね? 




それからチョッと経って



「小中華そば」が来て、ラーメン&餃子のツートップ完成 
(フォーメーションが違う!とか言わないイワナイ




まずは「ギョーザ」から。



デカい餃子にキッチリ詰まった餡は、挽肉とキャベツがタップリ。
箸で割り開けると、フワンとニンニクの香りも立ちますぞ 

アレから8年。進化したんでしょうかね?(単にバカ舌だったとか)
味付けも濃過ぎず薄過ぎずで、そのままでも、ぐっどて-すと

オイラがいつもする酢コショウでも、丁度良かったデス 




ところが「半ライス」、コイツがとっても残念。



ボリュームはね、些か少ないか。 それでも普通の茶碗に
軽く盛ったくらいの量で、コリャぁ、まあ良いとして。

ただ、ご飯の状態が。。。 盛ってそのまま置かれてたんか
知らんけど、少々カピカピでして。

呑み会なんかで、皆んなノリノリなのに、
独りヒネくれている・・・そんな感じ 




で、エースの「小中華そば」。


あきゃ?! 手っ暗がりになっちもぉ~た


豚骨の香りはそんげでも無ぇですが、煮干しの風味がガッツリ



しっかりした醤油味は、チョッと濃い目ですが、
に書いたとおり、
煮干しがブンブンで、大人しくなったA福亭なんか目じゃありません 


『小中華らっけスープも少ねぇんだ、大丈夫

ドンブリが小さい事を言い訳に、汁まで完食しちゃいました(汗)
(いーんだ 今日、医者行ったばっかだから、次行くのは来年だし




麺は、ちっと軟っこいかな?



フニャってほどじゃ無いけど、他の店よりは軟らかめ。

でも、モチモチした弾力は充分残っているんで、
食べ始めたら全然気になくなりました。

ボリュームは、さすがに“小”ですからね。
半ライスやギョーザを食べて、トータルで丁度良い腹持ち加減に。


ただ、いつもより腹減ってたら...食べ盛りだったら...
100円増しの大盛(=中華そば同等)はオーダー絶対
ですね。

実際注文を聞いてると、「めんきち定食大盛」という
声が、かなり聞こえましたもん 





ここ鉄工町と云う所は、その名のとおり、鉄工場が多く存在してまして。
同じような町である、「燕」の“煮干しラーメン”。

いわゆる「ツバサン系」の元祖の味。
久しぶりにソイツを食ったって、満足感に浸れました 




あー美味しかった、ご馳走様。






初雪


おはようございます。
たった今の、ペコさん家前デス。



新潟市方面は結構降ったみたいですが、
コチラ見附は昨日は降らず、夜半にこれだけ。

今もチラホラ降ってますけど、今日はこのまま降り続けるのかな? 









らーめん勝  ~もう少し、もう少し~


平日の仕事上がり。
久々に「らーめん勝」へ行ってきました。



こっから、もう少し行くと...。



「鴻福」なんですが、ちょくちょくココは来てるんで 




入口左に券売機が有りまして。
醤油・味噌・塩と、各味そろった中から...








「野菜みそ」 850円を。



いわゆるツバサン系の店なんで、トーゼン、背油もタップリ 



甘くて大人しいスープ。浮いている油のワリには
豚骨臭さが無くて、とっても飲みやすいですね。


ただ、冷めにくいはずのメタル丼なんだけど
あんまり熱くなくて・・・

食べ終えても、ほとんど汗は出んのです。
あんまし寒い日じゃなかったんで、
汗かかないのは良かったんですが。

メタル丼使ってるからって事ではないけど、
もう少し、熱いほうが良かったなぁ 








その代わりと言っちゃあ何なんですが、



激熱とまではいかんけど、熱々&モチモチの四角い麺。

POPにね、「勝製麺所」とか書いてありましたが、
なるほど美味しい麺でした。

平日は無料?だったかな、この日は大盛り無料
でも、それにしなかったんスよ、、、

もう少し、食べたかったな・・・ あ~あ、失敗したぁ 




トッピングは、ほぼ野菜オンリー。



モヤシをメインに、ニラとニンジン、玉ネギを炒め煮にしたもの。



野菜みそと言うネーミングだけあって、山盛りなんですが、



肉の類いは、小さな挽き肉が僅かに入っているだけでして・・・

もう少し、肉が入って欲しかったなぁ 





野菜の炒め加減も丁度好かったけど、
肉が無かったせいかな?あんまり“コク”とか、
“力強さ”みとんのが感じられんかったのは残念デス 





美味しかった、ご馳走様。





福島潟。  ~いい天気でした (^o^) ~


免許センターでラーメン食って・・・いえ免許を更新して 

天気も良いんで、福島潟までフラフラと。



改装工事中の、水の駅「ビュー福島潟」の
に止めて福島潟へ。



おっ!
  休憩所の「潟来亭」んトコに大根干しが。



懐かしーなぁ。。。
お袋が元気な時は、タクワン用の大根を干してたっけ。

当時は毎日タクワンが食卓に載って、飽き飽きだったけど、コレを見たら
もっと食っておけば良かったなぁ・・・と、少々センチメンタルジャーニー 




まぁ、雨オトコも真っ青なブルースカイで気分は上々。



足取りも軽く、潟の方へ進んで行ったんだけど



白鳥はおろか、カモすらサッパリ 

潟とは反対側の



田んぼには居たんで、期待して来たんですがねぇ・・・。

遠くの方に白サギと、僅かにカモ。



上を仰ぎ見れば




トンビが一羽。

それにしても暖かくて。



遊歩道を観察棟(雁晴れ舎)へ向かって行けば



遠くに鳥の変態・・・もとい、編隊を発見 




観察棟まで来ると



今度は鉄の鳥、ハッケンっ!







観察棟内では探鳥のレクチャーをしていたみたいですが、、、



ご覧のとおりですからね...





それでも奥の方へズームインっ!していくと





おっと、ここでまた鉄の鳥 



繁殖地が近くなんで、よく飛んでますな 

まぁコレだけ鳥さんが居ねぇと、ド~にも画にならんので。




来た時と別な道を通って帰ります 





なんかね、簡単にグルッと回っただけだったんですが、
久しぶりに、こんな道を歩いたんで疲れちゃって(ヘタレだな




ビュー福島潟にも寄らず



R460で水原町から白根を回って帰ってきました 





その帰る途中なんですけど、



見事な紅葉の並木に出会いました 



これが今回のイチバン
・・・かな? 

なか卯  ~滅多に来ないんで~


長岡じゃなく、新潟まで免許の更新に来たわけ・・・

日曜日の午前中に来れるのが此方だけのも有るけど、
こんな時ぐらいしか、はるばる新潟に来ないもんデシテ 


ならば、朝メシも 
という事で新潟県内に2店舗、それも新潟市内にしかない
「なか卯」の、新和店まで。



なか卯も券売機、それも松屋ンのと同じタイプ。
やっと慣れましたが、ちょっと苦手ですね 

違うのは、その食券を店員に渡して...応対はセルフサービスじゃねぇです 




さすがに牛丼よりも時間が掛かり気味で
「豚角煮重」 790円が運ばれてきました。



あのさぁ、、、蓋を付けるほどコーキュー感を醸し出すんなら
お重も真っ直ぐにしてきてよ・・・と、細かいオイラです 




ほんじゃ、蓋をオーポン



甘そうなタレに包まれた角煮が4つ、いかにも出来合いの
玉子焼きと、上の漬けモンは野沢菜漬けでした




角煮はモチロン、軟らかくじっくりと煮込まれているようで



赤身肉のところは繊維に沿ってジンワリと解れていって、
脂身の部分も口の中で溶けていっちゃう感じ。

ただ、タレがちょっとばかし甘すぎっかな?
口ン中がイガイガして、味噌汁かなんかが欲しくなりましたもん。




ご飯の方にもタレがびっしり。



ツユダクならぬ“タレダク”状態なんで、
有難いやら味が濃すぎるやら。

まさかとは思うけど、重箱の高さの割には



ご飯のボリュームが無かったんで、うどんかなんかを
付けて食べるべきだったんでしょうかね? 





まぁ、いいか。
少なかったお陰で免許センターのラーメンも食えたことだし

次回(有るろっか?)は、牛丼とうどんを食ってみっかな。





ご馳走様。








いよいよ。


新元号、いよいよ来年4月1日以降に発表だそうで。

カレンダー業界やらシステムエンジニアやら
『手間ぁ掛るっけ、早よしてくれさ!
って声が揚がるなか、やっとひと月前にですか。



“新たな元号の移行に伴う官公庁のシステム改修を円滑に行うため”
として、1ヵ月の前倒し...(民間はドーでもイイんかい

実際には、そういう言い方じゃねぇけど
オイラにゃ、そう取れましたがな 



さてさて件の新元号。

明治以来の元号のイニシャルである
M・T・S・H 以外のアルファベットからだそうだから、使えるのは
A・B・D・E・F・G・I・J・K・N・O・P・(Q)・R・U・(V)・W・Y・(Z)。

4月1日の発表だとエイプリルフールだから漢字にすると
「四月馬鹿」。
これだと長いから、二文字を探したんですけど、出てきたのが
「万愚節」「愚人節」。

万愚〇×年とか愚人▽◆年とか・・・ 


こんなフザケた事を書いちゃうと、怒られますかね? 
まぁ、変人(態)ペコさんなんで、ご容赦を 




笑っても泣いても、来年は新元号。 もう20年もすると、、、

『ホンに今の〇〇(新元号)生まれってヤツは 
と、怒っている平成生まれのオッサン・オバさんが
闊歩してるんでしょうな 


もっとも、その頃オイラはカンオケにドップリ浸かってるか、
よくて片足を突っ込んでいるんでしょうけどネ 



プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR