FC2ブログ

山口屋  ~天丼~



「どんぶり百選」を始めて1年半。

ここにきてやっとと言いますか、今頃?と言われちゃうろっかね 
DSCN8819.jpg
見附でどんぶり百選に選ばれてた店、「山口屋」でゴザイマス。

もっと早くにゴショーカイすべきだったんですが、ナンとも訪問しづらくてね。



いえね、べつに代金を踏み倒したとか、酔っ払って店内で暴れたとか

そ~ゆ~ハシタナイ事じゃ、もちろん無ぇですろも・・・。



実はデスね、この店の近くなんですよ。










オイラの実家が 

とーぜん、店主さんとも顔見知りで・・・やっぱ、気恥ずかしいってのが有るでしょ?






オイラと一学年しか違わん店主。

彼は二代目で、先代の親爺さんがお祖母ちゃんと、この店を立ち上げましてね、

その前は繊維の街・見附らしく、繊維関係の仕事に携わっていられたんです。



それが確かオイラがまだ子供ン頃らったか?繊維の仕事から畑違いの飲食業へ。

相当、ご苦労が有ったと思いますぜ。






どんぶり百選は30年前の雑誌ですから、当然その時のメニューは

先代の手に依るもの。



さぁ、二代目になって味がどう変わったのか・・・

って、ココんチじゃラーメンとタンメン、それに名物の「へぎそば」しか食った事なかったぁ 







そんな、おバカなジサの戯言はオイトイテ。

はい、これが山口屋の「天丼」935円です。
DSCN8843.jpg
厨房から天ぷらを揚げる小気味いい音が消えて間もなくやって来たんだろも、

30年も経つと器の形も変わるようですな。
DSCN8847.jpg
黒々とした、瀬戸黒の様な今のドンブリ。



どんぶり百選に載っていた時代は、天丼というより天重らったろも 
DSCN8887.jpg
30年の年月は器の形も変わってしまうのか・・・。

まるでアニメ「トップをねらえ」の最終場面「オカエリナサイ」が蘇ってくるみてぇです。
(マニアック過ぎて判んねぇだろうなぁ) 






でも、使われている天ぷらは同じようで、ザル蕎麦の様にタップリの海苔の下には
DSCN8859.jpg
前座と云っては失礼かな? 2本のシシ唐が、まずはイラッシャイマセと。



柔らかく、甘みすら感じさせる碧のシシ唐。 その右にはカボチャも2枚。
DSCN8862.jpg
天丼・天ぷら盛り合わせには欠かせないと云っても好い、名バイプレイヤーでしょう。



厚みこそないけど、ホクホクとした食感と、お日様の光をしっかり吸収した甘さは、

この組み合わせの中に無くてはならんモンだと思わしてくれます 





そして左には艶やかな深い紫色した茄子。
DSCN8871.jpg
飾り切りがマントの様にボリュームを持たせ、茄子の持つ瑞々しさは黄金の衣に包まれて、

そのジューシーな食感は、薄甘な丼つゆと合わさり口の中で融けていくようです。






そしてそして大トリに控えている2本の海老ちゃん 
DSCN8869.jpg
ドンブリいっぱいに横たわるコイツの衣も、透かして見えるほどに薄く、
DSCN8884.jpg
プリプリとした食感、海の深さの様な穏やかな甘み・・・。



その身の味わいを充分に引き出しているんですな 






この天ぷらたちを受け止めるご飯も、抜かりはゴザランようで 
DSCN8883.jpg
ふっくらと炊き上がったご飯に、軽くかかった丼つゆ。



ドンブリの底まで溜まるくらいツユダクのトコロも有るけど、

ご飯の旨味を感じながら天ぷらを戴くなら、このくらいが丁度イイ。



でも、もうチョッと掛かっていてもバチは当たらんか www






最後の最後はマイナス点 
DSCN8853.jpg
葱は受かんどりますろも、風味・味ともにまさしく永〇園のお吸い物。

インスタントチックなその味に、それまでの高揚感は一気に冷めちゃいます。
DSCN8823.jpg
定食類はあんまし出ないのかな? ここはやっぱり味噌汁でいて欲しかったっス 










小つ恥ずかしさを脱ぎ捨てて久しぶりにやって来たこの店ですろも、

初めて食べた天丼の美味さと、昔の面影を残る店内&メニュー。
DSCN8825.jpg
近いうちに来て、”アレ” を。

ウワサに聞いていて、今回他のお客が食っていたアレを食ってみたいと 










美味しかった、ご馳走様。











スポンサーサイト



津々味亭  ~焼肉丼~



前回その大迫力画面に感動しつつ食っていた「チキンカツ定食」。

今回こそは、最初の目的である「焼肉丼」をいただこうと
DSCN5150.jpg
長岡市高見町1「津々味亭」へ再訪です 






緊急事態宣言も延長となり、まだまだ不要不急の外出は避けなければイケないご時世と

承知してはおりますが、見附からでわずか15分程度の距離でしてね。



なにより家族連れでごった返しているスーパーよりは (なるべく人から離れるために端っこに座りました)
DSCN5158.jpg
はるかに安全な時間帯での食事として、ご了承いただければ・・・と。
(高津院長も余りにも過度な控えは「羹に懲りて膾を吹く」状態って言ってるしさ)






『お待ちどう様です。』
DSCN5172.jpg
そんな言い訳じみた事を申してると、お目当ての「焼肉丼」820円が出来上がってきましたぞ。



ほほぅ、これが夢にまで見た(笑) 焼肉丼かぁ。
DSCN5180.jpg
食べログには料理写真が無かったので何か新鮮な感じですな。



ちなみにコレ↓が30年前、「どんぶり百選」に載っていた焼肉丼の写真で。
DSCN4417blog.jpg
当時は刻み海苔が脇からはみ出てましたろも、

今は下に敷くタイプに変わっている...そのくらいでしょうかね。





『色もだいぶ変わっているんじゃない?』とも取られまするが、

写真の具合も有るかも知んねんでね 
DSCN5200.jpg
いちおう説明しゅうと、実際食べた肉の色はコレ↑とほぼ一緒ですよ 



焼肉って言うと”ニンニクガツッ~ン” ”ショウガジンジン”

なんてイメージが有りますが、コイツは蒲焼き・・・でも無いけど、甘い味付け。

そこに海苔のいい風味が下支えしてるって言いますかね 



醤油ベースの甘辛い味付けは意外だったんだけど、でもまぁ”有り”でしょう。

ただ、ニンニク・生姜が無いからか、肉のワイルドな風味を強く感じます。



肝心のお肉は肩ロースのシッカリしたものですが、

この前テイクアウトした「二代目しぶ家」よりは、ふっくら柔らかな肉感でしたよ。



他には、串切りのタマネギがたっぷり。

タレ焼きながら軟らかすぎないシャキシャキ感、でもタマネギの甘みを

シッカリ引き出している炒め加減なんです 





たっぷりっちゃあ、全体のボリュームもね。
DSCN5184.jpg
深みのある丼に重なっている焼肉とタマネギ、その下にはタレだくのご飯。
DSCN5214cut.jpg
タレでパラパラになったご飯、硬めで掻き込むには最適なんですろも

いささか・・・・こりゃ好みの問題でもありましょ~けんど、タレがきつく感じられてね。



全体がタレの味らと逃げ場が無いって言いますか、

プレーンな白いご飯で一息つきたいんだけど、それが出来ない 
DSCN0240.jpg
同じ焼肉でも定食ならご飯に味は付いて無いし、

何よりキャベツが更にタレの味を引き出してくれるんだろうなぁ・・・。






そんなことを考えながら、丼の底に残ったご飯を掻き込むのでありましたぁ 

でも、吉野家みてぇに「つゆなし」トカ「つゆ少なめ」ってのが出来たら・・・ワガママらか(笑)










美味しかった、ご馳走様。










READ MORE

肉の原仙  ~和牛丼~


昔はね、飲食のスペースも有ったんだと思うんですが、
DSCN3367.jpg
いまは食肉と総菜の販売だけになった「肉の原仙」。
DSCN3386.jpg
ホンジツは「どんぶり百選」メニューを求めてコチラにやって参りました。
DSCN3430.jpg
原仙をググってみても僅かに食べログにチラリと書いてあるだけで、

『こりゃ牛丼はやってねぇなぁ』と諦めていたんですがね、色々と調べてたら

「和牛丼」の文字。






それから月日の過ぎること幾星霜@大げさ

天気が良かったので、プチツーの帰りに夕食用として買い求めて参りました。
DSCN3395.jpg
「和牛丼」830円、税別なんでこれに8%の消費税がかかりますな 



吉野家やすき家に比べると倍以上する値段らけど”和”牛なんでね、

お値段張るのは仕方ないかな  と、オモイタイ・・・






でわ、蓋オーポン!
DSCN3399.jpg
アッキャァ・・・・・・・・ 

気を付けて運んできたけんど、バイクのトップケースに入れてきたんで

ちっと偏ってしまいましたぁ 





う~~ん...次回からは車にしよ....。


さ、気を取り直していただきましょう。
DSCN3412.jpg
30年前とはだいぶ違うビジュアル・・・もしかして別モンらろっかね、

それはまぁ仕方ないですな、まずは食べてみねぇと判りませんが 



甘辛く煮つけられた牛肉・・・・これが和の味かぁ。。。

あんまし牛の臭みは無くて、その食感は・・・・煮込み過ぎているのかな?

カシカシとしたパサ付いた噛み心地なのは残念デス。



でも、噛みしめた肉からはジンワリと風味が出てきて、

『あ~やっぱり牛肉食ってんなぁ・・・』と感じさせてくんる事も 



味付けは甘めらけどチョッと醤油が強くて、すき焼き風とも違うろも上品な、

でも、お高くとまってなくて庶民にもとっつきやすい味・・・



って、判りづらくてスンマセン 






牛の他の具材は、くたくたに煮込まれた玉ねぎと糸コンニャク?
DSCN3405.jpg
この糸コンニャクは食べ慣れたのとは違う口触りで、何かモチモチしてんですね。

マロニー? 春雨とも違うし、もしかして葛切りみてぇなヤツらろっか。



正直言って、牛肉よりもコッチの方が良かったかな 








そいから和牛丼だけでは寂しいんで
DSCN3380.jpg
こんなモンも一緒に買ってきましたよ 




「コロコロタレカツ」グラム180円。 これも消費税8%が付きますがね。
DSCN3419.jpg
ちなみにこれだけの量で、たしか110gくらいだったと思いますが。 



『一人前で』って言ったら、店員さん・・・ここんチの奥さんかな?

これだけよそってくれて100g分でサービスしてくれました 






使っている肉は3種類あるらしいけんど、これはヒレらろかね。
DSCN3422.jpg
けっこう歯応えの有る食感と薄味の甘辛いタレのコントラストがまた好いんだ 



ほいで、また他んのをつまむと、脂身の部分と赤身が入り交じった感じが。

お、こりゃロースか 



サクッと歯切れがいいゾ・・・・肩ロース?



食べるたびに、いろんな部位が楽しめて、これはタレカツのビックリ箱やぁ 










ボリュームが有って
DSCN3433.jpg
上品な味付けも良かった和牛丼。

いわゆる牛丼屋のと比べると、正直・・・・アッチの方が口に合うかな?(笑)




逆にめっけもんだったのがコロコロタレカツ。

コイツぁビールのお供に最適ですな、三条に行った際には

買い求めたい一品となりました 










美味しかった、ご馳走様。











志天  ~趣旨を変えても食べたい一杯~


久々の「どんぶり百選」の旅。

今回はズゥ~ンと飛んで十日町市でおま 
DSCN4545.jpg
コイツぁ↑ 十日町駅なんだろも、

その駅前に位置するのが、今回の目的店である「志天」デス。
DSCN4552.jpg





中に入ると右手に厨房があり、それを囲むようにカウンター席、

奥には座卓席の 普通の 落ち着いた店内。
DSCN4559.jpg
蛍光灯ではなく、電球の柔らかい暖色系の灯りが食欲を誘いますな 





いつもどおり、メニュー表にも目を通しますが
DSCN4562fc2.jpg
厨房内のご主人にお目当てを注文。 (ほかのメニューは追記にて)



やっぱ好いもんですなぁ。
DSCN4573fc2.jpg
作り手の所作を間近で拝見しながら、出来上がりを待つのは 





さあさあ、出来上がりましたぜ。
DSCN4577fc2.jpg
志天名物「かき揚げ丼」 1100円です。





1100円・・・ちっと高いか。

最初頼む時、いんや 食べログで確認した時から、それは思っていたろも
DSCN4580fc2.jpg
   日頃食べているボッテリとした厚い衣に慣れた口には

   素材を生かす、薄手のヴェールのような衣に包まれたタネ。
DSCN4603cut.jpg
DSCN4606cut.jpg
DSCN4618cut.jpg
   プリプリの小エビや小柱、野菜のかき揚げが素晴らしく、そこへ・・・




一服の清涼剤とも言える、寄せ豆腐が。
DSCN4600.jpg
これがまたゴマ豆腐の様なネットリとした口当たりが舌に心地よく、



そこに、ツンと効いてる山葵と薄甘い出汁醤油が、丼つゆで甘くなった

口の中をサッパリとさせてくれるのデスよ 





深いドンブリにたっぷりのご飯で、こう云った店にしては胃袋も満ち満ちまして。
だってさ、こーゆー専門店的な店って、ボリューム無ぇジャン



   そ~だ、天ぷらとご飯の間に敷かれた海苔も好い仕事 
DSCN4618nori.jpg
   風味の良い海苔が、そう油っこくない天ぷらの油を緩和してました。










   実はですね...

   どんぶり百選に載っていたのは、この かき揚げ丼ではなく、 
DSCN4453fc2.jpg
   この「天丼」なんです。



本来からすれば天丼をオーダーするのがスジですが、十日町まで来るのは結構しんどい。

やっとここまで来たからには、やっぱり人気メニューとやらを食べてみたくてね。



でも、かき揚げ丼にして大正解。

店を出た時、この味に満足していて天丼への未練なんぞ指の先ほども思わんかったデス。










あー美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

花月食堂  ~次は決まった~


久しぶりの「どんぶり百選」活動でおま 



今回は見附からだと、近いようでケッコと(結構)遠い町、柏崎市の「花月食堂」です。
DSCN6420blog.jpg
お目当てはモチロン、これ ↓
DSC00618blog.jpg
味噌汁、お新香付きで480円だった「肉どんぶり」、今はどーなってますか・・・





店内は厨房に向かってのカウンター席と

2~4人掛けのテーブル席となってます。



ドコに座ろうかとキョロってますと、

女将さんが『こちらにどうぞ』と2人掛けテーブルへ。





食べログでも見てきましたが、メニュー表には・・・
DSCN6425old.jpg
「肉丼」と「肉玉丼」ってのが有りまして。



女将さんに本を見せて確認すると

『あ~懐かしいですね。はい、肉玉丼ですよ





厨房ではご主人が手際よく、
DSCN6443blog.jpg
かなり早めに、「肉玉丼」 630円が出来上がって来ました。



30年前と、ほぼ変わらないフォルム。
DSCN6448blog.jpg
グリンピースは無くなったみたいですが、



決して小さくは無いドンブリに
DSCN6450blog.jpg
ご飯と焼き肉が山盛りデス 


その味は、意外なほどアッサリ。
DSCN6452blog.jpg
ふっくらとした豚肉と
DSCN6460blog.jpg
ドンブリの底まで汁がションだご飯は、

ワシワシと食べるスピードが加速しちゃいます 



そして真ん中に鎮座しております玉子と云えば
DSCN6468blog.jpg
と~ぜん、こうなる訳で 



本では味噌汁と書いてありましたが、

現在ではチョイと薄味の玉子汁に。



箸休めのお新香と共に頂きまして

あっと言う間に完食しちゃいましたよ 






今回は丼の方を頂いたけど、ここんチのメインメニューは「焼肉定食」だそうで。

オイラも見たけどコレの「W盛り」は、とんでもない量ですよ 



もちろん、W盛りなんて無理ですけど、次回はそれを食べに参りましょう 







あー美味しかった、ご馳走様。




プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR