FC2ブログ

北海道ツーリング  ~最終日~




 いよいよ最終日。



とは言っても、きんののうちに土産はゲットしたし、

相変わらずの天気では、回るべきところもねぇし。。。





まずは朝食、

最終日の朝もバイキング。
DSCN2411fc2.jpg DSCN2411fc2b.jpg
このツーリングで、ハーフバイキングを含めて5食。

でもね、結構飽きずに戴けるもんですよ、さすが食の宝庫・ホッカイド~ 







喜びは束の間(@おおげさ)、今日もグズついている天気に

カッパは手放せそうにありませぬ 
DSCN2407.jpg
DSCN2429fc2.jpg 





そんなもんだから内容も薄く、ナウマン象が売りの
DSCN2451fc2.jpg DSCN2446fc2.jpg
道の駅「忠類(ちゅうるい)」に寄ったくらいで、






太平洋沿い、黄金を敷き詰めるほど費用が掛かったという
DSCN2456fc2.jpg
「黄金道路・R336」が始まる広尾町まで、ナァ~んもナッシング。






半荒れ?くらいの波ながら、塩だか霧だかがバイクに纏わりついて。。。
DSCN2459fc2.jpg DSCN2462fc2.jpg
『帰ったら、ぜってー洗わんばら』そう思うオイラでした。




いちおー最終観光地である「えりも岬」。
DSCN2477.jpg
ここへ近づけば近づくほど霧が濃くなり、
DSCN2487.jpg 
アザラシが居るという岬の先端部はご覧のとおり。
DSCN2488.jpg 
風の館(入館料300円)に入って、もう一回眺めてみると多少は晴れてたけど
DSCN2527.jpg 
施設の情報じゃ、今日は不在だって 

『今日はもう駄目だな』 そそくさに帰り支度をしてR235をひた走り。
DSCN2548fc2.jpg
途中、道の駅「みついし」で休憩したくらいで、

あとは日高で↑の写真を撮った程度。





新日本海フェリーのある「苫小牧東港」には

16時前に到着しちゃいました(汗)
DSCN2559.jpg
出港時刻は19時半ですからね、受付はまだやって無くて
DSCN2553.jpg
あとから来たライダーさん達と、ポツ~~ン 



船が入港し、受付が始まっても搭乗までは、

まだまだ暇なもんだから、
DSCN2605fc2.jpg

DSCN2611fc2.jpg
2階のフードコーナーで

「花畑牧場 豚丼セット」 880円。

夕食を取っちまいました 
DSCN2619fc2.jpg
初日の帯広、ぶたはげの豚丼とは違って

漬け込みタイプの豚肉は味噌味のロース肉。



少しコッテリとして、コレは此れで好い味だと思うけど、

やっぱりサッパリ味の、ぶたはげの方がオイラは好きかなぁ 





搭乗時間となっていざ入船。
DSCN2627.jpg
秋田港経由で新潟までの20時間。



来た時よりも長い時間を過ごしたけれど、

それ程、退屈はしなかったなぁ 





そして15時30分、

新潟・新日本海フェリーターミナルに着岸。
DSCN0071.jpg
このゲートが開けば、ふるさと・新潟の地が待ってるんですね。





暑っちぇ新潟市内から北陸道を走って、11日ぶりの我が家に到着。
DSCN0075.jpg
出発時のオドメーターは22941kmだったんで、2749kmの長旅もこれで終了。









ありがとうな、MT-07。














スポンサーサイト



北海道ツーリング  ~8日目~




 北海道のツーリングもあと2日。





ぶっちゃけ、ここまでの朝食でNO.1だったのが

ここ、網走ロイヤルホテルのバイキング。(2番目は紋別かな?)
DSCN0043fc2.jpg DSCN0046fc2.jpg DSCN0050fc2.jpg DSCN0058.jpg

宿の設備は良くて

『釧路に泊まるんならまたここにしたい。』

そんなホテルでした。



ただ、ホテルは良かったんだけど、天気がねぇ・・・

朝方まで降っていた雨は、朝飯を食べる頃には

止んで、路面も乾いていたんだけど、
DSCN2161.jpg

なにぶん、今日の第一目的地の「神の子池」は2kmのダート。


路面が渇いていれば まだしも、ドロドロの2kmは

キケンが危ないと判断、割愛して「阿寒湖」へ直行です。





それでも、途中は霧雨やらシトシト雨らやを浴びる中、
DSCN2166.jpg DSCN2167fc2.jpg
なぜかココだけ晴れていた「アイヌコタン」。


う~~ん、何か趣が違ってますな。



実はGoogle先生に案内されたら、

真裏にある駐車場に辿り着いた様なんです。



↑の建物はアイヌコタンの真裏に当たりまして、

その建物の脇を進んで行くと
DSCN2185fc2.jpg DSCN2187fc2.jpg
と、あとは土産物屋が両脇にズラリ DSCN2182fc2.jpg

土産物屋の主人に天気の事を伺ったら、

どうやらここら辺だけ天気が良い事が多いそうな。





云われるとおり、次の「オンネトー」は

雨こそ降らないものの怪しい天気。
DSCN2208fc2.jpg DSCN2202fc2.jpg
五色沼と呼ばれてる様なんだけど、

オイラが来た時ゃ、ただ水のキレイな湖でした。
DSCN2220amb.jpg






今にも降りそうな天気を引きずりながら、ナントカ足寄町へ。

足寄町の道の駅は「あしょろ銀河ホール21」。
DSCN2245fc2.jpg
そして足寄町と言えば「松山千春」の故郷でもあり
DSCN2242fc2.jpg
道の駅の一部は記念館と化しているのでしたぁ。





松山千春も良かったんだけど、やっぱり食でしょ 





フードコーナーで見つけた

「あしょろ鹿肉コロッケ ラワンぶき入り」150円です。



『熱いですよ。』と言われたけど、

なるほど、手で持つのが辛いほどの熱さ。
DSCN2278fc2.jpg
ジャガイモ自体への味付けが薄く、

芋の旨さが生きているコロッケで、食べ進めて行くと、

僅かながらも獣っぽい臭みがしていましたよ。



その臭いに『これが鹿肉なのかなぁ?』と思ったけど、

もう一つの素材のラワンぶき。。。


その食感の期待むなしく、チョイと判んなかったな。



淡白な味付けだからか、ウスターソースが

サービスで付いてきたんですが、
DSCN2285fc2.jpg
ソースの味が強すぎて、逆に無い方が美味かったっス 





足寄を出てからは、とうとう雨がポツリポツリと。



時間が有ったので帯広まで行って土産をゲット、そこから北へ戻って

今夜のお宿の「しほろ温泉 プラザ緑風」にピットインです。
DSCN2305.jpg
帯広でも良かったんですがね、

『最後の一泊くらいは温泉で。』と、思って。



ただね....。

施設的にはチョッとイマイチかな。。。



道の駅と供用の宿で、どちらかというと

保養施設的なニュアンスの宿でした 





それでも夕食は素晴らしく、

料理長ご自慢の「会石料理」っちゅうもの。
DSCN2311blg.jpg
『こんげな上等なモン食うと口が曲がるんじゃねぇか?』と

思っちゃうほどの美味さで、ビンボー舌にはアッタラモン 
DSCN2316.jpg DSCN2319.jpg DSCN2322FC2.jpg DSCN2336blg.jpg DSCN2343amb.jpg DSCN2357FC2.jpg DSCN2374FC2.jpg
部屋はともかく、
DSCN2291.jpg
温泉と夕食には大満足の宿でした 
DSCN2396amb.jpg









北海道ツーリング  ~7日目~




昨晩泊まった「HOTLE Biz INN」。
DSCN1952.jpg
必要ないかも知れんけど、あまり華やかさの無いビジネスホテルでした。



もちろん、フロントの応対や宿の設備には不満が無かったんだけど、

朝食も外観同様に「色気」を感じなくて。
DSCN1966.jpg
DSCN1979.jpg
ご飯と味噌汁は盛り替え自由なんですが、おかずは決まっていて

これにフリカケやら牛乳&コーヒーくらい。




天気も同じように色気が無く・・・・
DSCN1985.jpg
これから根室行って、それから「北太平洋シーサイドライン」だっちゅうに。

ブツブツブツ・・・・





途中に、道の駅「スワン44ねむろ」でソフトクリームが美味かったくらいで
DSCN2013fc2.jpg
一気に「納沙布岬」へ。
DSCN2038fc2.jpg
『返せぇー北方領土っ!』
DSCN2073fc2.jpg
政治同様、霧の中って感じですね 



おっ最東端のネコ発見!
DSCN2078.jpg
こんな何もない環境の中、頑張って生きているんですねぇ。



最後に公衆便所に寄って・・・と。
DSCN2052.jpg
あ、この便所、名物の花咲ガニをかたどっているそうですよ。





根室から霧の霧多布へ。



北太平洋シーサイドラインの辺りは天気が良かったりもしたんだけど、
DSCN2122fc2.jpg
さすが“霧”多布岬。
DSCN2139.jpg
この先には「霧多布灯台」があるはずなんですが・・・

端っから行く気が起きやしねぇ 


戻ってきて、浜中町にくりゃ好い天気でね、
DSCN9923.jpg
ここにある「モンキーパンチコレクション」を見物に。


思ったよりも規模は小さく、一階に等身大パネルや
DSCN9930fc2.jpg
DSCN9935fc2.jpg
DSCN9933rc2.jpg
愛用していたライターが目立つだけで、

あとは原画っぽいのが階段から二階に掛けれチラホラ。





ここの他には街中には「モンキーパンチコレクション2」って

アニメに出て来そうな建物がちょっとだけ。
DSCN2141.jpg
DSCN2144.jpg
DSCN2151.jpg
やるんならもうチョッと力を入れても良いんじゃないかなぁと思いつつ





厚岸で “おやつ” を。
DSCN9978.jpg
時期的にはシーズオフの焼きガキ。

でもスマホ↓と大きさを比べてもらえりゃわかるかな?
DSCN9981.jpg
DSCN9983fc2.jpg
少し火が通り過ぎて、塩っぱ目らったけど、さすが本場の味!デシタ。



天気の移り変わりか地形のせいか。

すげぇ好い天気の「釧路湿原@細岡展望台」が本日のラスト。
DSCN9987fc2.jpg
しかし、ここに来るまでのさいごの500mのダート。。。。

もう二度と来ないだろうなぁ@バイクじゃ。




駅前の「釧路ロイヤルホテル」が本日の宿で、
DSCN2158fc2.jpg
夕食は「エスカロップ」と悩んで
DSCN0003.jpg
ラーメンを食いに行くことにしました。





長くなったので、その記事は次回に 













北海道ツーリング  ~6日目~




オイラがウトロに拘ったわけ。。。

それは8時15分発のコレ↓なんですね。
DSCN1545fxc2.jpg
春から秋にかけては知床半島での観光船として、冬は流氷観光船として活躍している
DSCN1565amb.jpg
「おーろら」&「おーろら2」で。



知床観光とは言っても先端の知床岬までのフル観光@3時間45分はとてもとても 

DSCN1688fc2.jpg
オイラが申し込んだのは、この「カムイワッカの大滝」までの1時間半のコースです。

ココまで来るのにいくつか名前の付いた奇岩・地名の説明を受けたんだけど、
DSCN1606fc2.jpg
DSCN1617fc2.jpg
『ふ~~ん、そうなんだ。。。』程度で、まぁ覚えられるモンでもねぇですしね。



1時間半だと知床のほんの一部。 で、帰りも同じ風景なもんだから
DSCN1715.jpg
睡眠時間か、間食タァ~イム 
DSCN1721fc2.jpg
船内で買った「和牛肉まん」 300円を頬張りつつ、遠くのイルカ鑑賞。

味は当り障りのない、少しワイルドな肉まん・・・そんなんでご容赦を 





短いような、長かったような1時間半。
DSCN1725.jpg
期待していたヒグマが降臨してこなかったのは残念だけど、

まぁ二度と来れないと思うので満足・・・かな 






知床観光の後は、ウトロを出て反対側の羅臼へ・・・・・






『あ゛~、昨日来ときゃよかったぁ』 大反省の「知床峠」となりました。
DSCN1744.jpg
途中までは何とか持っていた天気も、霧っちゅうか雲っちゅうか。。。

とにかく全身びしょ濡れ状態で記念撮影もそそくさに羅臼方向へ。





こんな天気じゃ開陽台も、とーぜん見るべきモンが無ぇだろうし、ド~すんべぇ?と

思っていたトコに「サーモンパーク」の案内板を見つけてそちらに。
DSCN1757.jpg




『村上の「イヨボヤ会館」みてえなもんだろ、飯でも食って来よ。』

併設の食堂棟を見るとなんか変。
DSCN1807fc2.jpg
DSCN1809.jpg
まーね、ここまで来たんだからと610円(高っ!)払って見てきましたよ。
DSCN1766fc2.jpg
DSCN1778fc2.jpg
ひと通り見回って、帰りがけに受付で町内のお食事処を聞いてきたのが



「亀代食堂」ってトコ。
DSCN1816.jpg
サーモンパークで口ん中が “さーもん” になってたもんだから
DSCN1823fc2.jpg
イクラ丼一択っ!だったんだけど、店員のオバちゃんに

『三食丼、美味しいですよ ^^ 』なんて言われちゃったもんだから
DSCN1835fc2.jpg
あっさり、「しべつ三食丼」1500円に 
DSCN1843.jpg
DSCN1845.jpg
これがまた大正解、オバちゃんありがとー \(^o^)/ でした。





満腹&満足して店を出てきても、相変わらずの




それでも海の間に伸びている「野付半島」へ行って
DSCN1859amb.jpg
野生動物・・・遠くにタンチョウや
DSCN1874fc2.jpg
DSCN1893fc2.jpg
駐車場近くにはエゾジカ。


野付半島は海に囲まれた自然の宝庫 

でも・・・・・・・・










DSCN1912.jpg
津波が来たら逃げられないだろうなぁ 
DSCN1917.jpg






さて、本日の予定は開陽台以外終了~~。

今宵の宿は中標津の「HOTEL Biz INN」に。
DSCN1953.jpg



御祭りだったみたいで、近くでは縁日の屋台が出ていたんですがね、

そんなのには目もくれず(少しは有ったろ?)、セイコマでツマミと酒を

買ってきたので、ソイツをチョイとリポート。
DSCN9908.jpg
110円シリーズの「チキンたっぷりペペロンチーノ」と「野菜スティック」150円、

110円だと思って買って来たら、いっちゃん高かった「玉子サラダ」220円。


ちっと不思議らったのがペペロンチーノは外税なのに、他の2品は内税だったんですよね 





「サッポロクラシック夏の爽快2019」 291円(外税)
DSCN9906.jpg
爽快と書いてあるけど、以外と重い口当たり。でもラガーほどじゃ

無いのでサクッと飲み干しちゃいます。



「ブランデーハイボール」 198円(外税)
DSCN9907.jpg
結構薄い色合いでシャンパンみたいな感じ。 ブドウの風味も僅かな上に

炭酸も直ぐ抜けちゃうもんだから、大して美味く無かったデス 







北海道ツーリング  ~5日目~




DSCN9503fc2.jpg

朝ァ~~ 

今日はバッカ好い天気で、もう、ツーリング\(^o^)/ってヤツですな。





と、その前に朝飯朝めし。
DSCN9521.jpg
きんのの夕食も美味んめかったろも、今朝のバイキングもッス



紋別は港町。 ってか、北海道の巡らを回るんだから港町ばかりだけどね。
DSCN9524cutblog.jpg
そんな訳でも無ぇろも、軽く焼いたホタテの醤油ジェル添えとか、

焼きサンマや鮭などの海産物を中心に。





さぁ~て身支度を整えて、近づく台風を心配しつつ出発デス。
DSCN9530.jpg
まずはオホーツク海沿いの湖、
DSCN9533fc2.jpg
「サロマ湖」や
DSCN9548fc2.jpg
よう判らんろも、「サンゴ草群生地」の「能取(のとろ)湖」を巡って
サンゴ草 リンク





網走刑務所・・・・もとい、「網走監獄」にやって参りましたデス 
DSCN9560fc2.jpg
DSCN9575fc2.jpg
DSCN9702fc2.jpg
DSCN9737.jpg
10年前にも来てるんですけど、少しずつリニューアルしてて飽きずに見られましたぜ 





網走に来た頃から風が強~ぇなってきて、堪らず「小清水原生花園」に逃げ込みまして
DSCN9768fc2.jpg
DSCN9763fc2.jpg
そのついでに小腹を満たそうと頼んだ「あげいも」・・・
DSCN9785fc2.jpg
茹でた男爵イモを、ホットケーキミックスを衣として

揚げてあって、それが丸々ジャガイモ1個分 


ナントカ食べ切ったけど、夕飯に影響が・・・。



ちなみにお値段は、揚げ芋が250円(安っ!)で、

その脇にある知床「シソジュース」が300円でした。





このあとは、最近メジャーになって来た
DSCN9792fc2.jpg
斜里町の「天に続く道」とか、
DSCN9807fc2.jpg
お馴染みの「オシンコシンの滝」。


時間に余裕が有ったので、「知床五湖」に行って
DSCN9850fc2.jpg
そっから、ウトロ町に戻って
DSCN9895amb.jpg
民宿「しれとこ・ペレケ」に投宿です。





ちなみにコレがペレケの夕食。
DSCN9885fc2.jpg
若けぇショには迫力不足かも知んねぇけど、オイラには充分。
DSCN9877fc2.jpg
なにより、これ↑が具沢山で美味かったぁ 

欲を言えば、〆でウドンかなんかが欲しいかも。








知床五湖まで行ってウトロに戻ってきて・・・

その訳っちゅうのが、6日目の目的なんですな 

READ MORE

プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR