FC2ブログ

蒲原ラーメン きぶん一  ~蒲原ラーメン~




漸く暑さも和らいで、バイクに乗れる良い季節になって来ましたなぁ 

そこでここはイッパツ ラーメンツーリングを敢行しましたよ。
DSCN2734.jpg
新発田市月岡温泉669-1で絶賛営業の「蒲原ラーメン きぶん一」へヴィ~ンと。



バイクで訪れるライダーもイッペなんでしょね、バイク用の駐車スペースも有りまして
DSCN2731blog.jpg
こうして貰えると、車用のスペースにバイク一台ポツ~ンと置かなくても済みますから 


テキパキと客裁きの気持ち良いベテラン?店員のオカーサン。

『バイクはコチラへ。』 彼女の案内でバイクは車庫に、オイラはカウンター席に。
DSCN2739.jpg
麺茹ではご主人が担当? 他の店員に指図しながら麺を茹でとりますが、

この茹で方・・・たぶん・・・たぶんらろも「あおきや」方式じゃ無ぇろっか。



引っ切り無しに客が入って来るので、注文を待たずに麺を茹でる。

特にコチラの店は替え玉方式を採っているので、常に同じ麺量を茹でられますからね 






そのお陰でほら、もう出来上がって来ましたぞ。
DSCN2745.jpg
「蒲原ラーメン」650円でゴザイマス。




綺麗な油が浮いとりまして、一応豚骨になるのかな?
DSCN2747.jpg
トロミは無いけんど、優しく甘いスープに醤油の風味はあんまし。

ドッチかというと塩味・・・うん、塩豚骨スープって言って良さそうな味わいです 



ついグビグビと飲んじまいましてね、

気が付きゃ3枚のチャーシューの島が、だいぶ隆起して来とりました。
DSCN27520923.jpg
このチャーシューの部位って肩肉って云うんだろか?
DSCN27650923.jpg
バラ肉とはまた違った、大きな赤身の間を脂身がその隙間を埋めている肉。

肉屋出身のご主人が選ぶチャーシューは、またマニアックですなぁ。 



小気味の良い弾力と適度に染み渡った醤油味。 

サッパリとしていて・・・こりゃ「肉ラーメン」にしときゃ良かったかな? 




チャーシューの島の下には

これまた出来上がりの速さに貢献してる極細麺が居ましての。
DSCN27660923.jpg
これがちょっとイマイチ、って言いますか、オイラの苦手な麺でした。



多加水の極細麺でアルデンテ的な茹で加減のゴリゴリした食感に

オイラの高揚していた気分もイチから二番目へシフトダウンっす 



それでも。

ここんチは麺量がやや少なめで、大体替え玉@130円をするんですが、なんと

ひと玉目は無料・・・ってか、最初のラーメンに含まれてるんですよ 
DSCN27380923.jpg
なら最初っから麺量を多めにすれば良いんじゃね?

オイラもそう思ったんですが、このドンブリ。
DSCN275502923.jpg
ラーショなどで使われてる平たいドンブリなんで、麺を増量すると見栄えっちゅうか

スープから麺やチャーシューが見えすぎちゃって困るのぉ~ byマスプロアンテナ






麺を食い終わるちょっと前に、替え玉を注文したんだろも、

早々と食い終わる前に出来上がって来ましてね。
DSCN27750923.jpg
よく見てもらうとわかるかと思うろも、湯気がかなり立っているんですね。



実際に麺も熱いんですよ、1杯目より。

茹で加減もまた然りで今度は中までちゃんと茹でて有って、でもダレた感じはナッシング。



ご主人、先茹でで 茹で加減にバラツキが有るとオイラは睨みましたゼ 










最初の苦手だったアルデンテ麺とは打って変わって

プリンとした食感の替え玉に舌鼓。



軽く一塊のダマに成ってて解しにくいのは

ご愛敬ってモンらろも、満足度も満腹度も一級品ですな。






「手作りガラスびいどろ」「刀剣伝承館」「白壁兵舎広報資料館」...



気分よく店を後にしたのは良いんだけんど、この後の行った先々の施設が

ことごとく定休日だったってのはさ・・・・・新発田なんて、でぇっ嫌れぇだぁ 











あー美味しかった、ご馳走様。














スポンサーサイト



おもだかや 新津店  ~味噌そば~





前回来たのは去年の秋で、紅葉シーズン真っただ中らったデスね。



それから半年余り、新緑の季節だからか長雨の影響か・・・。
DSCN8341.jpg
密林状態が更に濃くなったような気がシュウ「おもだかや新津店」で、アリマス 



そんなおもだかや、店内は変わらない古民家風の内装ですが、

対中国キンペーコロナの一環で、オイラが座った座卓席も間引き運転状態 
DSCN8364.jpg
DSCN8361.jpg
『お客様、3番か5番のテーブルにお座りください』奇しくも去年と同じ席に座ったオイラ。
DSCN8350.jpg
『はぁ~て、ナニにしゅうかな?』 前回は「支那そば」に「えびにらギョーザ」、

おんなじモンは詰まらんから「もやしそば」? いやいや味は一緒らし。






ってな事で、今回は「味噌そば」780円に「チャーシュー」を1枚つけてみました 
DSCN8382.jpg
あっさりと滋味深い塩醤油スープがどんな感じの味噌になるのか?
DSCN8368.jpg
興味津々でトッピングを掻き分けスープをゴクリ。
DSCN8390.jpg
ほぉう・・・おもだかやらしくサッパリとした赤味噌ですな、

どことなくサッポロ一番に似た味で・・・ん?飲み進めるとニンニクが。



そうか、サッパリしている割にはコクと奥行きがあるのはコレ等のお陰らろかね 

それにしても長ネギの量が酷んでイッペらなぁ、
DSCN8372.jpg
辛みは無いろも、スープがちっと苦く感じる様な気もシュウぞぇ 
DSCN8400.jpg
それでも、モヤシやワカメと一緒にシャキシャキ感を味わうのも一興らし
DSCN8407cut.jpg
極細麺と絡めるのもいと愉し 

それにしても、この極細麺・・・こんげにイッペらったかな?



麺を啜るのはモチロンのこと、モヤシをつまむと一緒に麺も付いてきましての、

普通は減り目が見えるもんですろも、スープの海にはまだまだ麺が浮かんどるんです。



前回の経験から『連食してみっか』という目論みも、これで嬉しいおジャンに。






あ、そうら、チャーシューを忘れてました 
DSCN8374.jpg
ぶっちゃけコレは極有触れたタイプのチャーシューで、

このまんまで食べるにはは、さすがにハ(冷)っこい脂っこい。

とーぜんスープにインして食べましたろも、まぁ普通で特に印象は・・・ね



ただ味噌そばには、おニクが付いとらんですので

プラス100円は必須と考えられますな 











味噌そば。

モヤシもイッペで、もやしそばの気分も楽しめてコレはコレで良かったですが、

やはり、ココおもだかやの真骨頂の味と云うと支那そばの塩醤油になるのでしょう。



次回は必ず支那そばを。

そして今回食べなかった「えびにらギョーザ」。

前回は初見で1個にセーブしましたが、最低2個は戴きたいと 
(もしくは支那そば1杯に留めて、他の店で連食も良いかな?)










美味しかった、ご馳走様。











福来亭 白山町店  ~チャーシューメン~






一年ぶりの「福来亭 白山町店」。
DSCN2805.jpg
その時は「中華そば」を食べたんだけど、『次は半中華・半ギョーザらな


当時の記事にそんなコメント残してたんで、今日はソイツを食べに来てみましたよ 






さ~て、半盛りセット半盛りセットっと・・・・・
DSCN2812.jpg
え・・・・・・・・・・・? ぎ、ギョーザが無ぇ! 



さて、ど~しゅうかな? 

半盛り中華単品らと少ねぇし、そうらかと言って前とおんなじモンじゃ詰まらんし・・・。






っちゅう事で「チャーシューメン」のボタンをポチリ 
DSCN2814.jpg
食券を店員に渡して、4人掛けのテーブルに着席です。





券売機脇のザルからタマネギ、電子ジャー(ピッコロ大魔王の家)からライスを
DSCN2818.jpg
はい、準備完了~~~~
DSCN2824.jpg
今回は前回よりボリュームアップ 

ラーメンの到着を今や遅しと待ち構えておりますと・・・・・・・










ま~もなく、「チャーシューメン」1000円の出来上がりぃ~ 
DSCN2834.jpg
そこにライスとタマネギを添えまして
DSCN2830.jpg
チャーシューメン withRT(ライスとタマネギね)の完成と相成りも~たぁ 






たっぷりの背脂が覆うドンブリで、オニバスの葉のように丸く浮かぶ6枚のチャーシュー。
DSCN2838.jpg
枚数は取り立ててイッペって事は無いんだけんど、
DSCN2847.jpg
アッサリとした赤身肉は一枚一枚がデカいんでライスに乗っけてチャーシュー丼や
DSCN2857.jpg
チャーシュー巻きなんかにして食べても好いし、モチロンそのまま食っても 






そ~なると、煮干しの風味たっぷりの背脂スープだって負けてらんねぇ 
DSCN2839.jpg
甘辛い醤油スープは背脂の膜も厚く、お世辞にもアッサリとは言い難いんだろも

武骨な平打ちの太麺との相性はバッチリらし、
DSCN2854.jpg
麺のみならず
DSCN2863.jpg
ライスとコラボでこんな事しても、またまた美味し 










餃子を食べらんねかったのは残念ムネンでございますが、それでも220gの麺のボリュームと

強烈な煮干背脂のスープは満足度◎、いんやそれ以上の価値観ですな。



それに盛り放題のライスとタマネギなら、4ケタの大台に乗った価格も気にならんというもの。



次回こそは餃子を...食べログの写真を見るとしかも(随分と)デカイようなので

コンベックスをもって計測したいと思っとりますデス 










あー美味しかった、ご馳走様。











ジョニーの味噌  ~ジョニーの味噌 野菜モリモリ~




いつも愛読させて頂いている、「新潟うまいラーメンブログ」さんや

「新潟ラーメンを語る」さんの記事で、燕市井土巻で営業しとりました「鬼にぼ」が、

お江戸で人気のラーメン店に模様替えしたと知っちゃったモンだから 
DSCN1866.jpg
もぉ~、新しモン好きの徘徊老人としては『行って来んばらねっか』と、行ってきやした。

その名も「東京三ノ輪 ジョニーの味噌」って、長ぁ~い名前のお店。




さてと...店名に味噌が付くガァらっけに、やっぱり味噌がウリなんだろと

券売機を見ますれば・・・・・。
DSCN1874cpoy.jpg
鬼にぼン時の券売機じゃないですか、必要最小限の経費にしようってんですな 



そんじゃ、ミソミソ~~~ポチっと 






基本的なレイアウトは、やっぱり同じ造りですが

籐を取り入れたりして、全体的にウッディな印象になっとりますね。
DSCN1885200316.jpg
DSCN1886.jpg
流れる音楽も60年代のアメリカンポップス?洋楽は全然判らんので・・・





厨房の方では佐藤店主が1人で切り盛りしてまして、 ←ホールには女性2人居ますがね

その所為か、チョイと時間掛かり気味で
DSCN1917.jpg
「ジョニーの味噌 野菜モリモリ」890円が運ばれてきました。






隣の客は醤油ラーメンらったんかな、ひとつ席が開いていても

プゥ~ンと煮干しが香ってきたんだけんど、
DSCN1936.jpg
黒い焦がしネギと大粒の背脂が浮かぶ味噌スープからは全然臭って来ねぇんですな。



その味噌スープですが、少しトロミが有って甘めでクリーミーっちゅうもの。

ギリギリザラツキを押さえた様な口当たりで、ソフトタイプなんだけど、
DSCN1951.jpg
備え付けの薬味を入れてみても、あんまし表情が変わらん芯の強いモンを持っとります。







それを確認しゅうと、ラーメン頼めば食べ放題のライスの出番。




野菜を盛り付け、挽き肉を乗っけてスープをサラサラっと・・・
DSCN1957.jpg
関哲」で味を占めた、ラーメン茶漬けの完成でゴザイマス。



茶漬けのライスが山盛りらったんで、あんまし野菜は乗せられんかったけど、

さすがに”野菜モリモリ”にしただけ有って、ボリュームたっぷり。



とは言っても、正直言うと第一印象は『思ったより少ねぇな』だったんですがね、
DSCN1923.jpg
食べても食べても出て来るわ...まるで氷山。

目に見えるよりか、その何倍も・・・は、誇大広告らけどさ、とにかく量は多いですね。


野菜は炒めて有るんだけど、特別ラード臭いって事は無いモヤシとキャベツ。

その上に生姜の風味がポイントの豚ひき肉がタップリ掛かっておりますデス 






そのタップリ野菜の重圧から這いずり出てきた麺は?と云うと、

「なおじ」・「おこじょ」と同じ角太麺。
DSCN1948cut.jpg
太っとくて、”モチモチ”に最上級が有るなら、その称号を贈りたいくらいの弾力あるもので。



太くてそんな弾力のあるヤツだと啜りにくそうなんデスが、ココんチの麺ってのが

押し並べて短いもんだから、ズルズル スポンっ!と。



ただ、麺量に関しちゃ昨今のレベルからしゅうと、少ない方かも。

ライス食べたから満腹ぷくプク(意味は無いよ)になったけど、ラーメンだけなら

大盛りは必須条件の様な気がします 










見附の今町に在った「みそら」、長岡で絶賛営業中の「おこじょ」。

どちらも味噌を売りとしてきましたろも、この店はその両店とも全くの別物で、

店主・佐藤直人さんの才能の豊かさ、味への探求心や交友の広さには

感服するモンが有りますなぁ 










あー美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

磨きの町のラーメン屋 味我駆  ~鴨らーめん~




この前、「ちゃーしゅうや武蔵」で使った割引券。



それが付いていた雑誌、ぶっちゃけ「月刊Komachi」のラーメン特集なんだろも

そこにはタイアップした店の期間限定ラーメンってのも載っていましてね、
DSCN0847.jpg
どれもこれも美味そげなんだろも、まずは燕市吉田下中野の

「磨きの町のラーメン屋 味我駆(みがく)」の「鴨らーめん」をいただきに 






”磨きの町”ってのはご存知の方も多いと思うろも、この燕市っちゅうトコロは

金属加工が昔から盛ん・・・ていうよりも世界的に有名な産地なんですね。



金属製品の製造には欠かせない仕上げ工程のひとつである、

「研磨作業=磨き」を誇りとして店名に掲げているんです。






と、無駄なウンチクはほっといて、店員のオネイさんにオーダー。

マァマァ有り勝ちな待ち時間で
DSCN0880200305.jpg
「鴨らーめん」780円+大盛り30円の出来上がりっス。 






さあ、このスープ...。
DSCN0906.jpg
昔ね、まだちゃんと仕事をしてた頃 

取引先で振る舞われた野鴨汁の味に似てる、甘ぁ~い醤油味。



ニワトリよりも粘度が高くて、口の周りに纏わりつく鴨油?は

一風変わった薫りを放っています。



実に上質なスープらと思うんですがね、チッと甘めが濃すぎて

後々くどくなっちまって完飲は出来なんだ 

濃い薄いは調整してくれるって書いてあったけど、コイツぁ出来るのかな?






そんなスープに合わせる麺は?っちゅうと、こんげな四角いストレート麺。
DSCN0918.jpg
麺の量は大盛で270gって書いてあったろも、
DSCN0864.jpg
茹でる時にワシャワシャっと目分量で麺を取り出してね、

『おお、職人技!』と思ったけど、ホントに270g有るのかいな?




270g有るかどうかはトモカク、しなやかな細麺はツルリとしているろも、鴨油のおかげか

甘い醤油スープが良くまとわりついて、その風味とボリューミーさを愉しむ事が出来ましたよ。






スープと同様に鴨を使ったチャーシューは2種類。

ひとつは肉団子で
DSCN0913.jpg
和な雰囲気を醸し出すスープには似つかわしくない、獣臭を伴ったワイルディな風味。
DSCN0924.jpg
ツナギを殆ど感じない肉々しい弾力のあるもので、”ワイルディ”なんて書いたけど

スープと合わさると、これがまた一つの魅力になるんですなぁ 




もう一方の低温調理風のチャーシュー。
DSCN0880cut.jpg
風味はしっかり鴨なんですがね、拙いバカ舌にはローストビーフと

あんまし食感が違わなくて・・・・もう、さすがオイラって苦笑いっス。



鴨チャーシュー自体は味が良く、『コスト掛かってんなぁ』って程ナンで

そこら辺はお間違え無く 









磨きの町のラーメン屋。

金属製品の町をリスペクトして、普段使っている丼も
DSCN0877.jpg
ご当地産のメタル丼を使っているんですがね、それも今回は封印して

コチラの方が鴨に合うんだろうな、陶器の丼を使った云う力の入れよう。



そうして作り上げたラーメン、一杯食べる分には好いんだけど、

少々個性が強すぎて、そう何度も食べようとする気にならないんですよね。



でも、一度は食べて損はしない味だとお勧めできまっせ 










美味しかった、ご馳走様。














プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR