FC2ブログ

福助食堂分店  ~洋風カツ~





オイラが知る限りでは長岡市内に3店舗ある「福助食堂」。



この3軒が、どんな関係かは知りませんろも、以前、ラーメンや洋カツを食った「神田店」

ラーメンやまと」「津々味亭」に近い高見町の「分店」、
DSCN3277210307.jpg
そしてホンジツ伺った店は栃尾地区・・・平成の大合併以前は

歴史豊かな自治体・栃尾市デスタが、今は長岡市に埋もれてしまい・・・



おっと、ハナシが脱線しましたな、ココは道の駅「R290とちお」近くの「福助食堂分店」 

トコロは長岡市栃尾泉101になりまする。
DSCN3284210304.jpg
外観同様に内装も。厨房をL字に囲むようにカウンター席、

入口付近はテーブル席で奥に小上がりが3卓。



言い方がワリぃけんど鄙(ひな)びた、でも好い佇まいを醸し出しとりますな 

こんな昭和感漂う店で洋風カツ丼を戴いてみよーかと。






っちゅうのも食べログで見ましたら、神田店とはまた違う面持ちしてましての。
DSCN3299210304.jpg
『コリャ食ってみんばならん』とやって参りマスタ。



ちなみにココんチでの呼び方は「洋風カツ」、
DSCN3296210304.jpg
確かに『皿盛りて丼は違うだろ』のツッコミは排除してますなwww

でわ、あらためて。
DSCN3302210307.jpg
福助食堂分店の「洋風カツ」850円でゴザイマス。



っと。比較で神田店のヤツも↓
DSCN7795神田店200627
豚カツに対してスクエアに切った神田店、

まぁコレが普通ナンデスろも、ココんチのは斜めにカット。
DSCN3306210307.jpg
ソコにたっぷりとオレンジ色、おっココはトマトソースを使ってるんだな 



キモのソースはフルーティって訳でも無いんだけんど、

甘酸っぱい爽やかなソースな味付けで、デミグラスだった神田店とはまた違う味。



コレだけ華やかな味らと豚カツとケンカしそうなイメージ(オイラだけか?)ですが、

甘酸っぱさの中にピリリとコショウ?スパイスが後から効いて来まして

全体を引き締める様でアリマス。



そんなちょっと濃いめ・酢っぱめの味付けですが、

そんな時ャコチラのスープがお役に立つのでアリまして。
DSCN3316210307.jpg
ぱっと見は味噌汁かと思いきや、アッサリとした中華スープ。



たぶんラーメンのとは違うンでしょね、

洋カツとミスマッチの様な感じなんだけど意外に有ってましたよ 






肉の厚さは・・・ってアッキャ、コロモと肉が分離独立宣言してしもたな 
DSCN33212103074.jpg
さっぱりとしたロースとソースがたっぷり掛かってもカリカリ感を失わんコロモ。



ソ-スに負けない出来上がりだけに、このバラバラ加減はいささか残念至極なのですが、

それでも豚カツとしてのアイデンティティは健在ですからポテンシャルは高いと。



カツ丼の玉子で身を固めたり、定食でそのまま食べるなら

立派に豚カツとして楽しめるってトコでしょうなぁ 





そして洋カツの付け合わせならサラダも欠かせないモノ。

ココでまた残念なお知らせです。
DSCN3311210307.jpg
サラダと言えば、生野菜とマカロニorポテサラなんですろも、

神田店と違ってココんチは生野菜だけナンです 



その生野菜のキャベツもコレはお世辞にも千切りとは呼べんなぁ、
DSCN3314cut210307.jpg
どっちかと言えば細長い短冊切りか?


千切りの柔らかい口当たりは皆無、コールスローみたいなザクザクした食感に

草食動物になったキブン・・・は、イイ杉かも知んねですけどさ 






あと、やっぱりコレもなぁ。 ご飯を盛られた位置がね、ほぼ生野菜の下。
DSCN3313210307.jpg
ソースの強い味付けを避けるためなのかと思いますろも。



でも、半分位は豚カツの下に敷いて欲しかったっす 












美味しかった、ご馳走様。















スポンサーサイト



READ MORE

喜味屋食堂  ~洋風カツ丼~





ここで「洋風カツ丼」を食うのは2回目。
DSCN0760.jpg
長岡市摂田屋5-10-21 「喜味屋食堂」にフタタビ・・・前回が2カ月前の

味噌ラーメンらったすけ、ココのリピート率も かなりなものになりますか。



最初に洋カツを食いに来た時は、もう2年半も前になるんですなぁ、

あん時ゃ大雪で交通機関がマヒってヘンタイ・・・違ご、大変でした 






ガラガラガラァー ど~もですのぉ~。



いつものように厨房脇の4人掛けテーブル席に座ったんだろも・・・寒ァぶ 

クーラーの風がガンガン来るんで慌てて反対側へ移動して
DSCN0768.jpg
あ、ちなみに厨房ってこんな感じ、あんまりよく見えませぬが。



いちおう頼むモンは決まってるろも、メニューを見るフリしながら
DSCN0765.jpg
『洋風カツ丼をクンナセやぁ 』 と。






メニュー表の頭に★マークが入っていますからね、出来上がるのは早いんですよ。
DSCN0774blog.jpg
はい、喜味屋自慢の「洋風カツ丼」950円がやって参りました。



まずはオドロキのサイドビューからぁ 
DSCN0785.jpg
ナジでございましょ? 小高くコンモリと威容を誇る喜味屋の”洋カツ” 

ツヤツヤと輝くデミグラスソースに浮かぶその姿、食ってる時はナリフリ構わずらったろも

今 こーやって改めて見ますと、カリオストロの城か モンサンミッシェルか・・・違ごか? 






さて実食です。

たっぷりとデミグラスが掛かるトンカツをひとつ・・・ピックアップしてみますればホレ。
DSCN0806.jpg
カツカレー以来の懐かしい横顔? 分厚さを魅せてクンらんるんです 



デミグラスは前回でブー垂れた記憶も有りますろも、いろいろ食って慣れたのかな?

ちっとテロテロした小麦粉感は有りますろも、少しフルーティさも醸し出すナカナカの味で。






それにしても相変わらずイッペらなぁ、毎度の様に発掘作業致しましたけんど
DSCN0826.jpg
タップリ1合半以上は有りそうな ご飯。



今日のご飯は軟らかめだったんで、デミグラスと合わさって

飲みモンの如くスルスルと食べましたろも、そのボリュームに かなり苦戦しとりますぅ 






約1/3まで来たところで腹の方は八分目、まだまだ食えますろも晩メシが・・・・。
DSCN0831.jpg
いやいや。 今は目の前のテキをやっつけねば、そう思い一心不乱に食って



なんとか完食を果たす事が出来ました。
DSCN0840.jpg
さすがに食い終わった直後は、満腹というよりもチョッと気持ち悪る・・・・・ウップ 



けっか、晩メシは抜き・・・・・

乾きモンをつまみに薄めのチューハイ2杯をチビチビで 終ぅ~了ぉ~ 










歳をとったのかなぁ? 意地クサレなんで今後も普通盛りは続けますろも、
DSCN0765cut.jpg
皆の衆は無理しねぇで小盛りも視野に入れてクンナセね 



でも、ガッツリ食いたい時はやっぱし喜味屋は外せませんなぁ 












あー美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

春野屋食堂  ~洋風カツ丼~




梅雨でシトシト鬱陶しい雨の中、見附の自宅から車で約30分ってところ。
DSCN8216.jpg
長岡市宮内7-3-10「春野屋食堂」、2回目の訪問デス。






バイク用品店の「新潟中央部品」に買いモンが有りまして、その次いで・・・ってか。

まぁ、ドッチが次いでらか判らんですろもね 




皿に盛られて提供される、長岡市民が誇るB級グルメの「洋風カツ丼」。
blog_import_5c8bc32b9fc0e.jpeg
これはレストハウス旅路んの





『ドンブリじゃ無ぇだろ』って言われる向きも有りましょーが、

とにかくワンプレートが基本スタイルなんです。






ところが、春野屋食堂の洋風カツ丼・・・・

食べログに載ってた写真を見てびっくり、燦然と輝く どんぶり飯。
DSCN8231cut.jpg
なんと、ここんチの「洋風カツ丼」980円はセパレートなのデス 
DSCN8228.jpg
『もうすでに、カツ ”丼” でも無ぇし』・・・・おっしゃる通り!オイラもそう思いマフ



が、店が洋カツと言っているんだから、そこは従いましょか 


それでは、まずはソースがどっちのタイプかな?
DSCN8241.jpg
ブラウン色の見た目はデミグラス、その味は?と言いますと

無塩バターで延ばした様な、少しのっぺりした舌触りナンですな。



もちろんお味はデミグラスで、奥の方にフルーティな旨味が控えているタイプ。

酸っぱいとか苦いとか際立った味は無く、ホンワリと柔かいデミグラスって感じかな?



ちょっと変わった味ですろも、食べている内にクセになりまして、DSCN8255.jpg
食べ終えて残ったソースまでこんな風に綺麗に平らげちゃいました。





そんでベースとなるトンカツですが、コレがまたデカい!  
DSCN8240.jpg
たまぁ~に ”草鞋トンカツ” とか云うヤツが有りますろも、まさしくそれっ 

草鞋らとペラッペラなんじゃ無ぇの?と思われますろも、そこはホレご覧クンナセや
DSCN8254.jpg
極厚!って程じゃ有りませんが、それでもそこそこの厚み。



衣と豚肉が離れ離れになっちまうのはご愛嬌ですけんど、ソースが浸みたカリカリの衣と、

サッパリとして、そして噛み応えのあるロース肉のコントラストがまた好いんです。




コレだけデッコイと、やっぱご飯もそれなりにイッペじゃ無ぇば釣り合いが取れんと言う事で。
DSCN8232.jpg
ガテン系御用達と呼んでも良いドンブリ飯。

このボリュームを、デカいトンカツと組み合わせてワンプレートは・・・・・




だからですか・・・セパレートで提供してくれるのも納得というモノですね 








デカいトンカツにどんぶり飯。



最初はセパレートになった洋カツにイロモノを見る目でやって来たんですが

食べ終わってみれば、もう満腹&大満足。



でも・・・洋カツも良かったろも、このデカいトンカツと店に入った時に

”歓迎”してくれたカレーのニ・ホ・イ。



入った瞬間に前回食べたラーメンセットのカレーの美味さを思い出しまして

次回はトンカツとカレーのマリアージュを楽しみたいと 



暗い曇り空の下、

明るい日差しが差した気がする春野屋の帰りなのでした @大げさ










美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

福助食堂  ~洋風カツ丼~





約3か月ぶりの訪問となりますか、長岡市西神田町2-9-7「福助食堂」
DSCN7776.jpg
前回は「中かそば→半チャーハン」に舌鼓を打ちましたろも、

今回は「洋風カツ丼」を戴きに来たんですの。




開店直後の昭和チックな店内。
DSCN7779.jpg
メニューも改めて撮りましたろも、変わり映えする事なく安定のノスタル爺。






DSCN7783.jpg
『へぇぇ...そば・うどんがユネスコの無形遺産になっていたんだ』



そんな今更な事に感心していると「洋風カツ丼」900円がやって参りました 
DSCN7789copy.jpg
おー、コレが福助の洋風カツ丼かぁ 

洋カツマップでは見ていたものの、食べ○グには載ってなかったんスよねぇ。
その代り、カレーとオムライスが・・・次はこのドッチからな






ホンじゃまずはトンカツのチェックから。
DSCN7808.jpg
色からシュウとデミグラスっぽいんですが、それ一辺倒じゃなくて

フルーティな甘みも有って・・・

酸味は少ないけんど、トマトソースも使われているんかな? 



味付けは塩っぺ・・・いんや、塩っぺっていうよりか濃いっていいますか。



最初は『お、美味んめねっか』と勢いよく食べ進めるんすけどね、最後の方になると

『ヴ~~、もういいかな』とシツコサに変わってくるんです。 


あ、でも味は間違いなく良いンですぞ 




そのへヴぃなソースにくるまれたトンカツは、っちゅうと
DSCN7812.jpg
フォークを深く刺して持ち上げると、その努力をあざ笑うようにバラんバラン 



洋カツ界では結構厚めの肉と、カリっと青春っ!の衣が好いだけに

この密着度の無さは少々残念って言いますかね、実際食べにくいスなぁ・・・。






それからね、トンカツの下にキャベツが敷かれてましての。
DSCN7813.jpg
洋風カツ丼にしては珍しい、このキャベツとデミソースを和えると

味のバリエーションが増えたって言いますか、好い箸休めになっているんです。



ただ、このキャベツのお陰でいささかご飯の位置が判り難くてさ。
DSCN7795c1.jpg
だいたいこんな感じかなぁ? 普通は洋カツの下にご飯が敷かれているモンだろも
DSCN7805.jpg
ここんチは偏芯しているってか、サラダやその上の方に盛られているんです。



そのおかげで温まったトマトやキュウリ、ロースハムを食べると云う、
DSCN7802.jpg
貴重な・・・でも昔はこうだったような体験を楽しめましたよ (笑)





そいから忘れちゃいけねぇ、石立鉄男もビックリの ワァ~カメ好きすきぃ~♪ のスープ。
DSCN7798.jpg
ラーメンやっている食堂らと割かし口にすることの多い、中華スープと

和風だし醤油の組み合わせの味は、定番的で悪くないんですがね。



でも、まぁこればっかしは好みだと思うんスけんど普通に味噌汁の方が。

オイラはそっちの方が、この洋風カツ丼に合ってるような気がスマスタ 










オイラが食い始めた頃に入ってきた若いオニぃちゃん。

彼が食っていた「中かそば→半カレー」がまた美味そげでね 



でも、食べ〇グに有ったオムライスも、それから定食類も魅力的らし・・・。
DSCN7780.jpg
さぁて、次はナニを食いに来るかな? 










美味しかった、ご馳走様。











食堂 武屋  ~洋風カツ丼~





ええ、不要不急の外出を控えんきゃならんのは重々判っとります。

長岡市でも中国コロナウイルス感染者が出ているのも承知しとります...。






が、我が息子・天のご飯を買いに行かんば・・・






去年、我が家に迎い入れた天。
DSCN3711.jpg
昨今のペット事情として去勢・避妊処理が普通になっており、コヤツもね。



去勢をするとホルモンバランスが違ってくるのか?



太りやすくなるので専用のペットフードが推奨されていまして、

専用ゆえに、近所のホムセンには・・・もちろん御座いませぬ。






それを求めに天を迎い入れたペットショップまで行きまして、

ついでにペットショップ近くの定食処・・・・
DSCN4911.jpg
前置きが長くなりましたが、長岡市三ツ郷屋1の「食堂 武屋」でゴザイマス。






3密防止ゆえに、時刻は開店時間に合わせての午前11時。
DSCN4934.jpg
DSCN4935.jpg
ポールシッターを獲得しまして、そのまま帰るまでに来たのは

営業マン一名のみデシタ 



ひとり切り盛りしているオカーサンに注文して、セルフの水を持って来て暫し・・・

チュパチュパ・ジュワジュワと揚げる音が止んだと思ったら
DSCN4950.jpg
トートツ・・・うんうん、『え?このタイミングぅ??』って感じで

「洋風カツ丼」780円をオカーサンが運んで参りました 






DSCN4967.jpg
ど~でしょう・・・拙いオイラの写真テクでも、それなりに迫力あるのが判るかな?



ボリューミーだと評判な武屋の洋風カツ丼ですが、

両苑」のにも似た、面白れぇ形の皿目いっぱいに置かれたトンカツ。
DSCN4983cut.jpg
薄いものが多い洋カツ界に於いて普通のトンカツ並みの厚さは

オイラの三段バラ級とでも言えそうデス   ←武屋に失礼らな



コレだけ厚みが有れば、食べ応えもバッチシ。 

肩ロースが持つ、柔かい脂身のキュロっとした食感と

硬すぎることの無い、でもしっかりとした赤身の歯応えのコントラスト。






それを纏め上げるように絡んでいるデミグラスソースは
DSCN4973.jpg
失礼ながら食堂で出されるものとは思えない、深みのある味とコク 



それから、他んトコではあんまり見られない

マッシュルームの存在も嬉しいモンでゴザイマス。






ボリューム有るってんだから、もちろんご飯もタップリ。
DSCN4987.jpg
デミグラスカツの下にはモチロンのこと、生野菜・・・
DSCN4966tate.jpg
水に晒して無いのか、あんましシャキッとしてないのはご愛嬌らろも
DSCN4991.jpg
その下にも、ご飯は隠れておりましての。






『ボリューミー? 意外と高さは無いなぁ...』
DSCN4963.jpg
なぁ~んて思っていても、食べ終えるころには腹はパンパン。



それでも、この店の魅力を記憶した海馬には
DSCN4927.jpg
『(後客が頼んだ)昼の定食も美味そうらったな』
DSCN4924.jpg
『いんや、ココんチのもうひとつの名物の「なっとチャーハン」も好いな』



と、さまざまな食情報が錯綜するのでしたぁ。






そうなると、大脳新皮質では

『あ、アレが足んねかったな』 『コレも欲しいしなぁ』

などと、天のアイテムを買いに来る目論見、ヨコシマな事を考えるモンでゴザイマス 










あー美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR