fc2ブログ

それでは皆さん お達者で  ~最後のブログ食~





例えば

オイラの好きなラーメンですが、「なじょしょば。」を始めた10年以上前は

デフォルトのラーメンで1杯600円前後だったと記憶しています。



ところが現在。

あれよ あれよと 物価高騰の煽りを受け? いや、違うな。



ラーメン店には申し訳ないけど、物価高騰の先鞭を告げるように

バブル時代の地上げ業者も真っ青なほど、ガンガン値上げして

今や最低価格は800円前後、それどころか中には900を超え

四桁に届こうかと云う勢いとなっていますね 



ここまで上がってしまうと、プー太郎の身としては

流石に耐え切れない・・・

このままの活動を維持することが難しくなりました。



一週間に行く回数を減らす? 

これ以上減らしたら、食ブログとして成り立つのか?

いや成り立ちはしないだろうなぁ 



それならいっそ、心苦しいけれど閉めちゃおう。。。

そう至った次第です。 



今後はサブブログをメインに昇格させて

日々折々の出来事を綴りながら、時に飲食記事を載せて。

そんな風に考えております。



ブログ閲覧順位も身に余るモノを戴いていて

至極有り難い事ではありますが、

今回の記事を最後に、このブログの更新を止めようと決めました。




お読み戴いた方々には感謝とともに

ブログ停止を本当に申し訳なく思っています 










それでは最後の記事に行ってみよ~ 










さて、拙ブログに於いて最終食となる料理は?

鶏アタマで散々考えた挙句、まぁオイラらしいと言いましょうな

最後のトリは、やっぱりココ 
IMG_6764.jpg
長岡市柏町1-2-18 「安福亭 本店」にて

最後の記事らしく、この店最高額を戴こうと思います 
IMG_6773a.jpg
IMG_6773ab.jpg
時間を外した午後の1時。

さすがの人気店もカウンターに2~3人、
IMG_6783.jpg
IMG_6779.jpg
奥のテーブル席に1~2組と空いた店内で待つこと








  








 『お待ち遠様でした。』 
IMG_6797.jpg
と、運ばれてきたのは「排骨麺」。 今は1200円ですけど

去年の2月は1150円、一番最初に食べた2018年でも1050円なんで

この手の店としては、割かし良心的な値上げ幅でしょうか 






他のメニューには見られないのが、この↓小皿。
IMG_6798.jpg
名称のとおり、
IMG_6812.jpg
丼の上に鎮座している角煮状の肉ふたつには

骨がしっかり付いていまして。



その骨置き場として提供されてるワケですな 
IMG_6799.jpg
オマケはそれくらいにして、まずはスープを。

いつも言い忘れて後悔してた”大油コール”も、今回はしっかり申告した背脂スープ。
IMG_6805cut.jpg
三条のソレに比べると迫力不足は否めませんが

それでも細かい背脂がびっしりと覆っています 



ですが。



煮干しの香り高い豚スープは、まるでオイラの血圧を

憂慮するかの如く、かなり拍子抜けする薄さ 



上品と言えば聞こえが良いけど、これ・・・
IMG_6801cut.jpg
ナミナミと丼縁ギリまでスープを張らずに

八分目位に醤油ダレを希釈したなら

丁度良い濃さになるんじゃ中廊下 






それに呼応してる? ダルダルズリズリの太麺。
IMG_6837cut.jpg
『茹で過ぎさせることで、嵩マシしてるんじゃね?

そんな邪推をしたくなるほどの軟麺・・・・



『スープも麺も、こんなんじゃ無かったよな



食べるたびにマイルドに変化してるラーメンを啜りながら

千手に在ったの頃のワイルドさを、ついつい懐かしんでしまいます



唯一の救いは、そのボリューム。
IMG_6836.jpg
茹で時間を短くした硬麺なら、一割は減りそうなズルズル軟麺なれど

およそ200gは有ると思われます 
IMG_6815.jpg
大盛りで無くとも腹はパンパン・・・でも腹持ちは良いか悪いか?

は、少々疑念を持ってしまいますが






そして何と言っても骨付き肉。

これ、スープよりも味が濃いわぁ、やっぱこれくらい無いと 
IMG_6823.jpg
部位としては? 脂身と赤身が半々。



でも肩ロースとかじゃ無いな、骨付きだからバラ肉になるのかな 
IMG_6828cut.jpg
ホロホロと箸でつまみ上げるのも、やっとの軟らかさに

口の周りをベットベトにして、むしゃぶりつくのも昔と変わらず。

それがまた 嬉し 愉し ワイルディ 










”有終の美”を飾るどころか”憂愁の不備”となった一杯。
IMG_6855.jpg
とは言え、人生の裏目街道を、ひた歩いてきたオイラには相応しいか 



もうイイかな、昔を懐かしむのは。

『長岡で青島系と並ぶ名物の味 』と、何度も来ていますが、

その都度味の劣化を思い知らされ・・・
a.jpg
この店で喰うのはラーメン類ではなく、以前一度だけ食した
ab.jpg
あの黒い色の炒飯、そいつと未食の餃子を楽しみに

やってくるんであろうかと思います 



が。



その話は、また別ブログでの記事に成りましょう 












ご馳走様。














スポンサーサイト



READ MORE

松屋  ~ごろごろ煮込みチキンカレー~





matuyagorotikiPOP.jpg
『80万食限定・無くなり次第終了』

となれば、食べずに居られますまい 



なので朝っぱらから「松屋長岡店(松のや併設)」まで行ってきた

朝の6時半前なのです 
IMG_6331230721.jpg
『見附にも松屋は有るだろ?』

そうなんですが、見附店は7時からの営業開始。



前日、胃カメラ呑んで 大したものを食ってない胃ブクロには

とても待てない午前7時の開店なのでした 












        



・・・・牛めし時間にして4牛丼?
IMG_6333230721.jpg
実際はそれほどでも無いんでしょうけど

胃カメラ明けの腹には

永遠に感じるくらいの想いで、お呼び出し 
IMG_6340230721.jpg
「ごろごろ煮込みチキンカレー」並盛680円です。






おぅ、コイツ・・・以前の遥か彼方の記憶に有るぞ(復刻なんだから当たり前
IMG_6366230721.jpg
名前のとおりにゴロンゴロンと大きな 塊が所狭しと 



ルーにスプーンを着けるのももどかしく、

まずは、そのチキンと言う名の肉塊へ。
IMG_6374230721.jpg
『熱っつ!!』 温め直しだろう、などと高を括ってたら、

ちょっとビックリするほどですぞ 



熱いって言ってもヤケドするほどでは有りませんけど、

こんな熱さは嬉しい誤算でした。



顎が付かれるような硬さは無いけど、このパワフルな

噛み応えはヤンチャ心を擽ってくれますね 



このチキン、部位は・・・

ジューシーは程ほどながらたぶんモモ肉? 

ムネ肉にしてはパサ付いた感じが余り無いので。 (バカ舌でスンマソン






鶏肉の他に入っている具材は、牛めしではお目に掛れないくらい

大きく、シャリっと ”らしさ”を残した玉ねぎ多数。
IMG_6389230721.jpg
その二大巨具(なんかエロいな)材を纏め上げるカレールーは

ボトボトボトと傾れ落ちる粘度のあるもの。
IMG_6384230721.jpg
正拳 生検した身としては、刺激物は厳禁なんだけど

たぶん、この程度ならその範疇に当てはまらないと 
IMG_6381230721.jpg
エスニック・・・では無いな、でもスパイシーも有る

程好いカレーらしさと、やや塩っぱさが
IMG_6398230721.jpg
こんもり盛られたライスをバクバク消費させてくれますが

この塩っぱさがクセ者なんです。



だんだん口の中で滞留して、なお且つ苦味にも 

出来れば もう少し塩みを抑えて欲しいな、松屋サン 










あっっっと言う間に食べ終え、

店を出りゃまだ7時前。



やっぱりナゴーカまで短い足を延ばした甲斐よしひろが

有ったと言うものです 



限定80万食。

もしかすると、記事が出る頃には終売してる可能性も有りますが

復刻のひと皿、食べてみる価値は有りアリですぞ 












あー美味しかった、ご馳走様。














会津・喜多方ラーメン 板新  ~ソースカツ丼~





これはまだ、梅雨明け前の暑さも酷く成らない朝のこと。



『よし、思い切って新潟で朝メシ食ってくるか

そう熱り(いきり)立ってバイクでヴィ~~んと 🏍
IMG_5954230718.jpg
やって来たのは 新潟市江南区鵜ノ子2-5-28

「会津・喜多方ラーメン 板新」です。



本家・喜多方市の朝ラーよろしく、朝の7時からの営業と

早朝活動家には有り難いお店。



バイクでならば思い切って喜多方まで翔んで行きゃ良いんでしょうけど

可愛いワンコの居る身ネーションですので 







入り口ドアを開ければ、まずは券売機がドーンと。
IMG_5960230718.jpg
サッパリした喜多方ラーメンにも心惹かれる想いで有りますが

ここは現地でも殆ど口にしてこなかったソースかつ丼をポチっとな 



なんとなく民芸調? 落ち着いた店内のテーブル席。
IMG_5961230718.jpg
平日だからか先客2組4人・後客1人の空いた中で待つこと








    







トイレに立って、少し待った・・・いや、それ程は待たんか。
IMG_5986230718.jpg
「ソースカツ丼定食」950円が運ばれて来ました。



はみ出て蓋をする意味がない?
IMG_6003230718.jpg
いやいや それはこうする為でしょう 
IMG_6006230718.jpg
薄いけど大ぶりの豚ヒレカツ、

そのままじゃ食べ難いので、半分を蓋へエスケープしましょう。
IMG_6024230718.jpg
やっと食べやすくなった丼ぶり。

そのカツの下にはビッシリと生キャベツが敷かれてます。



トンカツとライスの熱さに生温くなったキャベツですが
IMG_6035230718.jpg
カツのソースが適度に塗され、

これまた佳き味わいと成っているんですよ 





会津のカツ丼ソースも、こんな味をしているのかな?
IMG_6020230718.jpg
ウスターの酸味と甘い味つけが全体に行き渡ったヒレカツですが

それでも衣はカリッと芳ばしい 



会津若松市の「むらい」や「十文字屋」のは、かなりぶ厚く、

ボリューミーさを誇っていると聞き及んでいますけど
IMG_6037230718.jpg
ココんちのは新潟市のソウルフードである「タレカツ」と

同じカッティングをされているんでしょう、若干薄め・・・



でも、食べ応えは充分以上と感じました 






ただ、少し味が濃いめでしょうか。
IMG_6040230718.jpg
キャベツやライスにまで、タレ掛けなどは施されてないようですが

食べ進めて行くほどに口の中が甘ったるく・・・



そんな時に救いに成ったのがラーメンスープ。
IMG_5995230716.jpg
ご多分に漏れず、ラーメン時よりも薄めにしてあり

甘く染まった口の中をリフレッシュしてくれて、

『やっぱり次回は喜多方ラーメンだな』と

再確信させてくれるのです 



ちなみに、チョコンと付いた野菜サラダ。
IMG_6017230718.jpg
トマトとキャベツのシンプルなものですけど、

和風ドレッシングの味と共に佳きリフレッシャーと 

漬物は・・・これ、塩っぺぇだけで旨みはサッパリ 










とにかく思っていた以上にボリューミー 
IMG_6007230718.jpg
ギッチリ詰まったライスとデカい4枚のヒレカツ。



朝のブレックファストとしては

かなりヘヴィなものとなったモーニングメニューなのでした 












美味しかった、ご馳走様。














幸楽苑見附店  ~背脂牛肉つけめん~





『最近、塩系を食ってねぇな

と思う、ウイークエンド(あなた~が いつかぁ~♪)の朝。



朝っさ焼け~の 光の中に立つ影はぁ~♪ 曇ってるし 
IMG_5798230716.jpg
「幸楽苑 見附店」です。(実際は朝焼けの時間じゃ無ぇです)





平日は10時、休日は9時オープンの見附店。
IMG_5807230716.jpg
休日ともなると、さすがに人は居るものですね、
IMG_5810230716.jpg
2組ほどの先客に交じって、ノビノビとテーブル席に陣取り

タブレットでピピっと注文して待つこと








    








期間限定の「背脂牛肉つけめん」760円がやって参りました。
IMG_5822230716.jpg
う~ん、暁天のラー麺を喰ったばかりの眼にはチョイとチープに写りますが
IMG_5825230716.jpg
それはさて置き、まずはスープから。
IMG_5842230716.jpg
背脂と言えど、チェーン店ですからねぇ。



それほど魂消るほどの量じゃ無いだろ? と、高を括ってましたけど
IMG_5845cut230716.jpg
味見をしただけで、唇周りはトロっと艶々にしてくれるのは NiZiU



つけ麺の見本の様に酢醤っぱいスープは、

かなり頑張れば、そのままでも飲み続けられますが。



これね。 

それは勿体ないと思える出来と、オイラは思いましたぞ。 
IMG_5849230716.jpg
麺を啜り始めの時は、酸っぱさが勝っているからか、

それほど感じ無いんですけど、

後半はピリッと辛いモノが湧き出て来ますね。



真に残念無念だったのが、ピリ辛さと共に湧き出てきた

細かいチャーシューの存在。

丼の底に溜まってた様で、最後の方でレンゲに乗っかって登場 

これを最初から知ってたら・・・と、後悔してしまう存在でした 





そんなスープに浸して戴く麵。
IMG_5874230716.jpg
コリっと硬めの細多加水麺は、まるで冷やし中華の如き食感・風味で
IMG_5866230716.jpg
何か啜ってるうちに『あ~、冷やし中華が喰いてぇ』と思っちゃうほど 



麺量は1.5玉と聞いていましたが、朝イチで喰うには丁度良いかな。
IMG_5829230716.jpg
2玉の大盛り仕様ってのも用意されてる様ですが、プラス100円。

半玉で110円は・・・・う~~ん。 (まさか 1.5+2玉って事は有りますまい






そして  肝心かなめの牛肉様は どんな表情をしてるのか。
IMG_5833230716.jpg
見た目から甘そうですが、実際にも甘醤っぱく の風味は乏しく。



試しにつけ汁に浸けてみましたけど・・・
IMG_5878230716.jpg
まー好み、合うか合わないかは好きズキでしょう。 

オイラは再び浸ける事は、たぶん有りませんが 



もちろん、麺とも絡めてみましたよ。

コッチの方がしっくり来ますけど、
IMG_5887230716.jpg
可もなく不可もなく。

見たまんまの予想どおりの味で、つけ汁に浸すよりは

このまま・・・牛肉単体で食った方がが宜しいか? と 思われます 



ってか、この牛肉だったらライスバーガーにした方が

一番ふさわしいんでは中廊下? 






他の具材も、それぞれしっかりアイデンティティを持っているようなんだけど

甘醤っぱさが印象強い牛肉に押されてて存在感が見出せません。
IMG_5835230716.jpg
目の前に在るんだけど、つけ汁や牛肉が目立って

『あっ、居たの?』って、後々で気づく程度なのは勿体ないかな。



本末転倒になりますが、

牛でなくて普通に豚チャーシューだったら。

もっと生き生き溌溂とした存在として、活躍するんじゃないかと 










でもしかし。

このスープ、食べる前の想像よりも100倍は良いわぁ 



さっきも書きましたが 牛なしで、普通に背脂つけ麺として

発売してくれたら有難いですな 












あー美味しかった、ご馳走様。














プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するオッサンです。
最近はオムライスにも(^▽^;)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR