FC2ブログ

遅ればせながら アケマシテオメデトウゴザイマス


     毎年恒例っちゅうか、お正月になると呑んでいたのが




朝日酒造「元旦しぼり」。




今年は年末年始にかけてバタバタしていて、すっかり忘れていました 



   で、気が付いたのが先週末(どんだけ忘れてたんだ!?)。

      慌てて、いつも売っていた近所のスーパーへ行ったり、
      楽天&密林を検索してもどこにも・・・




  『もぉ、売ってないかな?』と諦め半分だったんですが、フツーに探せば・・・??

   YAHOOで‟元旦しぼり”を検索すると、意外と簡単に出てきたんで、
                                  ちょっと拍子抜け(笑)




売っていたのは県内・村上市の酒店「酒のかどや」。

楽天にも元旦しぼりは出ていたんですが、なぜか2012年のヤツで。
これも年代違いかと、ちょっと心配だったんですが、ご覧のとおり




                          今年の商品でした 






            よし、11年集めた絵馬も







            あと、一つッ!







          ひと月遅れの正月酒を‟節分”に堪能するかな 

















スポンサーサイト



かつや。 朝から煮込みですぅ。。。


朝イチだから空いてんべぇ』と、ほっとぴあで朝風呂に入ってから、家でマッタリ。

   空かせた腹を抱えて、10時の開店目掛けて行って参りました。




         「かつや」見附店。




         今日のお目当てはコレ




チキンカツ×鶏煮込みシリーズです。


     店内にはカウンターに3人ほどの先客。
     それに倣ってオイラも、その片隅に座ってオーダー。


         少々待ち気味かな、、、
「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」745円(税込み)デス。




        (実際は100円引きチケットが有るので、645円ですが ^ ^ )




      鍋・・・で良いんですかね、中の鶏はこんな感じで。




相変わらず、商品写真より色がくすんでいますなぁ。
でも、その歯ごたえは実にジューシー。 噛み締めるとフワリと生姜の香り。

         そうそう、 
 って
書いてあったもんね。

甘辛い醤油味の邪魔にならない程度の生姜の風味。
生姜醤油のラーメンの具材にも使えそうですよ 

熱かったのも有りますが、コイツのお陰か、
店を出る時には薄っすらと汗ばんでいました。




     こちらはチキンカツ。

       

 プリプリの鶏肉と下はしんなり、上はカリッとした衣の妙とでも言いましょうかね。
  軽くかかった玉子も、好い仕事してました。


     そして断面ショー 




          この、横に向いたヤツをガブっと噛むと、
ネコ舌さん、ご注意! 口ん中を大ヤケドしますぜ 

    配膳されたお盆の中で、イッチャン熱いのがこのチキンカツでした。
    そんな熱々のチキンカツですが、それを我慢しても食べたくなる出来。

        レギュラーメニューにチキンカツが入ったせいなのかな?
         ふっくらとした厚みで、食べ応えの有るチキンカツは
         食べてて楽しくなります 




      ただ、ちょっと気になったのが




          ご飯。。。

        今までは、どちらかと言うとカツが先に無くなり、豚汁で〆る。
          みたいな感じで食べていたんですが、今日は先に
           ご飯が無くなりそうでした 

                気のせいか、ご飯茶碗が小さくなったのかな?
                底が尻すぼみになったみたいなカタチです。




                   
                                   あとは、少し豚汁が
                          温かったかなァ・・・。






          なにはともあれ
                    あー美味しかった、ご馳走様。










                    おまけ @ 報告


     かつやから帰ってくると、キッチンの方から ザーーーー と音が・・・。




       給湯器、使えるようにナリマシタ。


                   出るのが判るようにと、レバーを開けてたんだっけ。。。

                                         あ~水道代が・・・








ペコ家の凍結日記。


   今朝、普段より遅めに起きて、恐る恐る洗面所の蛇口を回すと・・・・


くぃっ!


         チョロチョロチョロ・・・・。

               おっ!?



  じゃ、洗濯機は?

    ビー、カシャっ    ん”~~~~~~~~



                 チョボチョボチョボ・・・・。





バンザァ~~い、洗面所の水回り、
復活ぅぅぅぅぅぅ \(^o^)/









               ちなみに給湯器は、まだ沈黙の艦隊です・・・・ 





もしかして今までで一番かも



       結局ね、「ほっとぴあ」に行けたのが、きんのの金曜日。

      前回記事の木曜日に行ったら、建物のはす向かいにある
      大駐車場は満車と、除雪もまま成らない状態で・・・

         今回は、もう ド~しても入りたかったんで、
        仕事を定時で切り上げて速攻で向かいましたよ 



   シッカリ体を洗った後、長々と湯船につかって 
   さっぱりしたとことで一階にある「健幸食堂味っけ」へ。

          広ぉ~い食堂内は座卓やテーブル、はたまた
          道路に面したカウンター席とさまざま。

        守備範囲はラーメンやら、そば&うどんやら、カツ丼など
        バラエティに富んでます。

       
  

       
  





     そんなメニューから選んだのがコレ、
     「野菜たっぷりタンメン」680円です。




       到着するとふわりと香る、ラードかな?炒め油の好い匂い 







     まずはスッキリと澄んだスープを一口。




                     熱っちぇ!

     失礼ながら、こんなトコ、大した事は無いだろうと高を括って飲んだら
     熱々じゃないですか。  もう、ヘタなラーメン専門店もビックリ。

     一口目を飲んだ時は『ちょっと薄い?』なんですが、食べ進めて行くと、
     それが丁度良い塩加減になっていきますね。

               店名どおり、「健幸」的な塩梅という感じかな(笑)
           



     野菜たっぷりの野菜たち~~~。




           二郎系のような、暴力的な量ではありませんが、
           常識的な分量としては充分に多い野菜量です。




     モヤシだけに頼る事無く、キャベツや玉ねぎ人参など種類もまぁまぁ。
     チャーシューは入っていませんが、軟らかく臭みの無い豚肉がかなり。



      正直、麺なんか一番バカにしてたんですよ、
     食べログのコメなんか見てると麺量も少ないなんて書いてあったし。




     でも、野菜の下からほじくり出して来た麺はプリップリでボリューミー。
       後々になると小腹が減っちゃったりしますが、食べている時は
       『小丼、頼まんで良かったぁ・・・』と、思ってましたデス。


        風呂上がりのサッパリした体にスッキリとしたタンメン。
        ホント、極上の味に思えました 




         さすが、大人気メニューと書いてあるだけあって、

                         あー美味しかった、ご馳走様。







     PS ラーメンも美味かったけど、次はカツ丼系に挑戦らな。













いやぁ凍った凍った。。。


きんの、荒れそうだから って早めに退社して、でもスーパーで買いモン。
                                                    (だってレーゾー庫、空っぽだからさ)


  帰ってきたのが18時半過ぎ。
  取り敢えず給湯器からお湯を出して・・・と?

              スカッ?スカッ?    えっ!?

                         スカスカすか・・・・・ええっぇぇ!!!



寒かった日の朝方に凍る事は年に1~2度ある年も有って(今年も1回 ^^ )
    お湯が出ないのは経験済みだったんですが、昼間っから凍ったのは
    久・し・ぶ・り (有るのかよ) 




   翌朝である今、玄関ドアは




            いやお恥ずかしい限りで・・・。

           で、玄関の気温はただいま0度を表示しておりますな。







   玄関ドアを開けた外の世界は




                    意外と積もってませんでした。。。


昨日帰って来た時点より、少しだけ降ったのかな?
            それより風が強い強い 




     チャチャっと雪かきしてこんな感じに。




      暫らく外に出して置いた温度計は。。。




               お~、マイナス4度


予報はマイナス3度(3時)なんで予報越え~~









  さて、今日はドーすっかな?
きんのの晩メシの後片付けも、ままならん状態だし(だって水がしゃっこいモン)。



          風呂も入らんねっけ、「ほっとぴあ」@初体験に行ってみよっと。









   

      追記。 顔、洗おうと思ったら洗面所の蛇口がまわらんかった・・・。
          さすがにコレは初体験 

サーモンの焼き漬けを作ってみました。


日曜日にプラント5にふらんと行ったら、サーモンの安いヤツをめっけ




     生鮭のある時期には何度か焼漬けを作っているんですが、
超安いのばっか選んでいるせいか、全然油が載って無いんですね。

           コイツなら油たっぷりありそう、、、と思って買ってきました




          ご開帳




おー、見るからに油がギラギラしておりますなぁ。




そんじゃま、調理開始っと。



        まずは漬けダレの準備




麺つゆ1に対して水0.8、残りを酒とミリン・・・くらいかな?(でた!必殺目分量
  そうそう、オイラは甘みを出したいので、三温糖を大さじ1くらい入れてますが、
  キリっとした味が好みの人は、入れない方が良いかな。




        粗熱を取った漬けダレを食品パックに少し入れて・・・。




いや、しなくても好いんですが、鮭の油@熱々でパックが傷みそうと思って




     そこに魚焼きグリル&スペースパンで焼きあがった鮭をジュっと。




鮭を入れたばっかりの時は、まだ熱いんで、冷ましてから冷蔵庫で寝かせます。




       半日(今回は一晩)置いて、取り出したのがコレ。




                        あんま変わって無いっスかね?




小洒落た(?)皿に盛り付けて完成ィ~。




       横から~~~
    
   

                            判ってたけど、結構薄いなぁ






    感想。

やっぱ油が載って、美味かったですよ。いわゆるハラセの部分なんで
     皮ギシの部分の油がプルプルしているのも
        塩っぺも甘さも調度良かったし。

もう少し厚みがあると・・・って思いますが、まぁしゃーないですな






              おまけ。



一食分、取り出した後の漬け汁デス。
               良ぃ~油してるじゃないですか










吉野家のシチューの様なカレー


    最近の吉野家。
新メニューラッシュで黒いカレーを出したと思ったら、今度は白カレーとな。

黒カレーはレビューし損なったので、ならばと白カレーを食べに行って参りました。






      席に座り、メニューを見ると・・・無いっ!



                             え~~~~?やっぱ無い 


               やべ。記事にならんじゃん。。。
              少々ビビりながら、店員さんに聞いてみると・・・。









 『有りますよぉ』

               おー、壁に輝く白カレーのPOP 



                                 ヂャ、ソレクダサイ m(_ _)m



   吉野家にしては少々待ったかな。
             はい登場です。。。






  「白カレー」350円 うぃず 「牛小鉢」170円 デス。



          『牛白カレーも有るねっか』って思われた方・・・
                              ちっちっち 




牛白カレーは550円、白カレー&牛小鉢だと520円なんですぜ
それに、カロリーも低くぅザァ~マスのよ

それに最初から御飯に牛さんが掛かっていると
カレーライスとしての味が判り難いじゃないっスか 



       ほんじゃ‟ カレーライス ”から。



ふぅ~ん。。。なかなかピリッとスパイシーですな。
でも、このモッタリした感じはシチューの様な。




             ちなみに具は一切入っておりませんです。

         たしかにスパイシーで、それ(カレー)っぽいんですが、
カレーか?って聞かれると『カレー・・・かも知んねぇ。。。』


ただ、アリかナシか?と聞かれたら、これは『有りですっ!』
                                と言えますね 



        こちらは断面ショー。




福神漬け代わりに牛丼の供、紅ショウガをあしらえてみましたぁ。

相性は悪くないですよ。




        そして牛小鉢から白カレーと牛さんの競演。



         正直申しますと、、、両方の個性が強すぎて。
        美味いんですが、何が何だか判らんくなってしまいました 

             もちろん、美味しいンですよ。
            でもこれは別々に食った方が楽しめそう。。。



            無論、これはヘタレ味覚のオイラの感想なので、
        『美味いじゃん!』と、言われる方も大勢いられると思います。

                    (だって基本的に二つとも美味いし ^^)







                              美味しかった、ご馳走様。








       そうそう、こんなのも。

          待っている間にパシャリと



                 鏡に映しているみたいでしょ?

          角度が悪いんですが、こちらなんかもっと。



     吉野家って、こう云う所にも気を使っているんですかね、大したモンだ。
















念願の宿題店へ訪問 - あさひ楼 -

 
          とうとう・遂に・at last!  ちぃっと大袈裟でしたデス 

       長年の宿題店である、糸魚川市能生の「あさひ楼」へ
       行って参りましたぞ 

         前々からウワサに聞いて行きたくて。
        去年の北陸ドライブの帰りに寄ってみたんですが、
        その時はもう駐車場が・・・

        今回は、もう ‟あさひ楼” 目的で準備万端の出発。
        でもナビで案内された あさひ楼 の駐車場に着いたら
        空きスペースは、あと一車分。




何とか隅っこの、



そのスペースに車を止めて




川沿いの小路を20mほど上がって、
念願の「あさひ楼」に到着しました。




予習通り、入口右に見える厨房の女将さん?に人数とオーダーを通して


    傍らの給水器で水を汲み、レンゲを持ってテーブルに。




しっかし、この水がまた美味い。 この水で作るんだから絶対美味いはず。

                   なぁんて期待がどんどん高まります(笑)


       ほぼ開店時に入ったんですが、20分ほど待って2ロット目。
        腹ペコだったんで、凄ンげぇ待った気がしましたよ。


         いよいよ登場、「ラーメン(普通)」600円です。




   これも噂には聞いていたんですが、油が・・・




透明で、綺麗な油が厚さ2ミリ? それ以上でしょうか。



       飲んでみると、それ程油っこさは感じられませんね。
       これはひとえに背脂ラーメンを食べ慣れた所為も、あるかも。

        ですが、ベースになっている醤油スープにも、その訳が。




柔かい甘さのスープ。 その出汁は魚介系、それも強烈な煮干ダシ。
スイスイと飲めて、小さい丼のせいも有って全部飲んじゃいました 



         これもまた有名な軟らか麺。




油っこいと聞いていたんで、てっきり太めの麺かと思っていたんですが、
    かなり細い麺に、ちょっと麺喰らい~ www

       たしかに軟い麺なんですが、いわゆる延びたブヨブヨな食感でなく、
こういう軟らかさの麺なんだと納得できるもの・・・うまく表現できんなぁ(爆)

       まさに、あさひ楼の麺。 啜る手が止まりませんでした。
      麺の量もたっぷり。 表記はなかったですが200g位有るのかな?
      小振りの丼ながら、いやぁ喰った食った。



    ほいで、こちらがチャーシューですね。


  

冷たい時はシッカリしていたのが、スープで温まるとホロホロと。
     でも、赤身肉自体は歯応え良く、浸み込んだ醤油の味も絶妙でした。

          まったく、帰りに何処かでもう一杯・・・なんて画策して、
        チャーシュー麺にしなかった自分が恨めしい 




残念なのがオイラんトコから、ちっとばか遠いところかな

         でも、ここまで食いに来る価値はありますね。
         その際はチャーシュー麺850円にして、後顧の憂いを
         残さないようにしなきゃ・・・ ですね 
 



                       あー美味しかった、ご馳走様。












今日のおでんは変わったモノに

 
    冬だからしょうがないけど、連日寒いっスね。
   今日は、変わった種を使っておでん作ってみました。


   いちお~、主夫(男やもめとも言う)していますんで。
    炊事なんぞもチョッとばかり 



   毎冬1~2回は、こしらえているおでん。
   いつもは堀川のおでんの種セットを使っていたんですが、趣向を変えて
   こんなのを。



練り物は野菜天一種類だけで、他は厚揚げが油モノかな。

            タップリの水に結び昆布を浸して、麺つゆ、酒。

醤油臭くなるのが嫌だったんで塩を少々と、それでもまだ出汁が
弱かったのでスティックの昆布出汁を追加してみました 




  で、盛り付けてみのがコレ。




      あっちゃあ・・・。 ゴボウ、ちゃんとあく抜きしたんですが。。。
      玉子が黒っぽくなっちまいました 

   具材は下茹でした大根と、あく抜き&下茹でのゴボウ、色が付いちゃった
   茹で玉子に、今回変わり種の「鶏の手羽」。

                       あ、糸コンニャクを忘れてた (-_-;)

    色は少し濃くなったんですが、味は
    いつも目分量でババっと調味料を入れていたんですが、今回は慎重に。

    最初に麺つゆをチョボチョボと味見しつつ入れて、途中から塩で微調整。
       やっぱ、こうやって丁寧にやると、上手い事いくんですなぁ。

        
でも、味は好いんだけど、量が・・・。
どーしてもいっぺになっちまうんだよな(爆)










雪の中の瀬戸内の味・・・??

   
    日中は綺麗に晴れていたんですが・・・



新聞に入っていたチラシを見たら、幸楽苑で「尾道ラーメン」を出したと。

まさかねぇ、こんな天気になるとは、、、はぁ。

いや、行かなきゃ良いだろ は、無しで 



      まず、「尾道ラーメン」とは・・・。

豚の背脂が浮いた醤油スープと平打ちの麺が特徴。

                                        だそう。



    すこし、オペレーションが不安なオジサン店員の段取りに心配しつつ

 はい、「尾道ラーメン」561円です。






  まずは第一印象。

    わっ、真っ黒。 今までの幸楽苑のイメージとは、かけ離れた印象です。



なる程、随分と大きな背脂が浮いていますね。

ただ、背脂ラーメンを食べ慣れた越後人には何とも寂しい油の量 


           味は・・・結構甘口だなぁ。。。

       出汁の甘さでは無く、使われている醤油の甘さ・・・そんな感じ。

        塩加減は調度良かったんで、完食も出来そうでしたが、
        まぁそこまで頑張る必要も、、、




それと共に『麺は?』。  たいして大きくはない丼なんですが。。。。

  麺を(ほじくり)出してみると・・・



ん?これって平打ち麺じゃないですよね。

    それはともかく、前より食感は良くなったかな。同じ多加水麺なんですが、
     もっちりしてジャンク感が薄くなっていました。


      ただ、やっぱり麺のボリュームは足りないようです。
       無料チケットで付けた餃子のお陰で、やっと腹いっぱいに
       成れた程度。




       値段が安いんで、それなりのボリュームなんでしょうか、
       これ単品だと『腹減った~』って時には力不足かも。


           餃子や半チャーハンは必須アイテムですね 




                                     ご馳走様。















プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR