FC2ブログ

食堂 浜かつ  ~カツ丼~





なぁ~んか甘くて塩っぱくてトロンとした歯応えのあるヤツ・・・・



好いトコねぇかなぁ? 遠い場所は留守番してる天が心配らし、

でも、いつも食うのとはチョイと毛色の違うガン(もの)を食ってみてぇしなぁ。






と、食べログで調べてたら見ぃ~附た
DSCN2228210223.jpg
三島郡出雲崎羽黒町100-1 「浜かつ」 でぇ~アリマス。



R402沿いに建つ郵便局の反対側、駐車場と言うにはアバウトな場所に
DSCN221320210223.jpg
車を置いて大正時代に創業といふ店内へ。
DSCN2254210223.jpg
店内から見える奥の座敷?には
DSCN2233210223.jpg
仏壇や囲炉裏なんか見えたりして面白い造りになってますな



情報に依ると自分から注文しないとダメってハナシなんで
DSCN2244210223.jpg
ココ↑を開けて・・カラカラカラァ~

『はぁ~い』 引き戸を開ける音が合図になるみたいデスな。

出て来た女将サンに伝えまして待っとりますと



  



わりかし早く「カツ丼」750円が出来上がって参りました 
DSCN2265210223.jpg
これがハナシに聞いてた丸重のカツ丼かぁ。






でわ蓋オーポン!
DSCN2280cut210223.jpg
おお 2列とはボリューミーですな、さっそく豚カツにズームインっ
DSCN2292210223.jpg
ちょい薄いカツですが、しっかりした噛み応えは一般的なヤツと遜色ゴザらん。



全体的に丼つゆが染み込んでるんでカリカリ感は無いのがアレですが、

甘塩っぱい衣と豚肉に物足りなさは全然有りませんゼ 






そして丼つゆの濃さも老舗食堂の年季の味で。
DSCN2303210223.jpg
ご覧のとおり、丼底まで回ったツユダク状態ですが

最後まで塩辛さを感じることが無い、でも薄いとか感じさせない、

好い“塩梅”でアリマした。






それから少ないと聞いてたボリュームも。
DSCN2278210223.jpg
上げ底にはなってますろも、普通盛で丁度良いくらい。


かなり腹ぁ減らしてきたんだろも、しっかり満腹になれましたぞ。

もしかすると急性胃ブクロ縮小症に成ったのかも知れんケドね 






コレだけでも充分満足らけど、カツ丼に付いてきた小鉢&味噌汁もね。
DSCN2285210223.jpg
細かく刻んであるのは大根菜かな、

硬めの大根と併せてお袋の味的で涙が・・・出ませんろも 



それと「えご」。
DSCN2270210223.jpg
県外のショには馴染みが無いですかね?

“えご草”と言う海藻を寒天の様に固めたモノで
DSCN2288210223.jpg
大概は酢味噌で食べるサッパリした、

メシのおかずと云うより単独か酒のアテに好いヤツです。




これは店の近くにある道の駅「天領の里」で買ってきたモンですが
DSCN2202210223.jpg
県内のスーパーなら普通に売っているモノでも有るんですよ 

参考 Wikipediaいごねり
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%94%E3%81%AD%E3%82%8A










う~~ん満足。 カツ丼単品で750円でも充分に魅力的ですろも
DSCN2277210223.jpg
ここまで付いて その価格はっきゃないですなぁ 





カラカラカラァ~ 『ありがとうございました。』

間髪入れずにやって来た女将サンに心の底から『ご馳走様』って言って。



『また来てぇな』

10分以上も待たされた事など忘れて
DSCN2220210223.jpg
満足感いっぱいで車に戻るオイラなのでした。












あー美味しかった、ご馳走様。














スポンサーサイト



READ MORE

幸楽苑  ~鶏白湯らーめん~





コレは23日の新聞折込チラシ。
DSCN2611210224.jpg
こんなのを見たら逝かずばなるまい 






そんなわけでホンジツは「幸楽苑見附店」にて朝食でぇ・・・アリマス。
DSCN2620210224.jpg
さすがに朝8時過ぎにくるモノ好きは居らんようデスな 
DSCN2627210224b.jpg
店員2人、おいらのほかは誰ぁ~れも居ない店内。



その後から車3台ほどお客が入ってきたようですけんど、

3密どころか朝営業・・・大丈夫なのかしらん?



  



そんなことをネタにメモってまするとホイ。
DSCN2635210224.jpg
「鶏白湯らーめん大盛り」590円が出来上がって参りましたデス。

『大盛りで この値段・・・何で?』



ジツは期間限定ですがオープンから10:45分までの

朝メニューに限り大盛り無料なんですよ 
DSCN2671210224.jpg
やっぱり、来客の少ない朝のテコ入れ企画なんでしょうかねぇ。

それにチラシに付いていた100円引きの割り引き券、〆て590円なのでアリンス 






ソレでは戴きますかな 
DSCN2640201224.jpg
白湯・・・と言うには いささか赤みがかったスープをゴクリと。
DSCN2657210224.jpg
トロリとろとろ、レンゲでスープを掬ったりする分には

それほど粘性が無さそうなスープラけど、いざ飲んで見ますとカタマリ 



実際に固形物なわけは無いですが、喉を通過する時に

コクリと塊のような流感?を感じるくらいポッタリしてますデス。



白湯のお味は鶏を冠するだけにモチロン鶏ベースの出汁。

化学調味料的なピリ甘がありぃの後口から豚のカホリのような残り香も

わずかにシュウような気がしまする。



そして塩っぺ・スープの濃ゆさはいかが?っちゅうと、

コレがまた良く出来てますな。
DSCN2673210224.jpg
ホレこのとおり、あと僅かってトコロまで飲み進めちまいましたけんど、

あんまし水を飲むことも無かった位っす。



しかし・・・悪くない、飲みやすいスープなんだけど

後々までピリピリとしたモンが続くのはナントカならんモンですかねぇ 






トッピングは正価640円では かなり頑張ったほうじゃ中廊下。
DSCN26342021224.jpg
味の塩梅イイ煮玉子は、半切りにして1個分、

青菜は小松菜でしょう、さっぱり感を演出デス。



真ん中にはたっぷりの長ネギに、これは岩海苔?
DSCN2649 210224
いんや普通の海苔を細かく砕いたモノらな www



だろもこの刻み海苔の磯の香りと鶏白湯。

ミスマッチのようで、意外とそうでも無くてオイラは割と・・・好き 





そして具材の中の主役、ラーメン全体であっても主役クラスであるチャーシュー。

今回はスープに合わせての鶏チャーシューなんでしょうね。
DSCN2631210224.jpg
このようにブ厚くて、食い出も宜しいのですが
DSCN2663210224.jpg
味わいがイマイチ宜しくない 



今まで経験してきた鶏チャーシューって、食べると

ジュワリ味付けが滲み出てきますが、茹でただけ?と見紛うほどのモノが多くて。



幸楽苑のは表面が燻されているのかな、安っすい焼豚ハムのような

フニャっとした歯触りと、燻製からくる?あんまし好みじゃない風味。



スープまでスポイルしているようで少々いただけませぬ 






大盛りにして貰った麺は さすがにボリューミーで、ほら。
DSCN2653210224.jpg
トッピングの隙間からモッコリと麺がコンニチワしとりますがな 



ただ その啜り心地というと、ちょっと今2・イマ3かな。

多加水麺なのに茹で過ぎ・・・でしょうね、ダルダルの軟らかさ。



もうちょっと硬めに仕上げて頂きたい、そう想ふ今日この頃のペコであります。



多加水麺ちゅうのは確か水分量の多い麺と聞きましたが、

ならば消化も良くてすぐに小腹が減りそうなイメージを持ってましたけんどね。



ところが結構長持ちするんですな、胃もたれとかじゃなく

適度な満腹感が長く持続する・・・

この軟麺、こと腹持ちに関しては存外ヨロシイのかも知れませぬ。










総括って事でも無ぇんですが。



ちょっと張り切り過ぎたのかな、もうすこし科調感が抑えられれば

食いやすい・飲み易い良いスープかと思います。



麺は腹持ち以外は論外、チャーシューも。

せっかく素材は良さそうなので、もうひと化けお願いしとうゴザイヤス 



などと、ナマイキな事を口走ってしまいましたデス 












ご馳走様。















金子屋大島店  ~日替わりメニュー~





名残りと言うには えげつなく降った雪も収まり、前の日の春一番が残る日曜日。




がっつりメシを食いたくて
DSCN1840210221.jpg
長岡市大島に在る「金子屋大島店」にやって来ました。






久しぶりに来た店内は、あ~ら様変わり 
DSCN1847210221.jpg
コロナ対策でカウンターは無くなり、4人掛けのテーブルor座卓だけになっとりました。



メニューも変わって、だぁ~いぶシンプルに
DSCN1850210221.jpg
DSCN1855210221.jpg
ご飯の量もシンプル、少なくなったようですな。 

前回来たときゃ普通で180g・中盛250gでしたろも、今は150gと200gナンで

実質の値下げか、残すショが多かったか・・・




それでも「日替わり」は健在で
DSCN1862210221.jpg
コレまたアブラーには魅惑のコンビです 



ホンジツはコレを戴いてみましょか 
DSCN1869210221.jpg
日曜の日替わり定食 「ヒレカツ(味噌ダレ)と塩唐揚げ定食」850円でございマス。






とは言え、珍しくまずは味噌汁からゴショーカイ 
DSCN1878210221.jpg
中身の具がチョイと変わってましてね、ワカメと絹ごし豆腐に溶き卵の取り合わせなんです。

卵の所為か?味噌汁だけど、ナゼか中華のティストも有ったりするんですよ。



面白い味なんでアリますが、ソレがまた良くてちょっぴり量が少ないのも重なってか

『もっと飲んでみてぇな』 そう思わせるニクい存在でも有りました 






味噌汁で箸と口を潤した後はいよいよ 
DSCN1883210221.jpg
ガブリと唐揚げにかぶり付きまする。



揚げたて熱々の唐揚げはカリッと軽いフリッター的な衣と、
DSCN1904cut210220.jpg
中のムネ肉はさっぱり淡泊、

でもしっかり旨みが口に広がる わんぱくフリッパー 淡泊フリッター。



味付けは塩と、上に掛かっているのはパセリかな、

薄味らけれど 何も足さない何も引かんでヨロシイお味です。
DSCN1889210221.jpg
レモンさえも要らないアッサリと、でもジンワリと全体に塩っペが回って

メシにもビールのアテにもな 味わいを醸し出しとりましたよ。






片やコチラも淡泊ヒデヨシさ では負けていない
DSCN1893210221.jpg
サックリと心地よい食感に揚がったヒレカツの、お味はここ等じゃ珍しい味噌ダレ付き。



味噌ダレなんだけんど、味噌とは思えん面白っしぇ味でしてね。
DSCN1911210221.jpg
んー、例えが難しいンだけど熟成したデミグラス?

フルーツたっぷりのデミグラスと豚カツソースを混ぜ合わせた・・・
DSCN1906210221.jpg
貧弱な舌の記憶で嘆かわしいデス 






このツープラトンアタックには、さしものドンブリ飯のボリュームも
DSCN1903210221.jpg
かなりの劣勢を強いられ、最後に残るはヒレカツ1枚。



かなりの腹っぺらしで挑んだオイラですが、コレだけ食えば

「もぉ~湯も茶も入らん』状態でお勘定でアリマシタ 










ヒレカツ3つに鶏唐3つ。



これだけ食えば胸焼けも心配になろうかと言うトコロですが、

ソコは老舗の腕の良さです。

軽い揚げ加減で腹はパンパン、でも胃もたれなんぞ全然でした 



しかし、4人掛けに独りは居心地悪いッスなぁ 

開店間もなくだったんで空いてたから未だしも

ピーク時にはちょっと行けそうも有りませぬ。



コロナが終息したらカウンター席を復活して欲しいモノと、心の中で願って

久しぶりの明るい青空の下でMOVEくんを走らせるオイラなのでした。












あー美味しかった、ご馳走様。














READ MORE

味の店 ゆかり  ~セット メニュー~

 



コレをゴショーカイするのは2回目ではアリマスが、

前回は18年の秋・Yahoo!ブログ時代なのでソロソロ出してもイイですよね? 



「味の店 ゆかり」見附市本町2-7-20が提供している
DSCN1744210220.jpg
冬季限定のうどんを含めて3種類ある「セット メニュー」
DSCN1759210220.jpg
消費税が10%になる前は店内限定でしたろも、書いてないって事は

今は配達もするようになったンですかね? 






取りあえず女将サンに注文を伝えて待つは
DSCN1745210220.jpg
昭和レトロな店内にて




      




調理担当のセガレさん、出前に出てたんかな?今日はチョイ時間掛かって

「半チャン・ラーメン」900円が運ばれて来ましたぞ 
DSCN1765210220.jpg
ホントはカレーのセットにしてみようかと悩んだりしたんですよ。



でもこの店で食ったのが 前回カツカレー だったデスからね、続けて食うのも・・・

おまけに『半チャーハンがバリ旨』って記憶が残ってましたから 






そんな訳で今日は半チャーハンから逝ってみよ~
DSCN1777210220.jpg
八角形の中華皿にチンヤリ盛りつけたチャーハン。

そこには色とりどりの細かい具材がパラッパラに炒り込まれておりますぞ。
DSCN1810210220.jpg
ネギに玉子とチャーシューの王道トライアングルに人参も入っていたかな、
DSCN1806cut210220.jpg
この4種類の具材たちと、米がもたらす見事な炒まり加減・味わいは

“The 焼き飯”と称えた方が相応しそうッス 



ただ今日の味付けは出前帰りで慌てたのか、塩梅濃いめデスタ。
DSCN1815210220.jpg
『水 みずぅ・・・・』までは行かんけど、コーケツアツには注意報発令くらいでしたぞ。



だけんど意外とラーメンスープがその濃さを中和してくれるンですよ。

チャーハンを食べて口の中に刺さる尖った塩を、円やかな塩っぱさのスープが

包み流してくれるっ中華。






じゃあ、今度はその中和ラーメンの方を。
DSCN1771210220.jpg
その風景はドコから見ても押しも押されもせぬトラディショナルな The 中華そば。






飴色に輝く澄んだスープは鶏ベースの出汁でしょね、
DSCN1789210220.jpg
舌にビリ付く科調感も少なく、いつまでもグビグビ逝けまする。

いつも食べてるコッテリなラーメンとは一線を画する、

凜とした出で立ちに身も心も洗われるよう@大げさ



しかし・・・こんなに柚子が香ったかな? チャーシューの端にチョコンと載った橙色。
DSCN1817cut210220.jpg
ここら辺を飲むたんびにフワンと口の中に漂うのデス。






相変わらず柔らかいストレート麺ですが、アッサリとしたスープと良く馴染み

昔、チャーミーグリーンのCMに出てきた老夫婦の様な、当たり前的な間柄ですな。
DSCN1802210220.jpg
当たり前だけどソレだけじゃなく、パラパラ焼き飯の良いおかずにもなったりして。

パラパラしてる分、モッチリ麺の水分が潤いをもたらすとでも言いましょか 






そんな嫋やかな麺とスープに浮かぶチャーシューってのは
DSCN1799210220.jpg
これがまたザブングルの加藤の持ちネタみたいなカッチカチ。



そんな風に書くと美味そうに見えないですけど、

これがサッパリと歯応えが良くてトラディショナルラーメンにはぴったり欠かせませぬ。



でも、チャーシュー麺だと顎が疲れるかも知んねぇデスねぇ 










スープに麺、時折チャーシューに焼き飯が加わったカルテット。

ズビズビずるずるバクバクと食って逝けば、ついつい禁断の・・・・











あー美味しかった、ご馳走様。
DSCN1822210220.jpg














READ MORE

プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(汗)

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR