FC2ブログ

ラーメンあおきや 喜多町店  ~チャーシューメン~





群雄割拠のラーメン業界。

雨後の筍の様に新店があちらこちらに出来て、まだ行ってない店も多々有りますろも

昔ながらの店の味もムショーに食べたくなる事が有るもので。
DSCN7832.jpg
そんな店のひとつに長岡市喜多町1052-2の「ラーメンあおきや」も有りますの。




最初は餃子を食いたくてポチっとしようとしたんだろも、昨晩少々飲み過ぎまして、
DSCN7834.jpg
さんざん悩んだ挙句にチャーシューメン押して、厨房が一望できるカウンター席・・・
DSCN7839.jpg
DSCN7845.jpg
じゃなくて、空いてるモンだから楽々できるテーブル席に陣取って待ちましょう 






あおきやの特徴として注文待たずに麺を茹でる=提供が早い。

と云うのが有りますが、さすがに開店間近は注文後に麺茹で開始で
DSCN7854.jpg
「チャーシューメン」830円の出来上がりデス。



最近は生姜がガッツリ効いているラーメンに出会う確率が高かった為か

『ちょい生姜が弱いなぁ』なんて思っちまう醤油スープですろも
DSCN7861.jpg
こんげに色は濃いろも生姜と同じで、お味も薄い事が殆どなんですね。



今回はまぁまぁ好みの薄さらったけど『もうちっと欲しいな』と思いましての
DSCN7878.jpg
ラーメンのタレを、たらたらっとドンブリ半周ほど追加デス。



さすがに薄っぺらな豚さん中心のダシはリカバリーできんろも、塩っペはに。






少々軟っこめなストレート麺にもよく絡んで、ズルズルズルっと食が進みます 
DSCN7877.jpg
しかし、こんげイッペな麺量らったかな? ケッコと食べ応え啜り応えが有りましたぞ。






もちろん食べ応えとなればチャーシューも負けとりませんで
DSCN7865.jpg
こんだけガッツリ食っても
DSCN7886.jpg
食べ終った丼の底をサルベージしゅうと、レンゲひとつ分は出て来るのです 










最近流行ってるっちゅうか、主流になりつつある魚介系やガッツリ豚骨とは無縁のスープ。

でも、古い名作映画の様なこの味は、ヤッパリいつ来てもホッとする安定の旨さですな 




浮気性のオイラですから足繁く通う事は無いけんど、年に一ぺん二へんは食べにくる。

そんな大事なラーメン店だと思ふのでアリマシタ 










美味しかった、ご馳走様。











スポンサーサイト



福助食堂  ~洋風カツ丼~





約3か月ぶりの訪問となりますか、長岡市西神田町2-9-7「福助食堂」
DSCN7776.jpg
前回は「中かそば→半チャーハン」に舌鼓を打ちましたろも、

今回は「洋風カツ丼」を戴きに来たんですの。




開店直後の昭和チックな店内。
DSCN7779.jpg
メニューも改めて撮りましたろも、変わり映えする事なく安定のノスタル爺。






DSCN7783.jpg
『へぇぇ...そば・うどんがユネスコの無形遺産になっていたんだ』



そんな今更な事に感心していると「洋風カツ丼」900円がやって参りました 
DSCN7789copy.jpg
おー、コレが福助の洋風カツ丼かぁ 

洋カツマップでは見ていたものの、食べ○グには載ってなかったんスよねぇ。
その代り、カレーとオムライスが・・・次はこのドッチからな






ホンじゃまずはトンカツのチェックから。
DSCN7808.jpg
色からシュウとデミグラスっぽいんですが、それ一辺倒じゃなくて

フルーティな甘みも有って・・・

酸味は少ないけんど、トマトソースも使われているんかな? 



味付けは塩っぺ・・・いんや、塩っぺっていうよりか濃いっていいますか。



最初は『お、美味んめねっか』と勢いよく食べ進めるんすけどね、最後の方になると

『ヴ~~、もういいかな』とシツコサに変わってくるんです。 


あ、でも味は間違いなく良いンですぞ 




そのへヴぃなソースにくるまれたトンカツは、っちゅうと
DSCN7812.jpg
フォークを深く刺して持ち上げると、その努力をあざ笑うようにバラんバラン 



洋カツ界では結構厚めの肉と、カリっと青春っ!の衣が好いだけに

この密着度の無さは少々残念って言いますかね、実際食べにくいスなぁ・・・。






それからね、トンカツの下にキャベツが敷かれてましての。
DSCN7813.jpg
洋風カツ丼にしては珍しい、このキャベツとデミソースを和えると

味のバリエーションが増えたって言いますか、好い箸休めになっているんです。



ただ、このキャベツのお陰でいささかご飯の位置が判り難くてさ。
DSCN7795c1.jpg
だいたいこんな感じかなぁ? 普通は洋カツの下にご飯が敷かれているモンだろも
DSCN7805.jpg
ここんチは偏芯しているってか、サラダやその上の方に盛られているんです。



そのおかげで温まったトマトやキュウリ、ロースハムを食べると云う、
DSCN7802.jpg
貴重な・・・でも昔はこうだったような体験を楽しめましたよ (笑)





そいから忘れちゃいけねぇ、石立鉄男もビックリの ワァ~カメ好きすきぃ~♪ のスープ。
DSCN7798.jpg
ラーメンやっている食堂らと割かし口にすることの多い、中華スープと

和風だし醤油の組み合わせの味は、定番的で悪くないんですがね。



でも、まぁこればっかしは好みだと思うんスけんど普通に味噌汁の方が。

オイラはそっちの方が、この洋風カツ丼に合ってるような気がスマスタ 










オイラが食い始めた頃に入ってきた若いオニぃちゃん。

彼が食っていた「中かそば→半カレー」がまた美味そげでね 



でも、食べ〇グに有ったオムライスも、それから定食類も魅力的らし・・・。
DSCN7780.jpg
さぁて、次はナニを食いに来るかな? 










美味しかった、ご馳走様。











にゅうタイヤ





コレを書いていた時には梅雨とは言え、穏やかな気候でしたが

いま現在、また九州を襲っている梅雨前線による水害。



すでに甚大な被害が出ているようで、お見舞いを申し上げるとともに

さらなる被害が少ないことをお祈り申し上げます。









ともあれ・・・・・・






えへへ (^^ゞ


10万円の給付金で、とうとうタイヤを買っちゃいました 
DSCN7706.jpg
楽天市場で見つけた4本組のセット、49300円。



ホイールはブランドルっちゅうメーカーのMSスペシャルとか云うヤツで、
DSCN7773.jpg
タイヤはダンロップのEC202L。



サイズはインチアップして一応55%のロープロに入ると思うんだろも、
DSCN7704copycut.jpg
こーやって、今まで履いていたスタッドレスの65%と比べても、

あんまし変わんねぇかね? 






まぁ、なにはともあれ。

わりとE感じ@死語?に仕上がっていると思いませぬか?....思ってよぉ~
DSCN7765.jpg
イイ歳してハシャいじまいましたが、やっぱ新品は何歳になっても嬉しいもんです。



さぁて、バイクも好い時季になってきたろも、コイツでプチドライブもしてみんばらな 









お食事処 喜味屋  ~みそラーメン~




暑っちぇ・・・・・・梅雨らてガンに クソ暑っちぇ日 



こーゆー日はニク。  焼き肉らな 

以前行った柏崎の「花月食堂」ンのも食ってみてぇけんど、イマイチ気乗りがしねぇし。




 そ~ら、アソコがあったねか!









DSCN7718.jpg
デカ盛りで有名な「食事処 喜味屋」 長岡市摂田屋(せったや)5丁目10-21は、

これまた有名なラーメン店「青島食堂」より、チョイ小千谷寄り。




はぁ~て、焼き肉 ヤキニクぅ・・・・・
DSCN7719yakiniku.jpg
た・・・・・高っか! 焼き肉定食は食いてぇかったろもさ、4ケタ価格ってのは想定外。



もう何日かで7月になるって財布にはチョッとキツイ1050円で ゴザイマス 

それに、意外らったけど☆マークがついて無いんですね、お勧めじゃないのかい。






もうこの時点で、敵前逃亡状態・・・他のを探しますると、
DSCN7722.jpg
おっとまさかのアレがエントリーちゅうか、目に飛び込んできましたゾ。










表題でお判りらと思いまするろも
DSCN7723.jpg
はい、「みそラーメン」850円・・・ナンでございますが、

色々とツッコミどころ満載で。






まずはドンブリのデッコさ 
DSCN7730.jpg
大きさが判り易いように上空写真ですろも、オイラのスマホが縦14.5cmナンですね。



コレを書きながらモニター画面をメジャーで測って計算したら、

およそ28cmくらい・・・数字的にはそれ程でも無いけど、ド迫力で有りましたよ。






そのビッグステージで躍動するのは

主役の麺もそうなんですが、このたっぷりの茹で野菜がそりゃもうね 
DSCN7735.jpg
以前、撃沈させられた「野菜炒め定食」ほどのボリュームは有りませんけんど

それでも成人男子一日分以上の野菜は採れるんじゃ無ぇかな 



少し軟らかめの茹で加減は、キャベツをキュロっとサラダ感覚で戴けますし、

そこに人参や玉ねぎ、モヤシのクタクタ感が華を添えとりますぅ。






菜食主義者じゃないオイラですから、ヤサイだけでは怒りんぼになるトコですろも
DSCN7754.jpg
たぁ~んと細切れの豚肉さんが そこここに潜んでおりましてね。



『肉食ジサ(爺さん)なんかにゃ文句は言わせん』

って気概が、ひしひしと伝わって来るようでありました 






そんな野菜たちを潜ませている味噌スープは、失礼ながら以外にも正統派。
DSCN7740.jpg
ラーメン専門店のあれやこれや色んな素材を煮込んだ出汁じゃなく、

昔ながらの食堂のシンプルなミソラーメンって態を成してまして。



柔らかい物腰ながら、芯はしっかりしていますんでね、
DSCN7756cut.jpg
備え付けの調味料@ラー油で、こんな事↑や
DSCN7759.jpg
こんな事↑をして遊んでもビクともしない、骨太でしっかりしたスープ。






その代り・・・っちゃぁ語弊が有るかも知んねぇンですけど、
DSCN7746.jpg
昔ながらの食堂あるあるで、けっこう軟々な麺。



ご覧のとおり、湯気がもうもうと立ち昇って熱々なのは間違いないんですが、

一見硬そうに見える細麺はその見た目と逆の軟らかさなので、承知のほどを 




あ、ボリュームの方はね、やっぱり喜味屋。 普通の食堂の1.5人前は有るろっかね、

野菜と併せると、もう腹はパンパンで何時もどおりにウンずら言いながら帰るのでした 










カウンター席の無い喜味屋サン。



1人客にはいささか居心地の悪い店なんですが、オイラが座ったテーブル席の

その先の小上がりにもリーマン客が1人。



そのショが頼んだのはカツ丼なんですろも、その器がまたデッコてね 



この前、「ひゃくてん」で『健さんセットだぁ』とそのボリュームを愉しみましたが、

ココんチでそれをやるのはヒッジョ~にデンジャラスと実感した次第で 










美味しかった、ご馳走様。











READ MORE

プロフィール

ペコさん

Author:ペコさん
バイクとラーメンと洋風カツ丼を
こよなく愛するアラウンド還暦の
オッサンです。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR